ワンピースのネタバレ最新945話&感想!サンジが嫉妬、ビッグ・マムが!

2019年6月24日

スポンサーリンク

羅刹町では戦いが繰り広げ始められたのですが、サンジがゾロに嫉妬していたのはなぜだったのでしょうか?

一方、兎丼の囚人採掘場にビッグ・マムが到着したのですが、彼女はどんな様子で周りの反応はどうだったのでしょうか?

この記事では945話についてネタバレと感想をお届けしたいと思います。

羅刹町でゾロやサンジの戦いの状況や、囚人採掘場でのビッグ・マムの様子について探っていきたいと思います。

※週刊少年ジャンプ2019年28号(2019年月6月10日発売)

では早速、見ていくことにしましょう!

※「ワンピース」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

ワンピース945話のネタバレ

※前回はコチラ!
944話:戦い出したゾロ、鎌ぞうとは?

ワノ国花の都の羅刹町では、乱闘が始まったと騒ぎになっています。

オロチは駕籠に乗りながら、康イエに味方するする人間は全員敵で、打ち首にしろと言いながら、走り去ろうとしています。

ゾロはオロチを追うのですが、止めに入ったのが狂死郎で、周りの民衆は狂死郎と張り合う姿を見て、ゾロの強さに感心していました。

ゾロは息があがり何者なのかと思いつつ戦っていると、狂死郎はニヤリと笑みを浮かべ戦っていました。

そんな中オロチお庭番州が現れ、福ロクジュが手配書を手に持ちながら、麦わらの一味だと確認し、拷問にかけ目的を知る事ができるから、誰でもいいから一人捕まえろと、部下に指示を出していました。

そして部下の一人がゾロに忍法地獄琵琶で攻撃すると、ゾロはただの銃だと言い攻撃を避けました。

サンジはというとおトコをウソップに任せ、ウソップはその場から走り出し、サンジは恐竜の姿になったドレークから攻撃されていました。

するとドレークはサンジがおそばマスクだという事に気付いたようで、ヴィンスモークの血筋だという情報も知っていました。

それを聞いたサンジは、その名前は二度と口にするなと怒り始めるのでした。

一方おトコが連れていかれ事に心配する日和にブルックは、康イエもおトコも連れて行ったのは自分の仲間だから心配しないでほしいといい、日和にも都から脱出するように促しました。

ブルックはお庭播州の部下に向け、体から魂しいを抜け出しお化けのように襲いかかると、部下達はガシャドクロが出たと驚いていました。

お庭番州の一人が日和がゾロと一緒に居るを見たようで、雷刃と風刃に逃げる日和を追うように指示を出していました。

そんな中ローが羅刹町に現れ、ホーキンスは来ると思っていたとローに伝え、ローはホーキンスに檻に捕らえれた仲間の他にシロクマが居たはずだと尋ねていました。

ホーキンスは、ローの能力だと人質を直ぐに外へ逃がされていまうので、人質全員は目の見える場所には置かなかったと言うのでした。

ホーキンスはローにも檻に入ってもらうと言い出すと、ロー奢るなと言い返しました。

するとホーキンスはローにお前には倒せないと言いながら、剣を抜き自分の腕を切ると、ローの仲間のシャチの腕が切れたのです。

言葉も無く驚くローに対してホーキンスは、ベポを含む四つの命を持っているから、三人の部下を殺した後なら自分を切れると言うのでした。

そんな中悲鳴が聞こえ、サンジが一瞬にして美女の声だと気付き、襲われた彼女が自分の助けを待っていると思い、ドレークに一撃を加え向かおうとすると、後ろからゾロが走ってきました。

すると、ゾロはお庭番州の一人を切り追われていた日和を助け出したのです。

サンジはというと言葉にならないくらいショックを受けたようで、ゾロが美女と知り合いだという事に驚き、懸賞金が低いくせにと嫉妬していました。

一方、九里の博羅町の外れでは落とし入れようとしたのかとアシュラが怒り、錦えもんを押し倒し、イヌアラシが止めに入りました。

すると錦えもんはアシュラに土下座をし、20年経てば人の心も変わってしまう事も考えないで、主君の大義名分のためだけに奢り時間に追われて、強行な手段に出てしまったと謝りました。

そしてアシュラに、康イエが命懸けで敵の目を欺いてくれたので作戦はまだ生きているから、火祭りの夜に鬼ヶ島へ討ち入るときに、一緒に戦ってほしいと頼み込むのでした。

すると何も言わずに酒を飲んだアシュラはその後、錦えもん達に見せたいものがあるからついて来いと言いました。

一方兎丼の囚人採掘場では、正面入り口門が破壊され第二第三のゲートも破壊され何者かが通過したと連絡がありました。

すると正体を現したのは、ビッグ・マムでクイーンは船は沈めたと聞いたと驚いています。

ルフィは夢でも見てるのか驚き、ルフィと戦っていたクイーンの部下達も、カイドウと肩を並べる海の皇帝がなぜ居るのかと驚いています。

するとビッグ・マムはお玉におしるこの香りがするから来て一緒に食べようと言いました。

チョッパーは、おしるこがあると言ったのは嘘だったのになぜあるのかと不思議がり、中にどう入るか課題だったのに扉が開いた事にお菊は戸惑いつつ、お玉はルフィを助けられると喜んでいました。

お菊はお玉とモモの助には隠れているように指示し、百獣海賊団の大看板のクイーンが相手だから心して行こうとほっかむりを付けチョッパーに言いました。

クイーンはおしること言ったなとビッグ・マムに確認すると、いっぱい食べられると聞いて来たから早く欲しいとビッグ・マムは言いました。

しかしクイーンは、変型をしながらおしるこが自分の大好物だと知っているのかと怒り出し、我を失っているのでした。

ルフィはというと、キッドとキラーが溺れ死ぬからそんな事の前に先ずは引き上げろと言いました。

キッドとキラーは水の中で苦しいんでいるのにも関わらず、クイーンはそんな事とはと怒っているようです。

戦う気なのかと部下に心配される中、クイーンはリュウリュウの実の古代種モデルブラキオザウルスの持ち主で姿を変え、おしるこは大量にあるが全て自分のものだとビッグ・マムに言いました。

しかしクイーンの部下はもうないからどうすれば良いのかと思い焦っているようです。

チョッパーというと、ビッグ・マムが記憶を失いおリンとなった事で、優しくなったから狂暴な敵にいじめられていないかと心配し、お菊と共に急いで向かいました。

しかしそこで目にしたのは、おしるこをよこせと言いながらクイーンを一撃でビッグ・マムが倒す姿でした。

・・・

第945話は以上となります。

※「ワンピース」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース945話の感想

オロチを追いかけるゾロの前に立ちはだかった狂死郎は、ゾロの攻撃を余裕で受け止めていたので、どのくらいの強さなのか気になると思いました。

また、いつもクールなローがホーキンスのやり方に対して、仲間の事を想い熱くなっている様子がとても印象的だったと感じました。

そしてサンジの美女に対する反応の速さは凄いものがあり、先を越されて日和を助けたゾロに嫉妬しているところが、サンジらしかったと思いました。

また、錦えもんがアシュラに土下座をして謝り、一緒に戦って欲しいと頼んでいた姿を見ると、彼の潔さが伝わって来る気がしたと思いました。

そんな中採掘場では、ビッグ・マムが現れた事で、その場いた全員が驚きを隠せなかったところがとても印象的だったと感じました。

そしてクイーンにしても、ビッグ・マムにしてもおしるこへのこだわりが半端ないと思いました。

また、変型したクイーンを一撃で倒したビッグ・マム強さを改めて実感できたと感じました。

・・・

感想は以上となります。

※次の第946話はコチラ!
946話:ビック・マム圧倒、ルフィが開花!

無料で読める!

以上で「ワンピース」の第945話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「ワンピース」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ワンピース」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ワンピース」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ワンピース最新話のネタバレ!」

※第945話のあらすじについて予測・考察させていただいた前バージョンです。ご参考までに!

~バージョン1:オロチは実は弱かったのか!?~

前回の944話では、ゾロ、サンジ達がついにおトコちゃんを守るために反逆を起こしましたね。

そして、オロチを狙ったゾロの前に狂四郎が現れました。

・・・

前回の944話、オロチを狙ったゾロの前に狂四郎が現れましたが、狂四郎が出たコマの後に小紫が写っているのが意味深でしたね。

やはり、狂四郎は小紫と何か関係がある、つまり光月側人間であるのではないかなと思います。

まだバレるわけにはいかないので、オロチをゾロから守っているのでしょう。

そして、ゾロの攻撃に対して圧倒的にオロチはビビっていました。

もしかするとオロチは能力こそ凄いものですが、実はカイドウという大きな存在を使って自分を大きく見せているだけで弱いという可能性も出てきましたね。

かつてクロコダイルが言った、能力ばかりにかまけたバカとは違うぞに当てはまるのがオロチかもしれませんね。

オロチが実は弱いというのを明かすことができれば、さらにオロチの信頼を落とすことができそうです。

今回の話で、またキッドだけでなく人斬り鎌ぞうも捕まってしまいました。

人斬り鎌ぞうがキラーであり、SMILEまで食べさせられているのは予想外でしたね。

これにより、さらにキッドとルフィが共闘する可能性は大きくなりました。

クイーンに攻撃して、簡単にあしらわれてしまったルフィですが、次回はほぼ確実にビッグマムが現れるでしょう。

クイーンもおしるこを食べてなくて機嫌が悪いということから、おしるこがないと知ったビッグマムは食いわずらいが起こるでしょう。

そのビッグマムを止めるためにクイーンVSビッグマムが起こるでしょうね。

そこでチョッパーがキラーのSMILEのこと、そしてえびす町の人たちのSMILEのことを知りそれを必ず治そうと決めるという展開になるのではと予想しています。

キラーを治したとなれば、キッド達が仲間になることは確実でしょう。

これでルフィ、キッド、ローのシャボンディ諸島でのチームが再結成されそうですね。

オロチ自身は弱いと考えると、狂四郎と手を組み、一気にオロチを倒し、すぐにカイドウとの戦いまでいきそうです。

ワノ国編ではチョッパーに〇人目のタイトルがつくのに期待したいですね!

来週も楽しみに待ちましょう

・・・

以上となります。

~バージョン2:狂死郎は敵か、味方か?~

トノ康が、オロチによって処刑されてしまい、それを見たえびす町の人々は、何故か笑っていた。

日和の話しによると、SMILEによって笑うことしかできなくなってしまった。

トノ康の娘であるおトコが、オロチに見つかってしまい救出しようとゾロとサンジが、オロチに前に現れるのであった。

・予測
サンジとゾロは、ともに存在がバレてしまっている状態での戦闘になります。

その他の仲間は、存在がバレてしまう恐れがあるので、落ち合い場所を決めて逃げる形になりました。

まず、戦闘となるのが、ゾロ対狂死郎です。

未だに、敵か味方かはっきりしていないですが、944話で気になるシーンがありました。

それは、ゾロが、七百二十煩悩鳳をオロチに向けて放った時、日和がなんとも言えない顔をしていました。

日和と小紫が同一人物かどうかもはっきりしていませんが、このシーンだけ見る限り、日和を助けた狂死郎は、味方なのでは?と思います。

ただ、味方になれない状況となっているので、仕方なしにオロチの犬役を演じているのでしょう。

傷が癒えていないゾロですから、苦戦することでしょう。

もしかすると日和が、仲裁に入り正体を明かして止めに入ったりするとも考えられます。

一方のサンジは、Xドレークと戦闘を開始しましたが、おトコを抱えた状態なので、満足に戦うことができない状況です。

サンジは、レイドスーツを着用して逃げられると思いますが、ホーキンスの邪魔が入り逃げ出せなくなりそうです。

ゾロとサンジとも、本来の力が出せない状況で戦っていますので、ここにローが加わり、逃げる形になるような気がしています。

また、兎丼では、脱獄したはずのキッドが人斬り鎌ぞうとともに連行されてしまいました。

そして、鎌ぞうの正体が、キッドの右腕であったキラーでした。

キラーもまたSMILEを食べさせられて笑うことしかできなくなっていましたが、拷問されたことは、間違いないでしょう。

兎丼に到着したビックマムは、食いわずらいを発症しており、おしること叫んでいました。

ただ、監獄場には、おしるこが、ないので監獄内で大暴れすることでしょう。

その結果、監獄内の牢屋が壊され、牢人達が一斉に飛び出してカイドウの手下達に襲い掛かると思います。

クイーンは、ビックマムと戦闘に入りそうですが、決着はつかないような気がしています。

また、ビックマム海賊団は、ママのビブルカードを持っているので、乱戦にもなりそうです。

ルフィが戦闘しないことは、考えられないので、クイーン対ビックマム対ルフィという戦闘シーンになるとも思われます。

・・・

以上となります。

~バージョン3:SMILEの全貌が?オロチの狙いは?~

943話はほんとに悲しいお話でしたね。

SMILEの怖さ、オロチの恐ろしさを感じました。

またゾロとサンジはおトコちゃんを助けるために、オロチの前に出てきてしまいました。

SMILEの副作用は改善可能なのか、ゾロ&サンジはオロチと戦ってしまうのか?

・・・

康イエの機転により、バレていた錦えもん達の作戦もオロチが怖がって勝手に妄想したものとなりました。

これでさらに錦えもん達は動きやすくなったはずです。

また康イエの処刑を見たアシュラ童子が錦えもん達にスマイルって知っているか?と話しかけるシーンがありました。

康イエの死は、アシュラ童子が仲間になるきっかけになると思います。

康イエの死は多くの人々にたくさんの影響を与えたようです。

SMILEは不良品がおこぼれ町の人たちに与えられていましたね。

この副作用をどうにかルフィ達に救って欲しいと思っています。

黒ひげが悪魔の実を奪う力を持っていますが、黒ひげのように奪うことはできなくても、取り除くことはできるのではないかなと思います。

タイトルで◯人目というのがついていないのは、あとはチョッパーとロビンです。

この◯人目というのはルフィの役に立った時、ルフィに必要とされた時につくことが多いとされています。

チョッパーはルフィが死にそうになったところを助けて◯人目とつくとよく言われていますね。

私は、このおこぼれ町の人たちを救うということで、◯人目のタイトルがつくのでは?と今回の話で思いました。

ルフィがおこぼれ町の人たちが笑っているのを見て、理由があんだろ?と怒っていたので、それを救うことで◯人目のタイトルがつくのは十分ありえるかなと思います。

チョッパーの医療でおこぼれ町を救って欲しいですね。

最後にゾロとサンジがオロチからおトコちゃんを救ってしまいました。

おトコちゃんはこのガマの油を塗れば傷が治る!と言ってましたね。

それはウソップの嘘なわけですが、ウソップは今までついた嘘はことごとく叶えています。

もしかしたらまだ康イエが生き返る可能性はあるのかなと思います。

ゾロとサンジはドレーク、ページワンと戦うかと思っていましたが、このままだとオロチと対峙してしまいそうですね。

さすがにルフィは間に合わないと思うので、錦えもん、アシュラ童子、イヌアラシがオロチと戦い、ゾロはドレーク、サンジはページワンと戦うといった感じになるかなと予想しています。

ついにオロチとの戦いが始まりそうな次の展開を楽しみにしましょう!

・・・

以上となります。

※「ワンピース」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ワンピース」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ワンピース最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク