かぐや様は告らせたい137話のネタバレ&感想!明かされる白銀会長の過去

2019年5月16日

スポンサーリンク

今回の記事では「かぐや様は告らせたい」の第137話についてネタバレと感想をお届けさせていただきたいと思います。

この「かぐや様は告らせたい」第137話の見どころは何と言っても白銀会長の診断結果です。

大きな病気ではないかと心配する四宮ですが、果たして診断結果はどうなのでしょうか?

また明かされる白銀会長の過去にも注目です。

では早速「かぐや様は告らせたい」第137話のネタバレについて見ていくことにしましょう。
(5月9日発売のヤングジャンプ23号掲載)

※「かぐや様は告らせたい」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「かぐや様は告らせたい」第137話のネタバレ

※前回はコチラ!
第136話:四宮の辛い記憶

大きな病気ではないかと心配する四宮を、早坂が病室の外で慰めている中、診断結果を告げられる白銀会長。

「恋の病だね。」いつかの四宮が言われたセリフでした。

「なんて言うかだね。 恋煩いによる睡眠不足、、、キスを迫られて失神。一言で言うなら
そうだね。やっぱり恋の病だね。」と言われ、その診断結果に白銀会長は「死にたい」と呟いてしまう。

今回は点滴を打ったら家に帰っても大丈夫となった白銀会長。

「何か辛いことがあったら吐き出していいよ」と言われた白銀会長は語り始めるのだった。

母が希望した幼稚園受験の失敗、小学校受験の失敗等、想像以上に重い話が出てきた事に、医者も戸惑いながら聞き慰めています。

そんな白銀会長が変わり始めたきっかけは全生徒会長等に相談してからでした。

アドバイスを受け「虚勢を張ってみよう」と変わり始めた白銀会長は大きな社会的仮面を被り続けていた。

四宮がキスしたのも「頑張る白銀会長」に対してのもので、「きっと自分は、四宮の運命の相手ではない」

そんな病室内の話を、四宮と早坂は聴診器を壁にあて聞き耳を立てていた。

結局、臆病なのはお互い様で、早坂は「どうするんですか かぐや様」と聞く。

四宮は静かに語りだし「私は会長の頑張る姿が好き。だけどそれがすべてじゃない。
会長につたえなきゃ」と四宮は思うのだった。

・・・

第137話は以上となります。

※「かぐや様は告らせたい」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次に感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「かぐや様は告らせたい」第137話の感想

白銀会長の過去が明らかになりましたが、虚勢を張り、大きな社会的仮面を被り続けていた白銀会長。

そんな過去が四宮に聞かれたことによって、今後の展開はどうなのでしょうか。気になりますね。

普段頑張っている子が急に弱さを見せる一面にグッとくる女性は多いと思いますが、四宮も同じでしたね。今後の展開に注目です。

・・・

感想は以上になります。

※次の第138話はコチラ!
第138話:心を隠さない関係性

無料で読める!

以上で「かぐや様は告らせたい」第137話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「かぐや様は告らせたい」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「かぐや様は告らせたい」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!
※本ページの情報は2019年10月時点のものです。
ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「かぐや様は告らせたい」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「かぐや様は告らせたい」の最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク