ダイヤのA act2 第165話のネタバレ&感想「それでこそ」青道打線の加速器

2019年5月15日

スポンサーリンク

今回の記事では「ダイヤのA actⅡ」第165話(5月8日発売の週刊少年マガジン2019年23号掲載)のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の第165話の見どころはやはり小湊の打席です。

監督に発破をかけられて打席に立ちます。

では、早速「ダイヤのA actⅡ」第165話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「ダイヤのA actⅡ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ダイヤのA actⅡ」第165話のネタバレ

※前回はコチラ!
第164話:「光射す」凌ぎ切った先に

降谷のボールがミットに収まります。

スピードガンには155Km/hが記録されています。

実況 「三者連続――!!」

実況 「この試合早くも10個目の三振を奪いました――」

降谷は5回を終えて10個目の三振と好調に投球を続けます。

観客 「おぉ・・・自己最速!?」

観客 「いや・・球速以上のものがあるよ降谷の球は!!」

観客達は降谷のボールに歓声を上げます。

沢村 「そうでなきゃな」

沢村はベンチから降谷の投球を嬉しそうに見ていました。

5回裏

一死から倉持が四球を選びます。

塁に出た倉持はすかさず二塁へ盗塁を決めます。

そして、打席には小湊が入ります。

八弥王子投手は守備に助けられながらも1点に抑えてきましたが、

かなり神経が削られていることが表情から見て取れます。

と、ここで二塁へ牽制球をいれます。

八弥王子は倉持の大きいリードを見逃さず警戒をします。

そして、ライト浅め、ファーストはライン際を閉めて、セカンドは深めの守備位置と右方向をかなり警戒します。

小湊 (多少の揺さ振りじゃビクともしない・・・)

小湊 (状況に応じた準備と確認がチーム全体に行き届いている・・)

観客達はこの戦況で戦略を予想しあいます。

観客 「つか小湊2番なのにほとんどバントしないよな」

―――・・・

片岡 「試合の流れを頭に入れた打者としての亮介は青道打線の潤滑油として欠かせぬ存在だった」

片岡 「亮介と同じ技術をお前に求めるつもりはない」

試合前の練習で片岡は小湊に話しかけます。

片岡 「お前には基本バントのサインは出さない」

片岡 「チャンスメイクだけでなく点の取れる1・2番」

片岡 「それがお前達に期待することだ」

メジャーでは出塁率・長打率の高い強打者を2番に置くチームが多く片岡は小湊に同じものを要求します。

片岡 「お前はそのバットで青道打線の加速器となれ――」

小湊は川端の頭上を越す打球でヒットを放ちます。

・・・

第165話のネタバレは以上となります。

※「ダイヤのA actⅡ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ダイヤのA actⅡ」第165話の感想

この試合の降谷は絶好調ですね。

見てて安心出来るほど安定しています。

このままの調子で今後も投げてほしい所です。

そして、1点止まりの青道打線も倉持、小湊の連続出塁で追加点が期待できそうです。

膠着した試合展開を青道が動かすのかはたまた八弥王子が耐え切るのか今後の展開に期待が高まります。

・・・

「ダイヤのA actⅡ」第165話の感想は以上になります。

次の第166話はコチラ!
第166話:「サマーエンジェルズ」打線爆発

無料で読める!

以上で「ダイヤのA actⅡ」第165話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「ダイヤのA actⅡ」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「ダイヤのA actⅡ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ダイヤのA actⅡ」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ダイヤのA actⅡの最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク