35歳の少女 最終回結末 ネタバレ&あらすじ!望美と広瀬の恋の行方は?

2020年10月25日

スポンサーリンク

ドラマ「35歳の少女」の最終回・結末のあらすじ&ネタバレと感想をお届けさせていただきます。

柴咲コウさん主演の日テレ系列のドラマ「35歳の少女」は、小学4年生の10歳の女の子が不慮の事故という思いがけない運命に翻弄され、再び目覚めた25年後の世界で懸命に生きていくというストーリーです。

このドラマは小説や漫画などの原作はなくて、脚本家の遊川和彦さんが手がけた完全なオリジナルストーリーです。

遊川和彦さんと言えば、柴咲コウさんと以前タッグを組んだドラマ「〇〇妻」(2015年)も手掛けていました。
※「〇〇妻」についてはコチラ>>「〇〇妻」のあらすじ

10歳の女の子が25年後に目覚めて、心は10歳のままの「35歳の少女」として生きていくというこの奇想天外な物語はいったいどのようなエンディングを迎えるのでしょうか?

では、早速、予測も交えて、このドラマの最終回・結末のエンディングについてお届けしたいと思います。

どうぞ!

※ドラマ「35歳の少女」の全話放送分が無料で見れます!

>>35歳の少女を無料視聴してみる

※話題のおすすめ記事はコチラ!
>>「「〇〇妻」のネタバレ&あらすじ!最終回の結末は?

>>「危険なビーナス 最終回結末 ネタバレ&あらすじ! 楓と失踪をつなぐ鍵は?

>>「リモラブ 最終回結末 ネタバレ&あらすじ!美々はレモン(青林)と結婚?

>>「24 JAPAN 最終回結末 ネタバレ&あらすじ!六花の運命は?麗は離婚?

35歳の少女 最終回・結末のネタバレ&あらすじ!

ドラマ「35歳の少女」の物語は、小学4年生の10歳の女の子・望美が不慮の事故に遭って、運命の歯車が狂ってしまうところからスタートします。

不慮の事故の後、望美はそのまま植物状態になってしまうのですが、望美の回復を信じる母親の多恵(鈴木保奈美)の必死の介護によって、望美は奇跡的に目を覚まします。

しかし、望美が目覚めた時には不慮の事故から既に25年もの歳月が経っていました。

心は10歳のままで35歳の体の望美。まさに「35歳の少女」です。

望美が眠っていた25年の間に、望美を取り巻く周りの人たちは全く変わっていました。

この物語は、「35歳の少女」である望美が、25年後の世界においてどのように周りの人たちと関わっていき、望美と周りの人たちがどのように変わっていくのか..に焦点があてられると思います。

明るくて無邪気で天真爛漫な性格の望美が、25年後の辛い状況の中でも何とか前を向いて歩いていき、そして望美自身も、周りの人たちも少しづつ変わっていく、、そのようなストーリー展開では?と予測しています。

では、このドラマの最終回・結末について、望美と登場人物との関わりを元に考察・予測していきたいと思います。

バラバラになった望美の家族の運命は?

25年後に目覚めた望美(柴咲コウ)が見た世界は、あまりにも変わっていました。

とても明るくて優しかった母の多恵(鈴木保奈美)は、笑顔がない冷たい女性に。

仕事をバリバリしていて頼れるかっこよかった父親の進次(田中哲司)は、パッとしない中年男性に。

かわいらしかった妹の愛美(橋本愛)は、どこかとげとげしくて不機嫌な感じの女性に変貌していたのです。

実は望美の不慮の事故が起こってから5年後に多恵と進次は離婚しました。

多恵は愛美と眠り続ける望美と共にシングルマザーとして家族を支え、進次は連れ子の達也(竜星 涼)を抱える加奈(富田 靖子)と再婚していました。

家族がバラバラになりそれぞれの生活を営んできたのですが、誰もが1人、1人何かしらの問題を抱えていて幸せそうではなかったのです。

愛実は望美と再び仲良くなれるのか?

愛美(橋本 愛)は、望美とは3歳違いの妹です。

現在は、大手広告代理店の営業部門で働いていて、仕事もしっかりとできているのですが、少し性格に難があり「かまってちゃん」タイプで、つきあう男性はすぐに去っていく恋愛不器用女子なのです。

愛美は会社の上司の相沢秀男(細田善彦)とつきあっていましたが、すぐに別れてしまいます。

その後、相沢は愛美の部下の林田藤子(大友花恋)とつきあうことになりますが、愛美は相沢を半ストーカー的に追い回していたのです。

このように性格に難ありの愛美ですが、家庭環境が激変したことが愛美の人格形成の上で一つの大きな要因になっていたのかもしれません。

愛美は、姉の望美が事故を起こしてから、両親の離婚によって生活環境が激変したため、自分の存在意義について悩むようになっていました。

このため、姉が目覚めたことに対してどこか素直に喜べないでいたのです。

姉の望美に対しては、25年前とは違ってとげとげしく冷たい態度で接すると思われるので、望美も愛美との接し方に苦慮することになると思います。

しかし、望美の心は25年前の10歳のままで、天真爛漫そのものです。

そんな「35歳の少女」の姉・望美と過ごすうちに、閉ざしていた愛美の心は少しづつ開いていって最終的には昔のように仲のいい姉妹になるのではないでしょうか。

第2話で、望美は、愛美を含む家族たちに事故に関する正直な気持ちを伝えました。

望美は家族に事故の責任は母や父、そして妹の愛美にあるのではないと伝えました。

愛美は、望美が事故を起こす直前に、母親の多恵にとうふを買ってきてほしいと頼まれていました。

しかし、愛美はゲームがしたかったのでとうふを買いにいくことを躊躇します。

そんな愛美の代わりに望美がとうふを買いにいくことになったのです。

このため、愛美は自分がとうふを買いに行かなかったことを後悔していたのです。

でも事故が起こったのはあくまでも望美自身がいつものルートを変えたのが原因だったのです。

望美は自転車に乗りたかったのと、スピードを出したかったものあり、遠回りをして坂道をわざと走っていたために事故にあってしまったのです。

このように望美は少しづつ家族に対して自分の気持ちをうまく伝える方法を学んでいきます。

望美も好きでそのような不慮の事故に遭ったわけではないですし、純粋な望美の心に触れることで愛美のこころの影の部分は溶けていき、性格も変わって、元カレの上司の相沢秀男(細田善彦)とも寄りを戻すことになる..という素敵なエンディングもあるかもしれません。

多恵は新たな恋をするのか?

望美の母親の多恵(鈴木 保奈美)は、夫の進次(田中哲司)と離婚後、女手ひとつでシングルマザーとして2人の娘を育ててきました。

多恵は、望美が目覚めるまでの25年間、ひたすら望美の回復だけを信じて保険の外交員としてがんばってきたのです。

そしてその必死の介護のおかげもあり、望美は奇跡的に目覚めますが、多恵の夢・希望が叶ったとたんに、なぜか多恵の気持ちは別の方向に向かい始めることになります。

望美の事故前はとても明るくて優しかった多恵。

そんな多恵はこの25年の間に離婚をして、保険の外交員として2人の娘のために必死になってがんばってきました。

唯一の希望・夢だった望美の回復が果たせたことで、ある意味、多恵の「人生の目標」がなくなってしまい、ぽっかりこころに穴が空いてしまうのかもしれません。

そしてこのドラマの公式サイトでは次のように多恵について書かれています。

「25年間望美の介護を続ける一方で、保険の外交員として働きづめ。
家族の中心で、みんなに降り注いでいた笑顔は消え、頼れるのは、自分だけになってしまった。
「いつか、娘が目覚める」ことだけを信じて生きてきたが、その夢が叶った時、彼女の時計は、別の方向に動き始める。」
(日本テレビ「35歳の少女」公式サイトより(https://www.ntv.co.jp/shojo35/chart/))

多恵の唯一の望みだった「望美の目覚め」が果たされた後は、多恵は違う希望・目標を見出しそうな予感ですね。

ここで可能性が高いのは「新たな恋」ではないでしょうか?

シングルマザーの多恵は、次にパートナーの必要性を感じ始め、昔のような夫がいる家族団らんの姿を追い求めるのでは?と予測しています。

そして新たな恋人ができるのですが、やっぱり最終的には進次と寄りを戻すのかもしれません。

次に、多恵と進次との関係について見ていきたいと思います。

多恵と進次が寄りを戻して元のさやに?

望美の事故前は、望美の今村家は幸せを絵に描いたような理想的な家族でした。

しかし、望美の事故後は、多恵と進次が離婚をして、進次は連れ子の達也(竜星 涼)を抱える加奈(富田 靖子)と再婚します。

義理の息子・達也は就職するも職場の人間関係がうまくいかずに退職して、家にずっとひきこもっています。

進次は、家庭も仕事も行き詰っている状況なのです。

そんな中、望美が目覚めたので進次はもちろん望美のことも気になりますし、これがきっかけで前の家庭のことに気持ちが傾くことになると思います。

そんな進次に対して、現在の妻・加奈は進次に不満を感じます。

ドラマの公式サイトでも加奈について次のように説明されています。

「進次が前の家庭に未練があることに勘付いていながら、何も言えていないでいるが、少しづつ、不満が蓄積している。」
(日本テレビ「35歳の少女」公式サイトより(https://www.ntv.co.jp/shojo35/chart/))

おそらく加奈は自分たちの家族をおろそかにしてしまう進次に対して、不満を爆発させてしまうのではないでしょうか?

そして物語が展開していく中で、最終的には前の家族への想いが強くなった進次の気持ちを加奈は尊重して、進次のために背中を押して離婚し、進次を多恵の元に戻すのでは?と予測しています。

最終的には、進次と多恵が復縁することで、再び今村家の家族が集い、望美も一緒に家族団らんの日々が再スタートする、、

このようなエンディングになるのではないでしょうか?

もしくは進次と加奈が離婚してそれぞれが独身になってしまう、、というバッドエンド的なエンディングも考えられますが、あまりそのような最終回にはならないでほしいですね。

ドキドキしながら最後まで見届けたいと思います。

望美の初恋相手・広瀬結人との恋の展開・結末は?

望美は事故前、クラスメートの広瀬結人(坂口 健太郎)に恋をしていました。

まさに初恋の相手ですね。

そして望美の事故後は、広瀬は教師になるのですが、ある事件がきっかけになってやめることになります。

この事件も物語が展開していく上で重要な要素になるかもしれませんね。

広瀬は周りの人に対して批判ばかりして、上から目線で人を見ていました。

なぜなら彼は自分に対して自信がないので、そんな自信のなさを隠すためにわざと自分を大きくみせようとしていたのです。

そんな広瀬は、目覚めた望美との再会によって望美への想いが再び芽生えることになります。

ドラマの公式サイトでもそのような説明があります。

「一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。
自信のなさを隠すために、他人を批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していく。
望美への想いもふたたび芽生えて…。」
(日本テレビ「35歳の少女」公式サイトより(https://www.ntv.co.jp/shojo35/chart/))

広瀬は望美にとっての初恋相手なのですが、広瀬も望美に好意を抱いていたということですね。

実は、第1話で、広瀬は、望美に告白しています。

広瀬にとって、望美は初恋の相手だったと。

しかし、望美が事故で意識を失ってしまったため、広瀬は自分の想いを望美に告白することができずにずっと後悔していたのです。

でも望美が目覚めたことによって25年の時を経て、広瀬は自分の想いを望美に伝えることができたのです。

「自分は目覚めるべきではなかった、、」と後悔した望美に対して、広瀬は「君が目覚めてくれたおかげで君に想いを告げることができた」と感謝しています。

広瀬は、教師になってからいろいろとあって気持ちがすさんでいたようですが、望美に再会してからは早速、気持ちの変化があったように思われます。

25年ぶりにあった2人の今後の恋の行方が非常に気になるところですが、そんな2人の間には恋のライバルが現れる予感がしています。

現時点の公表されている情報から推測すると、望美の父・進次の新しい家族の義理の息子・達也(竜星 涼)あたりがもしかしたら恋のライバルになるのでは!?とにらんでいます。

今村達也が恋のライバルに!?

進次の再婚相手の加奈(富田 靖子)の連れ子・達也(竜星 涼)が、もしかすると望美と広瀬の恋の間に入って三角関係になるのでは?と推測しています。

達也は、望美の父・進次の新しい家族の義理の息子なので、何らかのきっかけで望美が達也と接触する機会が出てくると思われます。

職場の人間関係でうまくいかずにいじめられて退職し、ずっと家にひきこもっている達也ですが、10歳のままの心を持つ望美と接するうちに達也の閉ざされた気持ちが少しづつ開かれていき、そんな達也は望美に惹かれていく..という展開もあるのでは?と思っています。

一方で25年ぶりに望美に再会した広瀬も、純粋なこころを持つ望美に刺激され、触発されそんな望美に対して、昔の想いが蘇ってきます。

ですので、広瀬と達也が望美に惹かれる。。という三角関係ができるのでは!?

あくまで予測になりますが、望美にまつわる恋愛模様についても注目したいと思います。

妹の愛美が恋のライバルに!?

意外な恋のライバルとして、望美の妹の愛美(橋本愛)が登場するかもしれません。

第4話で、妹の愛美が広瀬結人にキスをせがむシーンがあります。

愛美は、自らの恋愛(元カレの上司の相沢秀男(細田善彦)との恋)を成就させるため、広瀬を代行業で恋人にしたり、ぐち聞き役になってもらったりしていました。

しかし、がんばればがんばるほど、相沢の気を惹くことができずに落胆します。

そんな中、代行業とはいえど接点の多くなった広瀬に愛美は徐々に惹かれていく。。なんて可能性もあります。

でもこの恋はあくまで愛美の「満たされない気持ち・さみしさを埋めるための一時的な逃避先」のような位置づけでしょうね。

望美が10歳の頃の初恋相手であり、35歳になった今でも頼りにしていて好きな広瀬に対して、妹の愛美が惚れてしまうと三角関係になってしまいますね。

しかし、万が一、このような展開になっても広瀬が愛美に惚れることはないと思われます。

広瀬が気にしていて、想いを寄せているのはあくまでも望美だからです。

このような状況に一時的に愛美はやけになると思いますが、最終的には純粋な望美と、望美によって心の闇が溶かされた広瀬によって、愛美の心の闇も開放されて、ほんとうの恋に目を向けることになるのではないでしょうか。

広瀬結人は教職に戻るのか?

広瀬は、一度、小学校の教師になりますが、ある事件がきっかけになって退職することになります。

ですので、望美と再会した時点では教師ではありません。

しかし、広瀬は「こころは10歳のまま」の望美と接しているうちに、再び昔の教職への思いが再燃して、教師に復職するのではないでしょうか。

広瀬が教師を辞めた理由として「ある事件」が起こったということですが、広瀬は「自信のなさ」で人を見下しているので、この事件が広瀬の自信を奪うきっかけになったのかもしれません。

でも、望美と接するうちに再び自信を取り戻して、教職にもどるのではないでしょうか?

広瀬の教職に対する思い、そして教師を辞めることになった事件についても物語の中で明らかになっていくと思うので、注目したいと思います。

望美と広瀬は結ばれるのか?

気になる望美と広瀬の恋の行方ですが、ライバルが現れたり、2人を引き裂くような出来事が起こったりするとは思いますが、最終的には2人は結ばれるのではないでしょうか?

25年ぶりに再会した2人は、当初はお互いにかなりとまどうことになると思います。

望美にとっては、教師としていろいろあった広瀬の心の闇に気づくことになるでしょうし、広瀬にとっては「こころは10歳のまま」の望美に驚くでしょう。

しかし、小学生のこころのままの純粋な望美に触れていくうちに、広瀬は忘れていた本来の自分を取り戻していくと思います。

その中で望美に対する想いが蘇ってくるでしょうし、教職に対する情熱も蘇ってくるのではないでしょうか。

そしてそんな本来の自分のこころを取り戻させてくれた望美に対して、広瀬はこころから感謝し、そしてこころから愛することになるのではないでしょうか。

最終的には2人は結ばれてハッピーエンドでエンディングを迎える。。

という最終回を期待しています。

望美は夢だったアナウンサーになるのか?

望美が10歳の時の夢は、アナウンサーになることでした。

公式サイトでは望美について次のような説明がされています。

「明るく無邪気で能天気な小学4年生。
何かにつけてすぐに感情が爆発、とにかく“喜怒哀楽”が激しい。
将来の夢はアナウンサーで、現場リポートが日課。」
(日本テレビ「35歳の少女」公式サイトより(https://www.ntv.co.jp/shojo35/chart/))

アナウンサーになりたくて、現場リポートまで日課としてこなしていた望美。

そんな望美は、アナウンサーになりたいという気持ちはまだ消えていないと思います。

アナウンサーになるには、相当な勉強も必要でしょうし、何よりも豊富な社会的知識も必要なので、25年間眠り続けた望美にとっては大変な課題、試練が待ち受けていることになると思います。

しかし「明るく無邪気で能天気な」望美は、その前向きな気持ちでアナウンサーになる夢に向かって猪突猛進していくのではないでしょうか?

規制の社会概念、社会通念を度外視した望美のまっすぐでひたむきな行動は、周りの多くの人たちに刺激を与え感動させるのでは?

そして最終回では立派なアナウンサーになり、活躍している望美をテレビ画面越しに今村家の家族が見守っている。。

なんてエンディングも可能性があるのでは?と思っています。

・・・

以上が、公表されている情報を元に考察・予測させていただいた「35歳の少女」の最終回・結末のあらすじ予測となります。

尚、ドラマの最終回のあらすじ・ネタバレについては、放送後に追記させていただきます。

※ドラマ「35歳の少女」の全話放送分が無料で見れます!

>>35歳の少女を無料視聴してみる

35歳の少女 最終回・結末の感想!世間の反応は?

「35歳の少女」の最終回・結末について、考察・予測させていただきましたが、現代版「眠り姫」ともいえるこの物語は、10歳の少女から見た目線によってわれわれにいろいろと語りかけてくれそうですね。

25年もの歳月が変えた人間模様、そして10歳の心をもつ望美に触れることで周りの大人たちがどのように反応して、どのように変わっていくのか、、

また大人の現実に触れることによって10歳の少女の心をもつ望美はどのように変わっていくのか、、

今からほんとうに楽しみにしております。

尚、最終回・結末の感想については、放送後に改めて追記させていただきます。

では、次にこのドラマに対する世間の意見・期待の声をご紹介したいと思います。

こちらです。

「楽しみな反面、遊川和彦の作品て振り幅が大きいだけに心配。それを見事に世界観だす柴咲コウに期待しています!」

「柴咲コウの前髪パッツンロング Dr.コトー
以来かな? 結構好き」

「妹役に橋本愛さん、ピッタリ。」

「俺(40代)の心はいつだって10代だぜ!」

「〇〇妻は主役が死ぬってかなり斬新だったのを覚えています。
遊川さんのドラマだから普通じゃないのは間違いない!でも私は好きなので必ず見ます!」

「遊川さんの作品は当たり外れが激しいからね。
社会の変化に鋭いところがあるから楽しみ。」

「これはすごく楽しみ
遊川さんと柴咲コウ 35歳の少女ってタイトル
この3つでかなり興味あり」

「「〇〇妻」はガッキーでヒットした逃げ恥を先駆けたいわゆる「契約妻」だったけど、結末が悲しすぎてしまったね。
今度の作品、期待しています。お願いします。」

「柴咲コウさんってキリッとした美人だけど年齢不詳感が凄いです。
ドラマの内容は全く分かりませんがメイク次第で10代でも50代でも演じられますね。」

「遊川和彦さんオリジナル脚本は好き。同期のサクラ、アタルなど、柴咲コウさんは演技上手いので期待だし、楽しみにしてます。」

(ヤフーコメントより引用)

・・・

以上となります。

※ドラマ「35歳の少女」の全話放送分が無料で見れます!

>>35歳の少女を無料視聴してみる

世間の声を見ていると、ドラマ「35歳の少女」への期待値が非常に高いことがうかがえますね。

2015年放送のドラマ「〇〇妻」も今回と同じく脚本家の遊川和彦と主演の柴咲コウさんがタッグを組んで注目を集めました。
※「〇〇妻」についてはコチラ>>「〇〇妻」のあらすじ

遊川和彦さんの脚本は振り幅が非常に大きいのが特徴で「〇〇妻」では最終回で主役が死んでしまうという衝撃の悲しい結末で幕を閉じました。

今回の「35歳の少女」でもいろんなびっくりするような出来事や展開がある可能性は十分にあるので、心して視聴したいと思います。

最終回・結末のあらすじについては放送後に改めて追記させていただきます。

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※話題のおすすめ記事はコチラ!
>>「「〇〇妻」のネタバレ&あらすじ!最終回の結末は?

>>「危険なビーナス 最終回結末 ネタバレ&あらすじ! 楓と失踪をつなぐ鍵は?

>>「リモラブ 最終回結末 ネタバレ&あらすじ!美々はレモン(青林)と結婚?

>>「24 JAPAN 最終回結末 ネタバレ&あらすじ!六花の運命は?麗は離婚?

※これやばくね?な記事が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「おもしろ記事一覧」

スポンサーリンク