DAYSのネタバレ最新305話&感想「イカス男」ゲーゲンプレス

2019年7月31日

スポンサーリンク

今回の記事では「DAYS」第305話のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の「DAYS」305話の見どころは君下のプレーです。

今回も君下のプレーが光ります。

・・

では早速「DAYS」305話を見ていくことにしましょう!
(7月24日発売の週刊少年マガジン2019年34号掲載)

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」305話のネタバレ

※前回の304話はコチラ
304話:「もう一組の師弟」聖蹟のディフェンダー

聖蹟のピンチにも新戸部が気合のディフェンスで攻撃を凌ぎます。

観客 「新戸部が連続でクリアーだ!!」

観客 「いいぞ乗ってる!!」

新戸部 「まだだ!!」

クリアしたこぼれ球を鳥飼が反応します。

佐藤 「させねぇ!!」

佐藤が鳥飼がボールをキープする前に反応しボールを取らせません。

速瀬 「任せろ」

速瀬がボールを拾いますが、桜高亀岡もぴったりとマークにつきます。

君下 「先輩」

君下はボールを要求してパスを受け取ります。

観客 「ここはいったん落ち着かせたい」

観客 「外に切るのもありだ!!」

しかし、君下はボールを受け取るとすぐさまマークを振り切りパスを出します。

60mを超える長さのスルーパスを通します。

その先には柄本が待ち構えていました。

しかし、桜高マークに追いつかれてしまいクリアされます。

大柴 「追いつかれるくらいならキープくらいしろ!!」

大柴 「せっかくのチャンスなのに!!」

柄本 「す・・・すみません!!」

大柴が柄本に言います。

そして、観客達は柄本へパスを通した君下のプレーに注目します。

観客 「スピード精度ともに申し分なかった」

観客 「現状あの犬童を超えるパフォーマンスをしている」

観客 「パスの精度だけでみれば君下が現高校生No1かもしれない」

君下の正確無比のパスに驚きをみせます。

そして、そのプレーに惹かれるようにか観客達から聖蹟コールが沸き起こります。

聖蹟のスローインから試合が再開します。

整っている桜高の守備に対して君下は前線に高いボールを放り込みます。

近藤 「これは”なんとかプレス”!!」

聖蹟がゲーゲンプレスをしかけます。

大柴から水樹へとボールが渡り、水樹がジャンピングボレーを放ちます。

しかし、桜高はしっかりとブロックします。

近藤 「なんとかプレスの止め方がわかった」

・・・

第305話は以上となります。

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「DAYS」305話の感想

今回の君下の正確無比のプレーが炸裂しましたね。

聖蹟のゲーゲンプレスを繰り出しますが、これも見事に止められてしまいましたね。。。

そして、近藤のゲーゲンプレスの止め方が分かったとの一言

とても気になりますね。

聖蹟のゲーゲンプレスが止められてしまうのかそれとも聖蹟がゴールまで繋げるのか次回以降の展開に期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

※次の第306話はコチラ!
306話:「自作自演の男」ゲーゲンプレスの止め方

無料で読める!

以上で「DAYS」305話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「DAYS」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「DAYS」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「DAYSネタバレ!」

スポンサーリンク