ガレッジ川田とカブトムシゆかりがカニと羽虫の新種を発見!命名は?

2017年7月8日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

びっくりするようなニュースが飛び込んできました!

新種が発見されたそうですが、なんと番組収録中に出演していた芸能人が発見したとのことです!

番組で芸能人が新種を発見する!なんて聞いたことがありませんし、新種を発見する決定的瞬間をカメラに収めたなんてことも大変珍しいと思います。

この世紀の大発見に携わったのが、お笑いコンビのガレッジセールの川田広樹さんとタレントのカブトムシゆかりさんです♪
番組は同じものでNHKの「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」の特番「ミラクル・スピーシーズ いざ出発!新種発見の大冒険へ」でのことです。

川田さんは、海中の洞窟にいる生物を探しに久米島へいきました。
そこで海底に潜り込んでいろんな生物を探していましたが、小型の白いカニを発見しました。
なんとそのカニが新種だったのです!!

普通は「めずらしいけど、このカニは○○カニと言って・・・」という専門家のコメントで終了になりますが、今回は違って、琉球大の成瀬貫教授がこのカニを見て新種と認定し、驚いてました!

番組にとっても想定外の発見で喜ばしいことでしょうし、川田さんにとってもタレントとしてだけではなく、ご自身としてもこの世紀の発見は人生の一大事ですよね!
ほんと喜ばしいことです(*゚▽゚*)

そして、最近一風変わった味のある昆虫好きの「虫ドル」として人気急上昇中のカブトムシゆかりさんも、同じ番組で新種を発見しました!

南米コスタリカにあるモンテベルデの熱帯雨林で羽虫の新種を発見!!
この新種は、かわいいうさぎの耳のような触覚が特徴的な羽虫です。

しかし同じ番組内で二種類もの新種が発見されるなんて・・・
普通にものすごいことですよね|゚Д゚)))

川田広樹8
「川田広樹」

カブトムシゆかり4

「カブトムシゆかり」

ところでこの新種の命名はどうするのでしょうか?
誰が名前を決めるのでしょうか?

学術的には実は発見者が命名してもいいことになっているそうです。

しかし命名には手続きが必要みたいで、学術誌等に論文を出してその名前が認められれば正式に命名されるそうです。
ですのであまり変な名前などは認められないそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は川田さんは「カワタガニ」、ゆかりさんは「バニーちゃんハムシ」と仮に名づけています。
「カワタガニ」は認められそうですが、「バニーちゃんハムシ」は・・・厳しそうですね(笑)
「ユカリハムシ」なら認められるかも!?

いずれにしても今後のこの新種の動向に目が離せないですね。

今回の奇跡の大発見によって、またガレッジセールとカブトムシゆかりさんに注目が集まりますね♪
もしかしたら世界的に有名になるかもしれません。
今後の活躍を楽しみにしつつ、この記事を締めたいた思います。

最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございましたm(_)m

・カブトムシゆかりさんについてはこちらまで♪
・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク