火ノ丸相撲の第242話ネタバレ&感想「また、やろう」鬼丸と小関

2019年6月4日

スポンサーリンク

この記事では「火ノ丸相撲」242話(ジャンプ最新刊2019年26号 5月27日月曜日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

今回の「火ノ丸相撲」242話の見どころは鬼丸と太郎太刀の試合です。

太郎太刀は全力で鬼丸に向かっていきます。

では、早速「火ノ丸相撲」242話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」242話のネタバレ

前回はコチラ!
第241話:「鬼丸国綱と太郎太刀信也」ライバル

太郎太刀 (潮に・・・がっかりされたくない・・・!)

太郎太刀 (見てくれ!潮!!)

太郎太刀 (強くなった俺を!!)

太郎太刀は高校で鬼丸と出会ってから勝ち方勝利する喜び、

そして勝負の本当の意味を教わったことを思い出します。

太郎太刀 (辛抱だ・・・相手を良く見ろ・・・)

太郎太刀 (勝機は訪れるもっと・・・慌てさせろ!!)

太郎太刀は鬼丸の手を叩きます。

鬼丸との実力差をしっかり把握しつつも組み合わない押し相撲ならではの「まさか」に賭けます。

太郎太刀 (伝えるんだ土俵で・・・!)

太郎太刀 (俺の全てを・・・ぶつけろ!!)

追い諸手突き――撃砕――

鬼丸 (ワシも見てたよずっと・・・あの時部長が・・・)

鬼丸 (部長がワシに火を入れてくれたから・・・部長が信じてくれたから・・・)

鬼丸 (土俵の上でまた会えた!!)

二人はお互いがそれぞれにお互いの存在のおかげで今がある事を思います。

何か一つでも違えば二人は土俵にはいなかった。

太郎太刀 (俺の押し相撲を真っ向から受け止められた・・・)

太郎太刀 (お前ならなれるよ・・・)

太郎太刀 (なれよ”横綱”に)

太郎太刀が土俵の外へ押し出されます。

太郎太刀 「もう口利いてもいいよな」

鬼丸 「強くなったな・・・お互いにまたやろうぜ!」

太郎太刀 「結婚式には呼んでくれよなぁ・・・潮ぉ!」

鬼丸 「うへへ!わかったよ!」

二人はこみあげてきた言葉を涙ながらに語り合います。

そして、千秋楽結び

13勝1敗の刃皇が土俵へと上がります。

相対するは6勝8敗の草薙

刃皇が勝って優勝・引退か又は鬼丸との決定戦か

全てはこの一番に託されます。

・・・

第242話は以上となります。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「火ノ丸相撲」242話の感想

鬼丸は数々の強敵を乗り越え何とか2敗で食い止めましたね。

そして、小関との対決にも見事勝利しました。

実力差はあったとはいえお互いの想いがぶつかり合った一番でしたね。

そして、千秋楽結び!

草薙には何とか一矢報いて決定戦までもつれ込まさせてほしいですね。

覚醒した鬼丸と刃皇との一番も非常に気になります。

刃皇が勝って引退するのか草薙が一矢報いるのか来週以降の展開にも期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

次の第243話はコチラ!
第243話:「土俵の上に人間は」全盛期、大和大国

無料で読める!

以上で「火ノ丸相撲」242話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「火ノ丸相撲」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「火ノ丸相撲」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「「火ノ丸相撲」最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク