関東 大雨予報!警報にも要注意で被害を最小限に!ニュースを常時チェック

スポンサーリンク

4月17日未明から18日にかけて、関東で大雨予報が出されています。

大雨警報にも十分警戒して、今後のニュース報道をチェックする必要があります。

では、関東の大雨予報について見ていきたいと思います。

※関連記事はコチラ!
>>「避難勧告とは?避難指示との違い&出たらどこに避難?

関東 大雨予報!警報にも要注意で被害を最小限に!

今回の関東の大雨予報ですが、4月17日の夜から4月18日にかけて、雨が全域に降って局地的に大雨になる地域もあると予想されています。

また強い寒気を伴った低気圧の影響によって、急な激しい突風や竜巻なども起こる可能性があるそうです。

また大気が非常に不安定なため落雷にも十分注意してください。

今回の大雨予報について動画がありましたのでご覧ください。

コチラです。


(ツイートより引用)

この動画を見ると、ツイートで言われているように確かに4月18日土曜日の昼頃が関東全域で大雨のピークを迎えそうです。

気象庁発表の情報では、4月18日土曜日の午後6時くらいまでの予想の24時間降水量として、最大、東海で250ミリ、関東甲信では200mミリ、東北では120ミリです。

また東北の方ではこの雨の影響はその後も続くと予測されていて、18日土曜日以降の24時間でも100~150ミリくらいは降るとされています。

また局地的な雨も予測されていて、1時間あたり50ミリ以上にも及ぶ激しい雨が降るエリアもあるであろうと言われています。

さらに4月18日土曜日にかけての最大予測風速は、関東甲信で23メートル、東北では20メートルなどです。

またこの強い風の影響もあり、東日本の太平洋側では高波にも十分警戒が必要だそうです。

さらにこの状況を受けて、地域によっては低い土地への浸水や土砂災害、また河川の増水などもあるので随時、警戒するように言われています。

関東 大雨予報!ニュースを常時チェック!

関東で4月18日土曜日にかけて大雨が予測されていますが、現在、新型コロナウイルスの影響で外出自粛がされているので出先での大きな被害は最小限に食い止められると思います。

緊急事態宣言の対象エリアが7都道府県から全国に拡大した効果もあるでしょう。

しかし、自宅にいるとはいえ低い土地などのエリアでは床下浸水なども可能性があるため、今後の大雨警報やニュースなどを随時チェックしてください。

関東 大雨予報!警報!世間の反応は..

今回の関東での大雨予報について、世間の反応を見てみましょう。

(ツイッターより引用)

まとめ:関東 大雨予報!警報にも要注意で被害を最小限に!ニュースを常時チェック

関東の大雨予報に関する情報、そして世間の反応もご紹介させていただきました。

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が叫ばれていて、外出率もかなり減っているため、自宅で過ごされている方が大半だと思いますが、関東地域では大雨情報や警報等に十分注意して過ごしてください。

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※関連記事はコチラ!
>>「避難勧告とは?避難指示との違い&出たらどこに避難?

※これやばくね?な記事が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「おもしろ記事一覧」

スポンサーリンク