DAYSのネタバレ最新311話&感想「バカの楽園」走る君下

2019年11月19日

スポンサーリンク

今回の記事では「DAYS」第311話のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の「DAYS」311話の見どころは聖蹟の攻撃です。

桜高に寄った流れを断ち切るべく先制点を取りに臼井が動きます。

・・

では早速「DAYS」311話を見ていくことにしましょう!
(9月11日発売の週刊少年マガジン2019年41号掲載)

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」311話のネタバレ

※前回の309話はコチラ
310話:「異次元スキル」犬童の力

桜高の猛攻撃を聖蹟は何とか凌ぎ切ります。

そして、CBである臼井が猪原からボールを受け取りカウンターを仕掛けるべくどんどん上がっていきます。

しかし、戻りが早い犬童が臼井のマークに来ます。

臼井は犬童が来るや否や急激に攻撃のペースダウンをします。

臼井は無理して勝負にいかず、ペースを落とし味方が上がってくるのを待ちます。

確実に仕留め先制点を取る為の意思表示を臼井はします。

聖蹟の攻撃に対して桜高はしっかりと守備を固めます。

大事にしたいこの場面で臼井はゆっくりと上がります。

そして、水樹、大柴、君下、柄本を一瞥します。

そこに君下が臼井に向かって走り出します。

君下は自分の意図を汲み取れと言わんばかりに臼井に対して視線を送ります。

臼井が君下に向かってボールを蹴りだした様に思われましたが、ボールは君下の上を通過していきます。

ボールの落ちる先には柄本が待ち構えていました。

臼井直伝のマークを外す動きとトラップを駆使して抜け出してチャンスになります。

柄本 (風間くんのためにも僕の持てるすべてで勝つんだ!!)

柄本は試合に来れない風間の為にと力強くシュートを放ちます。

柄本のシュートは身体を張ったディフェンスにゴールを阻まれてしまいます。

ボールは大きくはじいてサイドラインに向かって飛んでいきます。

周りが取れないと判断したそのボールを君下は拾うべく走り出します。

君下は本来自分の器の大きさを自覚しており、出来ない範囲を無理にしようとはしませんでした。

その判断あって、今のキックの精度などの長所が生まれてきました。

しかし、聖蹟という環境がその限界を超えるべく努力する周りに君下が感化されてしまいます。

君下父 「敦 店をたたもうと思う」

ボールを追いかける君下の脳裏によぎったのは父親の言葉でした。

・・・

第311話は以上となります。

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「DAYS」311話の感想

臼井から仕掛けた聖蹟の攻撃

これがこの試合のターニングポイントといっても過言ではないでしょうか。

絶対にゴールが欲しい場面で臼井が選択したのは柄本でしたね。

ゴールには繋がらなかったもののいいシュートでした。

そして、クリアボールを追いかける君下!

追いつくことは出来るのでしょうか。

先制点を取りたい聖蹟がどのような攻撃を繰り広げるのか次回以降の展開に期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

※次の第312話はコチラ!
312話:「父と子」繋ぐボール

無料で読める!

以上で「DAYS」311話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「DAYS」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「DAYS」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「DAYSネタバレ!」

スポンサーリンク