Nのために 視聴率速報!榮倉奈々主演の純愛ミステリー!

2017年7月8日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m
(気になる記事はページ上の虫眼鏡で検索を♪)

TBS系のドラマ「Nのために」の視聴率についてシェアさせていただきます。

このドラマの原作は湊かなえさんの同名タイトルの小説で、純愛ミステリーとなります。

では早速、視聴率速報です!
第1回目の視聴率は11.8%でした!
11%~13%くらいは期待できるのではないかなあと思っていましたが、まさに期待通りの視聴率でしたね(^-^)
視聴率の推移はこんな感じです。

第1回目 11.8%
第2回目 9.3%
第3回目 9.9%
第4回目 8.4%
第5回目 10.0%
第6回目 5.8%
第7回目 8.3%
第8回目 9.0%
第9回目 8.2%
第10回目 8.7%(最終回)
・・・

この「Nのために」は、原作が人気作家の湊かなえさんというだけあって、放送される前から話題になっていました。
キャストは榮倉奈々さん、チュートリアルの徳井義実さん、小西真奈美さん、小出恵介さん、三浦友和さん、窪田正孝さん、賀来賢人さん・・と豪華出演者が登場しますし、物語もおもしろいので注目の作品です(*゚▽゚*)
(出演者について気になる方は♪「榮倉奈々」「賀来賢人」「窪田正孝」「小出恵介」)

ちなみに湊かなえさんの別の作品「夜行観覧車」も以前ドラマ化されました。
キャストは鈴木京香さん、石田ゆり子さん、宮迫博之さんなど豪華出演者でした。
このドラマは2013年1月から3月まで放送されて平均視聴率は11.55%と上々の注目を浴びていました。

ですので「Nのために」の視聴率は一時的に落ちてはいたものの、最終的には11%台くらいまでは行くかな?と期待していましたが、最終的には平均9%くらいでした・・

物語の内容としてはミステリーかつ純愛もあっておもしろくて毎週、楽しみにして見ていましたが、意外にも視聴率が伸びなかったので残念でした(>_<) (「Nのために」の次のドラマは「ウロボロス」です♪「ウロボロスの視聴率速報!」)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さてこの「Nのために」の物語ですが、ざくっとお話しますと・・・

高層マンションの1室である夫妻の殺人事件が起こります。
そして現場にいた4人がこの事件のキーパーソンとなります。
この4人はイニシャルに「N」がつく人物で、いろんな「N」たちがいろんな「N」に出会い、愛し、そしてどのような罪を犯してしまうのか・・・という人間模様を描いた純愛ミステリーです。

この事件に関わる主人公である杉下希美は榮倉奈々さんが演じます。
この事件の被害者となる野口夫妻役はチュートリアルの徳井義実さんと小西真奈美さんです。
そして希美の高校時代の同級生である成瀬慎司役は窪田正孝さん、希美と同じアパートにいる安藤望役は賀来賢人さん、この事件で服役する西崎真人役は小出恵介さんです。
またこの事件の判決を疑問に思い、真相を追う元警察官役は三浦友和さんです。

榮倉奈々

この「Nのために」の詳しい内容について気になる方はこちらで紹介しておりますのでぜひ覗いてみてください♪
「Nのために」のあらすじ・ネタバレ

以上で「Nのために」の視聴率についてのシェアを終わらせていただきたいと思います。

この「Nのために」はスリリングでおもしろいので再放送やDVDなどが出ましたら、ぜひ一度ご覧ください(^o^)

最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございましたm(_)m
(気になる記事はページ上の虫眼鏡で検索を♪)
・関連記事はこちら♪「ドラマ「Nのために」のあらすじ」「榮倉奈々」「賀来賢人」「窪田正孝」「小出恵介」)

★人気ドラマのあらすじです。
気になるドラマがありましたらクリックをしてみてください(*゚▽゚*)

・2017年7月期ドラマ「コードブルー3」「ごめん、愛してる
・2017年4月期ドラマ「ボク、運命の人です」「貴族探偵」「緊急取調室(第2シーズン)
・2017年1月期ドラマ「突然ですが、明日結婚します 」「東京タラレバ娘」「下剋上受験
・2016年10月期ドラマ「カインとアベル」「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
・2016年7月期ドラマ「好きな人がいること
・2016年4月期ドラマ「ラブソング
・2016年1月期ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
・2015年10月期ドラマ「5時から9時まで(5→9)」「下町ロケット
・2015年7月期ドラマ「恋仲」「花咲舞が黙ってない(続編)
・2015年4月期ドラマ「Dr.倫太郎」「ようこそ、わが家へ」「アイムホーム」「アルジャーノンに花束を」「天皇の料理番」「ドS刑事」「花燃ゆ」)
(2015年1月期「〇〇妻」「デート~恋とはどんなものかしら」「DOCTORS 3」「ウロボロス」「流星ワゴン」「残念な夫」「学校のカイダン」「マッサン」「銀漢の賦」「限界集落株式会社」「びったれ」)
(2014年「ルーズヴェルトゲーム」「ペテロの葬列」「信長協奏曲」「きょうは会社休みます」「Nのために」)
・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク