ザッケローニ監督が退任!日本敗退の責任!?本当の理由は?

2017年2月5日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

25日にサッカーワールドカップの日本敗退が決まり、ショックが冷めやらぬ間になんとザッケローニ監督が会見を開き、退任を発表しました《゚Д゚》

え!?もう決断したの?早い。。。
とにかく4年間もの任期を全うし、本当にお疲れ様でした。。m(_)m

このニュースを見てびっくりしましたが、ザッケローニ監督は、今回の試合に関するすべての総指揮は自分が取ったので、敗退という結果の責任をとるべきだ!とコメントしています。
また自分が成し得なかった部分を今度の新しい監督が達成してくれることを祈っているとコメントしています。

しかしショックですね・・・
日本の敗退が決まって、さらなる追い打ちの今回の退任記者会見・・・

いったいどうなっているんでしょうか??

ザッケローニ

◆ザッケローニ監督退任についての本当の理由は?

今回、ワールドカップブラジル大会での日本の1次リーグ敗退が決まったことを受けて、その責任を取るという理由でザッケローニ監督は退任表明をしました。

監督は、選手達には「もう私は離れなければならない」「もう一度選手を選べと言われれば、同じ選手を選ぶ」とコメントしたそうです。

このセリフを聞いただけでも涙が出そうです。。゚(゚´Д`゚)゚

会見では、今回の試合の敗退を理由に退任と表明していますが、本当にこれだけの理由なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いろいろと調べてみると・・・

日本サッカー協会からの情報では、今回の大会の成績がどうであれ、監督の契約が満了するワールドカップの後に退任することを決意していたそうです。
そしてなんと日本サッカー協会とも退任については既に合意に達しているそうです。

な、なんと・・・《゚Д゚》
そうだったんですね。。

今回の大会で優勝していたとしても退任していたんですね。。
まあ優勝していれば、たとえ事前に退任の意向をサッカー協会に示していたとしても別の風が吹いて、任期を継続していたかもしれませんが・・・

もしくは、優勝してもザッケローニ監督本人の意向としては、ほんとうに退任をしていたのかもしれません。。

ザッケローニ監督が「辞める」決断をした本当の真意は、本人のみ知るところですが・・・
チームを引っ張っていくことに限界を感じたのか、やれるところまでやって自分なりに納得したのか、選手たちのためにもそろそろ新しい監督、新しい風を入れるべきだと感じて身を引いたのか・・・

日本代表と監督3

いずれにしても今回の辞任、退任会見を見て感じたのは、今回のワールドカップ敗退のみにフォーカスするのではなく、この4年間の実績も含めて総合的に彼の監督としての評価をすべきだということです。

ザッケローニ監督は4年前の2010年に着任しました。
彼の戦術は、選手たちひとりひとりの持ち味や技術、またチームワークといった特徴を生かして、選手全員がお互いに連動して、素早いパス回しで一気にゴールに迫るという攻撃的なサッカースタイルの強化を進めてきました。

着任後、初の試合となった埼玉スタジア2002のアルゼンチン戦では1-0で勝利して、白星スタートを切りました!

2011年のカタールでのアジアカップを制して、2013年6月には日本代表の5大会連続となるワールドカップの出場権をも獲得しました!(*゚▽゚*)

2013年には、東アジアカップでも優勝を果たしました!

今回のワールドカップではグループリーグでは、1次リーグ敗退という結果に終わりましたが、ザッケローニ監督のこの4年間の采配による実績は目を見張るものがあり、日本サッカーの底力を世界に知らしめた功績は充分評価に値するものだと感じています。

今回の退任会見の映像がありましたので、ぜひご覧ください。

※音が出ます。


「ザッケローニ監督の退任会見(FNNより)」

この映像を見ていると、選手たちがどういう気持ちでこの会見を見ているのかなぁぁと想像して、なんだかさみしく、悲しい気持ちになりました。。(つд⊂)

今後、ザッケローニ監督はまたどこかのチームの監督になるのかもしれませんね。
再びその監督として采配をふるっている勇姿を見せてもらいたいですね(*゚▽゚*)

次の後任の新監督に期待する彼の思いは、必ず新監督にも届き、新生日本チームが始動、活躍してくれると信じております!

ここまでおつきあいいただきましてありがとうございましたm(_)m

スポンサーリンク