彼女お借りしますのネタバレ第91話&感想!小百合さんへのそれぞれの想い

2019年5月29日

スポンサーリンク

今回の記事は「彼女、お借りします」の第91話(5月22日発売の週刊少年マガジン2019年25号掲載)のネタバレと感想をお届けいたします。

残された時間はあとわずか。

その夢を壊すことはできません。

でもその想いは和也には重すぎます。

和也のおばあちゃんも千鶴にその想いを託します。

これも千鶴にとって重すぎるもの。

ふたりはどこへ向かうのでしょう。

・・・

では、早速、第91話を見ていくことにしましょう。

※「彼女、お借りします」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「彼女、お借りします」第91話のネタバレ

※前回はコチラ!
90話:レンカノを超えたドラマが…

「私、おばあちゃんに、「別れる」って、言いたくない」

千鶴の決意に満ちた表情から、今回の物語は始まります。

振り返る和也の顔。

驚いた顔。

「水・・・原?」

そう、前回、ふたりが恋人同士であると、嘘をついたままではいけない!

きちんと正直に小百合おばあちゃんに話そうと決意し走り出そうとした和也を千鶴が引き止めたのでした。

和也は混乱します。

どうして・・・?

小百合ばーちゃんには時間がないのに・・・

何故言いたくないのか。

和也は千鶴に尋ねます。

少し間をおいて千鶴が重いくちを開きます。

小百合ばあちゃんが和也のことを気に入っていると、

おばあちゃん、自分がいなくなると千鶴がひとりぼっちになると心配していると・・・

和也の脳裏にその手を強く握り、深々と頭を下げる小百合ばあちゃんの姿が蘇ります。

「どうか ちづるを・・・・

 よろしくお願いします」

千鶴が続けます。

今際の際に、彼氏と別れたという悲報を伝えたところでなんにもならない・・・と。

和也が目を見開きます。

緊張とも焦りともとれるような複雑な表情・・・

下を向いて少し間をおいて、今度は和也が切り出します。

「で・・・でも・・・」

「付き合ってないだろ・・・?

 俺たち・・・」

重いひとことです。

千鶴が少しの間、和也を見つめます。

すっ と歩き出しながら、千鶴。

「ええ、そうね」

「だ、だったら

 やっぱりこれ以上嘘なんて・・・っ!」

そのとき、背中を向けたままの千鶴が、

「お願い・・・」

もうとっくに、ただの「嘘」ではない。

「いいじゃない」

おばあちゃんの思い出の中では、千鶴に「素敵な人」が見つかったって・・・

振り向きざまに長い黒髪をなびかせ、少し悲しげな微笑みをたたえながら千鶴が言います。

「それでいいじゃないっ」

和也の時間が止まります。

先に戻ると歩き始める千鶴。

和也はため息をつきながら座り込みます。

俺は一体どうすれば・・・

本当にそれでいいのか?

俺だって小百合ばーちゃんを悲しませたくはないけど・・・

病院の廊下の隅に座り込んだまま、がっくりうなだれたり、

頭をぐしゃぐしゃしながら声をあげてみたり、和也、かなり混乱しています。

場面は変わって病室へ。

二人のおばあちゃんの会話ははずんでいます。

あははっ

ひゃひゃひゃ

かたや千鶴と和也は、

「・・・・・」

会話はありません。

とりあえず帰ることになり、和也がタクシーを止めに行きます。

千鶴とおばあちゃんのふたりきり・・・

何か言いたげなおばあちゃん。

千鶴はうつむき加減で黙っています。

「千鶴さん」

そういいながら差し出した右手には、例の婚約指輪が!

「これなんじゃが・・・」

ここで?

このタイミングで?

それを出す??

千鶴の表情も崩れます。

「だっ、ダメです。

 受け取れません」

さすがの千鶴も焦ります。

そんな千鶴へおばあちゃんが言います。

「小百合さん

 悪いんじゃろ・・・?」

「え・・・?」

驚きと悲しみと・・・入り交じる千鶴の顔。

そして・・・

初めて見せるおばあちゃんの表情。

和さんの憂いのある優しい目。

本当に強い人じゃ、明るく振る舞ってはいるが、小百合さんの顔を見れば分かる

・・・

そして、

もしものときは千鶴に身寄りがなくなること。

お金に困れば質に入れてもいい。

無理に指にはめなくてもいい。

ただただ、千鶴にこの指輪を持っていて欲しい。

おばあちゃんの、和としての願いなのです。

その想いの深さゆえに戸惑う千鶴。

帰宅後、それぞれの想いを深い深い複雑な思いを交錯させるふたり。

ふたりの祖母の深い愛情と

そしてその重さに・・・

・・・

第91話は以上となります。

※「彼女、お借りします」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「彼女、お借りします」第91話の感想

今回もとてもとてもシリアスな展開です。

ドタバタも笑いもありません。

おばあちゃん二人は笑ってはいましたが・・・

和也のおばあちゃんは悟っていました。

小百合おばあちゃんのために和也との関係が嘘であったことを知らせたくない千鶴。

千鶴の深い想い。

和也に孫娘を託した、小百合さんの深い想い。

千鶴に指輪を託した、和さんの深い想い。

そう、

和也も

千鶴も

とてもとても重いものを背負ってしまいました。

ただおばあちゃんを少し安心させようと思って千鶴を紹介しただけのはずが、

こんなところまでお話が発展してしまいました。

レンタル彼女とクライアント。

肩書はそんなふたりですが、普通に恋人として付き合っていても

なかなかそうはならないだろうという重い展開になってきました。

今回も和也をいじって楽しむことはできません。

ただただ千鶴の美しさを褒め称えることもできません。

重いものを背負ってしまったふたりに失礼です。

どうか、どうか、

ふたりに良い解決策が見つかりますように!

お願い!

・・・

感想は以上となります。

※次回の第92話はコチラ!
92話:るかちゃんとの誕生日デート

無料で読める!

以上で「彼女、お借りします」第91話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「彼女、お借りします」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「彼女、お借りします」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「彼女、お借りします」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「彼女、お借りしますの最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク