ラブソングの視聴率速報!福山雅治主演で何%いくか!?

2017年7月8日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m
(気になる記事はページ上の虫眼鏡で検索を♪)

2016年4月からフジテレビ系の月9ドラマで福山雅治さん主演のドラマ「ラブソング」が放送されました(*゚▽゚*)

この記事では、このドラマ「ラブソング」の視聴率についてシェアさせていただきますね(*゚▽゚*)
(あらすじは「ラヴソングの最終回までのあらすじ」まで♪)

さて、このドラマですが、福山雅治さん主演ドラマということで超話題となりましたが、福山さんにとってはあの超人気の「ガリレオ」以来、3年ぶりの連ドラ出演となります。

この物語は、元プロミュージシャンがある孤独な女性と出会い、それがきっかけで一度は「失いかけた人生」を取り戻していくという内容です。

この「月9」の放送時間枠は、これまでに常に高い視聴率をマークしています。
最近の月9ドラマを振り返ってみると、映画化もされた「信長協奏曲」は12.46%、そして「デート~恋とはどんなものかしら~」が12.55%、「ようこそ、わが家へ」は12.49%、「5→9~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~」は11.73%、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は10.10%(第1回~第4回)でした(*゚▽゚*)
(気になる方は♪「信長協奏曲」「デート~恋とは・・」「ようこそ、わが家へ」「5→9」「いつかこの恋・・」)

この「ラヴソング」は、どのくらいの視聴率になるのか放送前から注目されていました(*゚▽゚*)

福山雅治さんがあの人気ドラマ「ガリレオ」以来の3年ぶりの連ドラ出演ということと、脚本が「第26回フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞した新進気鋭の脚本家の倉光泰子さんが手がけるということで超話題作となっていますので、視聴率も期待されましたが・・・
(あらすじは「ラブソングの最終回までのあらすじ」まで♪)

では実際の視聴率をご覧下さい。

第1回目 10.6%(4月11日放送)

第2回目 9.1%(4月18日放送)

第3回目 9.4%(4月25日放送)

第4回目 8.5%(5月2日放送)

第5回目 8.4%(5月9日放送)

第6回目 6.8%(5月16日放送)

第7回目 6.8%(5月23日放送)

第8回目 7.4%(5月30日放送)

第9回目 8.0%(6月6日放送)

第10回目 9.3%(6月13日放送 最終回)

平均視聴率8.54%

物語としては初回から感動させられる内容だったので、視聴率はもっといくと期待していただけに、数字という面では残念です。
しかし、物語の内容としては神代とさくらのそれぞれが葛藤しつつもそれぞれの道を歩み、切り開いていくというなかなか味のあるストーリーですので見ごたえがあって個人的には気に入っています。

神代とさくらが物語の中でどのように関わっていき、二人のそれぞれの悩みや夢がどのように展開していくのかが見ものです(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて、この「ラブソング」について気になる情報をシェアさせていただきます。

福山雅治さんが主演!ということですが、これを聞いてすぐに思い浮かぶのが・・

「ヒロインは誰?」ですよね(*゚▽゚*)

ヒロインは、藤原さくらさんです(*゚▽゚*)

藤原さくらさんはミュージシャンでシンガーソングライターです。

高校生の時に3枚のミニアルバムをリリースし、高校3年生で最初のフルアルバムの「full bloom」を作ったりして、精力的に音楽活動をしていました。

そして、2015年にはアルバムの「[à la carte」をリリースして、ついにメジャーデビューを果たしたのです♪

藤原さくらl

「藤原さくら」

さくらさんは、ミュージシャンとしては既にキャリアを蓄積していますが、実は演技をしたことがないそうです。

しかし、そのようなキャリアでも今回、100名ものオーディション参加者の中で見事、月9のヒロインを獲得したのです!

物語の役柄でも歌い手なので、本物のミュージシャンとしてのさくらさんのキャラをどのように物語の中で生かしていけるかが見ものですね(*^^*)
・・

では、次にこのドラマのあらすじの概要についてご紹介します。

主人公の神代広平(かみしろ・こうへい)(福山雅治)は、プロミュージシャンでした。

福山l

「神代広平(かみしろ・こうへい)(福山雅治)」

1曲だけヒットしましたが、その後にリリースした曲は鳴かず飛ばずだったのです・・・

そうこうしているうちに神代は所属していたレコード会社との契約を打ち切られることになります《゚Д゚》

それから、20年の月日が流れ、神代は、音楽への思いを抱きながらも退屈な日々を過ごしていました。

そんなある日、神代は1人の女性と出会います。

その女性は孤独に生きていて、コンプレックスを抱えて、苦しんでいました。

しかし、そんな彼女ですが、唯一「歌声」という素晴らしい才能を持っていたのです。

そして、神代はその女性と出会うことによって、再び、音楽と向き合う気持ちを取り戻したのです(*゚▽゚*)

・・・

以上が「ラヴソング」のあらすじの概要となります。

(あらすじの詳細については♪「ラヴソングのあらすじ&ネタバレ」)

このドラマは、一度は夢をあきらめたミュージシャンがある女性との出会いで再度、夢を取り戻していく物語ですが、見ごたえがありあそうですね(*゚▽゚*)
誰にも何らかの夢、希望があり、それが叶ったり、叶わなかったりしていると思いますが、このドラマを見ることで、新たな夢を見つめたり、あきらめた夢を再度、取り戻そうとするきっかけにしてくれそうな「勇気」をもらえそうな気がします。
また、福山雅治さんの3年ぶりの連ドラ出演する気合の入った演技も見ものですね(*゚▽゚*)

最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございましたm(_)m
(気になる記事はページ上の虫眼鏡で検索を♪)

・2017年7月期ドラマ「コードブルー3」「ごめん、愛してる
・2017年4月期ドラマ「ボク、運命の人です」「貴族探偵」「緊急取調室(第2シーズン)
・2017年1月期ドラマ「突然ですが、明日結婚します 」「東京タラレバ娘」「下剋上受験

・2016年10月期ドラマ「カインとアベル」「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
・2016年7月期ドラマ「好きな人がいること
・2016年4月期ドラマ「ラブソング

・2016年1月期ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

・2015年10月期ドラマ「5時から9時まで(5→9)」「下町ロケット
・2015年7月期ドラマ「恋仲」「花咲舞が黙ってない(続編)
・2015年4月期ドラマ「Dr.倫太郎」「ようこそ、わが家へ」「アイムホーム」「アルジャーノンに花束を」「天皇の料理番」「ドS刑事」「花燃ゆ」)
(2015年1月期「〇〇妻」「デート~恋とはどんなものかしら」「DOCTORS 3」「ウロボロス」「流星ワゴン」「残念な夫」「学校のカイダン」「マッサン」「銀漢の賦」「限界集落株式会社」「びったれ」)
(2014年「ルーズヴェルトゲーム」「ペテロの葬列」「信長協奏曲」「きょうは会社休みます」「Nのために」)
・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク