三宅右矩 (狂言師) の活躍の裏には歌舞伎俳優の友人達との友情が!

2018年7月22日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

スピリチュアリストのCHIEさんが出演している「おしかけスピリチュアル」に狂言師の三宅右矩(みやけすけのり)さんが出演予定です。

三宅右矩さんは狂言師ですが、最近テレビ等で見る機会が増えてきて気になっていましたが、この機会に三宅右矩さんについていろいろと調べてみました。

調べているうちに三宅右矩さんの活躍ぶりや歌舞伎俳優の友人達との話も興味深いものがありましたのでシェアさせていただきますね。

◆三宅右矩さんについて

三宅右矩(みやけすけのり)さんは狂言師で1983年生まれの今年で30歳です。

狂言師の三宅 右近(みやけ うこん)さんが父親となります。
祖父は人間国宝である故九世三宅藤九郎さんという狂言界のサラブレッドです。

狂言師でもありがなら、最近はいろんなジャンルに進出し活躍の場を広げています。
(´∀`)
狂言の舞台で活躍を続けながらもさらなる狂言の普及のため、俳優としてもテレビ出演をし始めています。

2014年5月にはテレビ番組の「僕らの時代」や「ウチくる!?」に出演したり、6月には「おしかけスピリチュアル」にも出演等、今後、お茶の間でも三宅右矩さんを見かける機会が多くなってくると思います。

イケメンですし、非常におもしろいトークをして盛り上げる方ですので今後人気が出てくると思いますよ(^O^)

三宅右矩
「狂言師 三宅右矩(みやけすけのり)」

またなんとJ-POPと狂言のコラボレーションという形でT.M.Revolutionと共演もして、今まではありえなかった展開を通して伝統芸能である狂言の世界にも新しい風を吹き込もうとしています。
非常に革新的な狂言師ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆歌舞伎俳優の友人達との友情について

三宅右矩さんは、歌舞伎俳優の尾上松也さん、中村七之助さんと非常に親密な関係にあるそうです。

小さい頃からお互いには知り合いだったそうですが、高校時代からは特に親密になり青年期から現在までお互いの仕事やプライベートでも親密に交流しているそうです。

この3人の対談を以前見たことがありますが、やっぱり芯が通っているというかしっかりしている印象を受けました。
こころの余裕もあるように感じます。

やはり、小さい頃からそれぞれの方が舞台に立っており、礼儀作法や舞台稽古なども徹底して教育されていたためでしょうね。

この話の中でいろいろと興味深い内容がありました。

3人それぞれが高校時代から深く知り合うようになり、歌舞伎俳優、狂言師という違う内容の舞台を通じてお互いに刺激し合っていたみたいです。

誰かが大舞台に初舞台として立った時には、あこがれや尊敬もありつつ非常に悔しい思いを感じて、自分も大舞台に立てるように一生懸命がんばれた!というライバルとしてのいい刺激を受けたみたいですね。

中村七之助さんの父親である中村勘三郎さんが亡くなった時も、三宅右矩さんと尾上松也さんは物心両面で非常に支えになったそうですが、これは表面的なつきあいではないことの証だと思います。
お互いに日本の伝統芸能を支えていく責任を担う仕事という意味では共通なので感じる部分が似通っていて共感しあえるんだと思います。

異なる伝統芸能の経験という意味では、歌舞伎俳優の尾上松也さんが三宅右矩さんと一緒になんと狂言に出たそうです!
同じ伝統芸能でも内容も稽古の仕方も違うでしょうし、非常にいい意味で刺激になったと思います。

またアメリカのミュージカル「レント」を3人で見に行ったそうですが、彼らにとっては全く別物の舞台ですが非常にいい刺激になったそうです。
全く別物でも「舞台」としては同じ空間なので非常にいい勉強になったそうで、自分が関わる舞台だけにこだわらず、違う世界の息吹を積極的に学んで取り入れていこうとする姿勢は非常にいいと思いますし、参考になります。

別物の舞台と言えば、なんと尾上松也さんはミュージカルに出たことがあるそうで、中村七之助さんがこのミュージカルを見に行き号泣したそうです。
親友がミュージカルに挑戦している姿を見て感極まったそうです。
ここでもお互いに刺激しあっていい起爆剤になっていますね。

以上となりますが、三宅右矩さんについて少しは人物像や活躍がお分かりいただけたと思います。

三宅右矩さんや尾上松也さん、中村七之助さんのような日本の伝統芸能を担う若き役者たちの今後の活躍が楽しみですし、期待できますね(´∀`)
今後の活躍に注目です!

スポンサーリンク