七つの大罪ネタバレ301話&感想【みんなの想い】強欲の罪!賊のバン参上!

2019年3月17日

スポンサーリンク

マエルの太陽の恩寵の力もあり、戦いは有利に進め、マーリンの禁術“時の棺”が無事に完成しました。

そのことで、メリオダスの魔人王化を阻止することができて聖戦に終止符を打ったはずでした。

しかし、時すでに遅しでメリオダスが魔神王として復活してしまいました。

最強の魔神王を目の前に、七つの大罪連合軍は一体どうなってしまうのか、、と思っていた時に
バンが参上します!

バンと対峙した魔人王メリオダス。

果たしてバンはメリオダスに対抗できるのでしょうか?

そして、本当にメリオダス本人の意思は消えてしまっているのでしょうか?

・・

この記事では第301話(みんなの想い)についてネタバレと感想をお届けしたいと思います。
(2月20日発売の週刊少年マガジン12号掲載)

では、早速見ていくことにしましょう!

※「七つの大罪」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「七つの大罪」第301話(みんなの想い)のネタバレ

※前回はコチラ!
第300話:【魔神王メリオダス誕生!】か?

魔人王を追い出すと言ったバンですが、何か手はあるのでしょうか?

余裕の表情で「貴様一人でどうやってこの魔人王を追い出すつもりだ?」と問う魔人王メリオダス。

ホークの危機を救いつつもバンは自分が不死身でなくなった事を皆に告げました。

「エレインを蘇らせた。生命の泉を使い切ってな」

そう、バンはもう二度と死んでも蘇れない体になってしまったのです。

「これが神の力ぞ!!」

魔人王メリオダスが力を解放すると、周囲の物が全て吹き飛ぶ様な強烈な力が全員を襲います。

エリザベスやディアンヌ達はキングの護りの力で、魔人王メリオダスの猛攻から難を逃れますが、バンは直接その攻撃を体に受けてしまいます。

しかし、バンの肉体にはビクともしておらず、バン自身も、「煉獄と比べりゃ可愛いもんだ」と、涼しい顔をして言います。

さらに魔人王メリオダスは激しい攻撃をバンに仕掛けますが、バンも見事に全て防ぎ、尚且つ反撃までしています。

たった一人で魔人王メリオダスと渡り合うバンですが、やはり少々部がわるい様です。

バンは片膝をつき万事休すかと思われた時、突然魔人王メリオダスが片膝をつき苦悶の表情を浮かべました。

「へっバーカ♪一人じゃねぇよ♬」

魔人王メリオダスに向かいバンは言います。

そう、実は魔人王メリオダスの中には、父親の意思とは別にメリオダス本人の意思もちゃんと残っていたのでした。

意識の世界の中で対峙する二人はお互いに体の優先権を取り合う為に闘います。

メリオダスは己の父に対し、躊躇なく攻撃を仕掛け、自分を取り戻そうとします。

そして父親にこう言い放ちます。

「それがお前の罪だぜ!!!!!」

・・・

第301話は以上となります。

※「七つの大罪」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「七つの大罪」第301話(みんなの想い)の感想

今回の七つの大罪も見どころが多かったですね。

特にバンとメリオダスの攻防は見ごたえがありました。

不死身でなくなったバンなのに、メリオダスの攻撃にしっかり耐え、一人で対等に渡り合っていましたね。

ホークがボロボロになってたのが凄く可哀想でした。

動物虐待はんた〜い(>人<;)(笑)

しかし、キングの霊槍シャスティフォルの能力高いですね。

パーフェクトキューブとどっちが防御するなら強いんでしょうかね?

バンもバンで不死身でなくなってから異常な強さになってますね。

内にいるメリオダスが関係しているのでしょうか?

早くメリオダスに戻ってきてもらいたいですね。

しかしこのメリオダスの父親の魔人王は強すぎる気がしますね。

次回も気になります!

・・・

感想は以上となります。

次の第302話はコチラ!
第302話:みんながキミを待っている

無料で読める!

以上で、七つの大罪」第301話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「七つの大罪」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「七つの大罪」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「七つの大罪」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「七つの大罪の最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

※第301話のあらすじについて予測・考察させていただいた前バージョンです。ご参考までに!

~強欲の罪!賊のバン参上!~

魔神王メリオダスが七つの大罪連合軍の目の前に現れました。

エリザベスはメリオダスじゃない…あなたは誰なの?とメリオダスに向かって言いました。

ゼルドリスはメリオダスに約束は果たしたから、ゼルダの居場所を教えてくれ!と言いますが、メリオダスはいつもと違う口調でメリオダスといいゼルドリスといい…ほとほと呆れ果てるわ!というのでした。

実は、メリオダスの身体の中にメリオダスの父である現魔神王が入っていたのでした。

魔神王はメリオダスに王位を譲る気はなく、若く強い肉体が欲しかっただけでした。

戒禁は魔神王の力の欠片であり、全部を取り込み魔神王になることは即ちメリオダスがお魔神王の新たな依り代になることに他ならないのでした。

七つの大罪連合軍は魔神王の周りを取り囲み、魔神王がエリザベスを殺そうとする攻撃を防ぎます。

そして、マエル、キング、ディアンヌが一斉攻撃を魔神王に食らわせますが、微動だにせず、完全に防御していました。

魔神王が反撃の一撃を七つの大罪連合軍に食らわせると、全員が吹き飛びました。

すると、ホークが魔神王を挑発して、魔神王が鋭い一撃を食らわせました。

魔神王がぼろぼろになったホークをつまみ潰そうとした瞬間、ホークが突然消えました。

そこに現れたのは覚醒した強欲の罪賊のバンだったのでした。

今回は、メリオダスが魔神王として復活したと思いましたが、まさかの現魔神王がメリオダスの肉体を使って復活しましたね。

やはり魔神王の力は強大で、七つの大罪連合軍は全く歯が立ちませんでした。

そこに現れたのはバンでしたね。

親友のメリオダスを取り戻すために、バンの覚醒された一撃が魔神王にダメージを与えるはずです。

それでもバン一人では魔神王に勝つことはできません。

そこで、戦いながら七つの大罪連合軍の連携プレーで魔神王を徐々に追い詰めることになります。

その中、バンのメリオダスを呼び覚ますように叫ぶ声がメリオダスに届いてくるでしょう。

そこで、魔神王の精神とメリオダスの精神が再び戦うことになるのだと思います。

次回以降は、魔神王の前に現れたバンが七つの大罪連合軍に加勢することになりました。

無事、メリオダスの身体から魔神王を追い出すことが出来るのでしょうか。

・・・

以上となります。

※「七つの大罪」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「七つの大罪」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「七つの大罪の最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク