DAYSのネタバレ最新302話&感想「桜の幹」基礎の徹底

2019年7月11日

スポンサーリンク

今回の記事では「DAYS」第302話のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の「DAYS」302話の見どころは桜高の反撃です。

聖蹟の猛攻撃を耐え凌いだ桜高が遂に反撃に入ります。

・・

では早速「DAYS」302話を見ていくことにしましょう!
(7月3日発売の週刊少年マガジン2019年31号掲載)

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」302話のネタバレ

※前回の301話はコチラ
301話:「ガン追い」攻め続けて

観客 「聖蹟のフォアチェックが効かない!!」

観客 「トップ下の脇がぽっかり空いてる!!」

観客 「桜高がプレスの第一ゾーンを突破!!」

鳥飼 「さぁここからだ」

桜高が聖蹟の猛攻撃を耐え凌いで桜高が反撃に入ろうとします。

観客達は聖蹟のこのぽっかり空いた空間の弱点をこれまで露呈されなかったこと

その弱点を何故桜高だけが突くことができたのかを疑問を持ちます。

桜高は「止める」「蹴る」「走る」この基本技術がしっかりと身についています。

それは一部に留まらず最終ラインのメンバー全員がそうあります。

そして、それを築いてきたのは監督である大塩でした。

大塩は部員が一名だった頃からもこの桜高の伝統を守り存続させてきました。

桜高の積み重ねてきたサッカーで確実に繋いで着実に前進していきます。

聖蹟はロングボールを警戒して徐々にラインを下げていきます。

裏一本を狙える猫谷の存在も大きく効いています。

臼井 「ここまでだ!!」

臼井 「これ以上下げるな!!」

聖蹟側のペナルティエリア前で互いのメンバーが密集します。

犬童がボールを保持していますが、スペースがありません。

観客 「ループパス!!」

観客 「猫谷だ!!」

犬童はループで上から猫谷にパスを通します。

猫谷のシュートを猪原がセーブします。

猪原 「速瀬!!」

早瀬がサイドから仕掛けていきます。

しかし、一年亀山に止められてしまいます。

亀山 「足腰きてんじゃねぇの3年のおじさん」

亀山 (このまま行ってやる)

亀山が速瀬を挑発しそのまま上がっていきます。

しかし、速瀬が戻ってボールを奪い返します。

速瀬 「”おじさん”じゃねぇ」

速瀬 「”素敵なお兄さん”そう呼べ」

・・・

第302話は以上となります。

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「DAYS」302話の感想

桜高の反撃を聖蹟はなんとか凌ぎましたね。

犬童の柔軟な発想のプレーに危うく失点しそうでしたが、耐えましたね。

基礎が徹底された桜高のDF陣を切り崩すのはなかなか難しそうですね。

一進一退の攻防にどちらが突破口を開いていくのでしょうか。

桜高と聖蹟の先取点争いが激しくなる次回以降の展開に期待が高まります

・・・

感想は以上となります。

※次の第303話はコチラ!
303話:「ちびっ子コンビ」灰原と柄本

無料で読める!

以上で「DAYS」302話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「DAYS」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「DAYS」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「DAYSネタバレ!」

スポンサーリンク