ブラッククローバーのネタバレ204話&感想!明かされるネロの過去!

2019年5月20日

スポンサーリンク

この記事では「ブラッククローバー」の204話(5月13日発売の週刊少年ジャンプ2019年24号)のネタバレについてお届けいたします。

ネロが一体どのようにしてアンチドリとなり、初代魔法帝と出会ったのかその秘密が明かされます!

そして悪魔との古来から続く因縁も明らかになります。

悪魔はどのようにして過去に王国を滅ぼそうとしたのでしょうか?

初代魔法帝が語り継がれるようになった伝説と悪魔への言い伝えが公開されます!

・・・

では早速、第204話を見ていくことにしましょう!

※「ブラッククローバー」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

「ブラッククローバー」第204話のネタバレ

※前回の203話はコチラ
203話:石像の正体とネロの謎が..

悪魔の元へと猛スピードで向かっているネロと初代魔法帝。

その道中でネロは500年前の出来事を頭の中に思い浮かべていました。

かつてのネロは物を開け閉めするだけの魔法を持った役に立たない貴族でしたが、奉公人として任官されていました。

遣わされた先は王族の中でも傑出した才能と魔力を持つ異端の王子のところでした。

そこにいたのは予想と違った古代の魔法を研究していた王子でした。

そしてネロはかつてセクレという名前でした。

王子はセクレの魔法が封緘魔法と聞くと興味津々に役立てようか考えていました。

しかしセクレは自分の魔法を鍵の開け閉めしかできない下品な魔法と思っていました。

王子はその魔法に可能性を感じ、閉ざしてはいけないと伝えました。

王子は魔道具の発明しており魔力や魔法属性に恵まれない人のために、より平等な社会を作るために。

そしてセクレは王子の道具作りを手伝うようになり、王子のその進歩的な人柄を家族の中には良く思わない人もいましたが意に介さず理想を絶対に曲げない真っ直ぐで強い人でした。

あるとき王子は妹のテティアと頻繁に外出しエルフと会っていました。

その長はリヒトであり、同じ思想と理想と魔導書を持っていて王子に初めてできた対等な友人でした。

魔直をため込み分け与える魔道具に異界とつながり魔法を増幅させるエルフの魔石が二つの種族が平等に暮らすための実現へと少しずつ近づけていました。

そして王子の婚礼の日に王子は父親に呼び出されていて王宮へと向かっていました。

このときにすでに悪魔は計画を進めていました。

王子が王宮へたどり着いた瞬間言霊魔法によって縛られてしまいます。

現れた大臣の中には悪魔が潜んでおりすでにエルフたちを滅ぼすように王族の人間を向かわせていました。

悪魔は王子のために準備をしており王国最強の魔力でも解けないほどでした。

その目的は魔導書と肉体を手に入れることでした。
その異変に気づいたセクレが封緘魔法で悪魔の魔法から解放します。

王子がリヒトたちのもとへ向かうとリヒトが悪魔に浸食されており一帯の人間を皆殺しにしていました。

リヒトは何とか自我を取り戻して自分の体に迫る危険と願いを伝えました。

このままだと悪魔に飲み込まれて魔法と体を明け渡してしまうため負の魔力をさらに自分にかけその可能性を潰そうとしました。

王子の制止を聞かずリヒトは自分を殺すように願いながら魔力を賭けていくのでした。

・・・

第204話は以上となります。

※「ブラッククローバー」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブラッククローバー」第204話の感想

ネロの正体と500年前に王国でどのような出来事があったのかが今回から明かされ始めました。

ネロはセクレという名前でかつて初代魔法帝の従事していた貴族でした。

初代魔法帝はユリウスと同じように魔法について興味津々で王国の平等を願った社会を作り上げようとしていました。

リヒトも同じ思想を持っていて人間とエルフはわかり合えるはずでした。

しかし悪魔の登場によって全てが変わってしまいます。

なぜこのような出来事があったのに悪魔の存在は忘れられ、人間がエルフを滅ぼしたという逸話が作られたのでしょうか?

王国の歴史を解明する謎が少しずつ明かされていきます!

・・・

感想は以上となります。

次回の第205話はコチラ!
205話:明かされる悪魔との因縁

無料で読める!

以上で「ブラッククローバー」第204話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ブラッククローバー」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ブラッククローバー」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ブラッククローバー」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ブラッククローバー最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク