キングダムのネタバレ最新596話&感想!飛信隊の最大攻撃力が窮地を突破していく

2019年4月17日

スポンサーリンク

古参の一人である松左を失った飛信隊。

兵糧も底をつきかける秦軍劣勢の中、起死回生の作戦に出る飛信隊は、超峩龍の本陣をついに追い詰めることができるのか?

信は超峩龍を討ち取ることができるのか?

・・・

この記事では「キングダム」の596話(週刊ヤングジャンプ2019年第19号4月11日発売)のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

では早速、見ていくことにしましょう!

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「キングダム」の596話のネタバレ

※前回はコチラ!
595話:羌瘣の力が趙ガ龍の予想を上回る!

松左討ち死にの報に、涙に暮れる飛信隊。

信が百人将になったときからの仲間である松左の死は、隊全体に大きな動揺をもたらす。

そしてその報は、軍師である河了貂のもとにも伝わる。

劣勢を跳ね返すために、松左に無理をさせてしまった河了貂は、自分の采配のせいで松左が死んでしまったと後悔する。

しかし、命を賭して自分の役目を果たした松左のおかげで、部隊の被害は予想以上に少なく、森へ逃げた超峩龍の居場所を早速突き詰めた、との報が入る。

今回の作戦最大の山場である超峩龍討伐を、信に託す河了貂。

一方、松左の最後を看取った信は、前線部隊に再び合流。

松左の訃報の真偽を問われる信であるが、松左は自分の腕の中で逝ったことを隊員たちに告げる。

自分がしっかり泣いてきたから、もう泣くなと田永を諭す信。

超峩龍軍に一人特攻を仕掛けた羌瘣も無事目を覚まし、超峩龍を討ち取ることを松左に誓い、信たち前線部隊は超峩龍軍へと向かう。

ところ変わって尭雲の陣。

王賁の槍に右手を負傷した尭雲が起き上がり、超峩龍軍苦戦の報を知る。

超峩龍ほどの男がなぜ追い詰められているのか?

尭雲の胸に去来する思い。

尭雲軍は、超峩龍軍へ迫る飛信隊の横腹を突こうとするが、隊長王賁不在の玉鳳隊の必死の抵抗を受け、これを阻止される。

そのすきをついて、飛信隊は信を先頭に、ついに超峩龍軍の本体へと迫る。

予想を上回る速さで迫りくる飛信隊に、混乱する超峩龍軍。

脱出を進める側近たちの言葉を尻目に、かつての主、趙国旧三大天・藺相如の語った最後の言葉を想起する超峩龍。

そして、無言のまま、超峩龍は馬の歩を自ら進めだした。

・・・

第596話は以上となります。

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「キングダム」の596話の感想

飛信隊の要の一人であった松左の死は、今回の戦の困難さを表していると共に、後の世代に伝えることの重要性を想起させる。

河了貂の指示に逆らってまで新人干斗達の救出に向かった松左の行動は、ある程度犠牲を出してでも着いて来られない部隊は捨てるしかない、という河了貂の作戦に逆らったものであったが、自分の命を賭してでも次の世代に残すべきもの、伝えるべきもの、というものを、信をはじめとした飛信隊全員にしっかりと伝わったものと思う。

また、松左が最後に自分の槍を干斗に授ける場面は、王騎が信に槍を授けた場面と重なる。

趙三大天であった藺相如に仕えた超峩龍、尭雲も、言ってみれば既に過去の人。

いくら優れていようと、時代とともに人も移り変わってゆくものであり、信たち新鋭の武将たちの台頭を予想させる。

今後の展開もますます目が離せない!

・・・

感想は以上となります。

※次の597話はコチラ!
597話:趙峩龍対信!

無料で読める!

以上で「キングダム」第596話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「キングダム」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「キングダム」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「キングダム最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※第596話についてもう少しくわしく少し違う角度で書いてみたあらすじと感想です。ご参考までに!

~別バージョン 趙峩龍の本陣」~

巫舞によって敵を殲滅していく羌瘣。

そしてその疲労した羌瘣狙う徐肖。

なんとか土雀隊の包囲を切り抜けた信は松左と抱き合い、松左は力尽きた。

「キングダム」の596話のネタバレ

信と松左が熱い抱擁で永遠の別れを告げ後、飛信隊全体にも次々とその訃報が伝わっていった。
松左の死を知った河了貂も悲しみを抑えきれない。
責め時の今、悲しみを堪え策を練ろうとするが、自分のせいで松左が死んだと涙が止まらない。
そんな河了貂のもとへ前線より急報が入る。
逃げていた趙峩龍の居場所がわかったと。
また、松左の場所にいた信も前線に戻り、趙峩龍を討ちにいくらしい。

そんな信は前線に戻っていた。
前線で軍に合流したがそこでも話は松左の話題に。
信に対して仲間たちは「本当に松左は死んだのか?」と。
それに対し信は「松左は俺の腕の中で死んだ。そんで俺がお前たちの分までしっかり泣いてきた。」と。
みんな悲しみにくれる中、今度は羌瘣がやってきた。目がさめ仲間から松左の死を聞いた羌瘣も悲しみを隠せない。
しかしいつまでも悲しんではいられない。信は味方から矛を受け取り、走り出した。

一方趙軍サイドでは、王賁と戦闘し、右手に深手を負った堯雲が目覚めていた。
趙峩龍が苦戦していると知った堯雲は「なぜお前ほどの男が追い詰められているのだ峩龍よ」。
堯雲がここまで言うのだから趙峩龍は相当強いのだろう。

次は玉賁軍vs峩龍軍へ。
玉賁はなんとか敵の攻撃を凌ぎ、飛信隊の到着を待つ。
そこへ矛を振り回しながら、自ら先頭を走る信が到着。
信達は少数隊だが、陣形が整っていない趙峩龍サイドはかなり焦っている。
そんな中峩龍は自分の過去に思いを巡らせていた。
それはまだ自分の主である藺相如が生きている頃の思い出だ。
「気分がいいのでお前たちに少し話しておくことがある」と蘭相如は峩龍と堯雲に対し言った。
それは彼の遺言となる中華についての話しだった。

・キングダム第596話の感想と次話の予想

◎飛信隊サイド
松左が死に飛信隊は悲しみでいっぱいでしたね〜。なんかキングダムで久しぶりに感動した気がします。
しかし松左の死の悲しみを乗り越える暇も無く、戦況は動きます。
そんな中信は矛を受け取り、峩龍軍へ向け走り出しました。

◎趙軍サイド
堯雲は目覚め、峩龍が苦戦している事を知りました。右手に深手を負ったとはいえ、堯雲はこのまま戦況を見つめるだけとは思いません。ただ右手の色がやばいことになってたけど笑
趙がピンチの時に出てくるのだろうか。

◎峩龍軍サイド
玉賁は王賁がいなくても強いですねー。隊長がいなくても全然峩龍軍と張り合ってますよ。
そして苦戦し始めたとこへ信が到着。信っていっつも良いとこで現れるますよね笑
ピンチにもかかわらず峩龍は過去を思い出してた。
蘭相如が言った「中華についての話を」。んー謎だ笑
恐らく趙峩龍は、藺相如が自分を生かした意味を理解した、ということなのでしょうかね。
次回明かされるこの出来事の真意が、恐らく信のこの先を示唆するような内容になるのは、まちがいないと思います。

以上となります。

※第596話公表前にあらすじの予測・考察をしていた前バージョンです。ご参考までに!

~バージョン1 飛信隊の最大攻撃力が窮地を突破していく~

宿敵「趙」との存亡をかけた大戦、そして激戦地 朱海平原。

趙の重要地「ギョウ」をかけて、両国は激しく争う。

決着まで残すところあと二日、、

明け方ともに開戦した十四日目の戦いも早々に戦局は終盤を迎える。

趙ガ龍の策にはまり猛攻をうける飛信隊であったが、羌瘣の全力の攻撃を楔に、返り討ちにするのであった。

・・・

絶体絶命の窮地も飛信隊の主戦力が全力をもってしてどうにか切り抜けることができた。

この十四日目で決着を迎える右翼の戦いも残すは信とチョウガリュウの直接対決の様相を見せようとしている。

本陣を捨て、そして自らの策にはめ打ち取った、、はずだったチョウガリュウは、飛信隊の攻撃力を未だ測りきれておらず、自らの精鋭であり主戦力を返り討ちに合わせてしまった。

自らもその場を捨て森に潜み、陣を立て直そうと試みている。

飛信隊の構成もこの展開を見据えていたかのように隠密索敵に適した那貴一族が加わっており、その力を発揮できる局面となった。

チョウガリュウが本陣を立て直す時間はおそらくないだろう。

この十四日目で右翼の戦いは決着するのである。

最終局面はおそらく森の中、ひとつふたつと策を残しているであろうチョウガリュウに対し、那貴一族の索敵により位置をつかみ、飛信隊が迫る。

その展開の中、新兵の姿があるのではないかと予想する。

長く時間を共にした松左がこの戦いで最後を迎えた。

仲間を大切にしてきた絆を重んじる飛信隊にとって、この十四日目は厳しい決断をして臨んでいた。

だからこそ覚悟していたであろう仲間の死もきっと信の背中を押す大きな力になるのだろう。

それだけではなく、近くに居合わせた崇原歩兵団も加わり、最後の勝負に出ると見る。

その中に松左の槍を受け継いだ干斗の姿もきっとあるだろう。

王騎から矛を受け継いだ信と松左から槍を受け継いだ干斗。

想いを紡ぐ飛信隊の力の根源が究極の局面で最後の差を見せつけるのだと確信する。

それまでの時代を超えることで、新たな時代が動き始める。

かつての猛者、チョウガリュウを討ち取り、信が、飛信隊が新たな時代の担い手となる。

その瞬間がもう間近に迫っていると思われる。

ただではいかないであろうこの右翼の戦いも決着は目の前にせまっている。

信の大将たる器と飛信隊の底力に期待して次話を待ちたい。

・・・

以上となります。

~バージョン2 羌瘣が魄領より舞い上がる!~

無傷で趙峩龍の前へ現れるどころか、羌瘣は敵を討ち払い信の元に現れました。

そして羌瘣の巫舞は予定よりも早く登場しました。

信も矛を振れば傷から血が噴き出す状態です。

しかし敵を打ち払い、やっとの思いで趙峩龍の元にたどり着きます。

体力が100あるとすれば残りは10ぐらい。

いや・・5ぐらいの状態といっても良いでしょう。

予定外の信の負傷と羌瘣の巫舞。

河了貂の策もことごとく趙峩龍に阻まれています。

これだけ劣勢に立たされ、史記上ではこの戦いに勝利することになっています。

どうやったらこの状況を抜け出せるのでしょうか?

・・・

趙峩龍を馬から下すべく、重要な命を弓矢の名手・仁と淡が任された。

人間に矢が討てないが、趙峩龍の馬には見事に矢を命中させた弟の淡。

作戦通りに趙峩龍は落馬してしまう。

敵に囲まれている兄を助けるために、淡は無我夢中で矢を放ち兄を救う。

喜びも束の間。

周りを見渡せば、味方が次々に討たれている。

その後も淡は兄の仁とものすごい勢いで弓を放ち続ける。

ピンチの部隊に駆けつけては、敵の首長のような人物に矢を放つ。

地味な仕事ではあるが、小さな芽をたくさん摘む事しか今はできない。

飛信隊に反撃の灯火が宿るきっかけになるか。

一方の信・羌瘣サイド。

趙峩龍を討つ舞台が整った。

しかし信は傷を負っている状態。

信は周りの趙兵に対応し、羌瘣の呼吸の時間を稼ぐ為にも奮闘する。

それは飛信隊のみなも同じ意識である。

「羌瘣こっちは任せろよ!!!」飛信隊の皆が叫ぶ。

羌瘣の緑穂が趙峩龍に向くが、武も兼ね備えた趙峩龍には決定打となる一撃にならない。

「ならば・・」羌瘣がポツリとつぶやく。

死も覚悟をする。

まるで全身全霊、最後の巫舞を行う覚悟かのようである。

そして、意識も遠のく中、最深の巫舞を行う。

自分には戻る場所がある・・飛信隊。

仲間を信じて。

羌瘣は深い魄領の域に意識を落とすという、危険な技を発動させたのである。

そしてついに趙峩龍を討ちとることに成功する。

残りの体力の事も考えた羌瘣は幽連との戦いでみせた規模の巫舞を行います。

羌瘣は短期決戦型だと自分でも言っていました。

自分の体はどうなっても良いと考えています。

とにかく趙峩龍の首を討ち取ることしか考えていません。

しかし最深の巫舞は本当に危険なことは誰が見てもわかります。

きっと信も再び止めに入るのではないでしょうか。

しかしここで、羌瘣はもう一皮向けるのではないでしょうか?

この朱海平原の戦いでは、
「覚醒なしではこの戦いは勝てない!」と随所に出てきていました。

飛信隊、玉鳳隊、楽華隊のトリオ隊の覚醒。

松左の死による新人隊の覚醒。

そして予想で挙げた弓矢兄弟の弟・淡の覚醒。

羌瘣も未知の領域の巫舞を行い自分の限界を超えるのではないか?と考えます。

しかも今回は、「魄領」という禁断の一線を超える危険な技を発動します。

もはや人間の領域を超えてしまった羌瘣が趙峩龍を討ち取ると思います。

しかし無理がたたり場合によっては今後の戦線離脱も考えられます。

そこでバトンタッチで王賁がカムバックするのか?

はたまた、鄴の一報が李牧に伝わるのか?

いよいよ趙峩龍討ちがクライマックスにさしかかってくると思います!

・・・

以上となります。

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「キングダム」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「キングダム最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク