彼女お借りしますのネタバレ第90話&感想! レンカノを超えたドラマが…

2019年5月22日

スポンサーリンク

今回の記事は「彼女、お借りします」の第90話(5月15日発売の週刊少年マガジン2019年24号掲載)のネタバレと感想をお届けいたします。

病院に駆けつけるふたり。

幸い小百合おばあちゃんは大丈夫そう。

でも、時間はあまり残されていなかった・・・

和也は千鶴との関係を打ち明けようと。

でも千鶴がそれを静止する。

驚く和也。

千鶴の真意は・・・!?

・・・

では、早速、第90話を見ていくことにしましょう。

※「彼女、お借りします」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「彼女、お借りします」第90話のネタバレ

※前回はコチラ!
89話:祖母からの贈り物に3人は!?

今回は、病院の前でタクシーを降りる

ふたりの姿からスタートします。

かなり切迫した様子です。

そうです。

千鶴の祖母、小百合おばあちゃんが倒れたとの

連絡が入ったからです。

「行こう!」

和也の緊張感漂う表情とセリフ。

「う、うん・・・っ!」

いつもは冷静沈着な千鶴もこのときばかりは、

不安の色が隠せません。

どうかちづるを・・・

よろしくお願いします。

小百合おばあちゃんの言葉が、

和也の脳裏に浮かびます。

「小百合ばーちゃんっ!!」

心の中で叫びながら、

無事であることを祈りながら、

ふたりは病室へと走ります。

そして病室のドアを開けると・・・

「あらっ、和也くん。ちづるも」

ベッドに座る小百合ばあちゃんの明るい声。

点滴を受けている様子ですが、

表情はとても明るいです。

「へ??」

うわずった和也の表情。

千鶴は目が点になってます。

場面は変わって・・・

「ひゃっひゃっひゃっ。

 さすが小百たそじゃ!」

御大方様の高らかな笑い声。

ふたりのおばあちゃんが楽しそうに会話しています。

三途の河からクイックターンしたとか、

えんま様なんぞ往復ビンタしてやれだとか、

二人のお祖母様の会話がはずみます。

「ごめんなさいね。

 せっかくの誕生日会に水を指しちゃって」

と小百合おばあちゃん。

そして、

千鶴がとっても行きたそうな顔をしていたと・・・

あんな顔されたらたとえお葬式でも行かせると・・・

千鶴さん、慌てます。

「ちょっと、おばあちゃん。何を・・・!」

和也は驚きです。

おどろきが顔にもろに出ます。

千鶴が和也の実家に来たがっていた・・・?

どきどきする和也に、

千鶴の厳しい表情。

じとっと和也を睨みます。

和也くん、

すぐさま心の中で、ごめんなさいと謝ります。

なにはともあれ、小百合おばあちゃんが無事で良かったと

ほっとしたのも束の間。

千鶴がお医者さんに呼ばれます。

「じゃあ ちょっとよろしくね。

 和也さん」

いやはや、なんとも。

ここで千鶴の演技力が冴え渡ります。

千鶴が病室をさると、

おばあさま達が、

ニタ~~~

和也はふたりから質問攻めに遭います。

ラブラブなふたりに心踊るおばあちゃんふたり。

でも、和也は前回、千鶴と自分は別れたと

勇気を振り絞って告知するところでした。

もう終わりにしようと・・・

和也の心は複雑です。

場面は変わって、

診察室らしき部屋。

千鶴と担当医。

先生の顔は深妙です。

千鶴の足元だけが描かれています。

時が止まっているかのようです。

とぼとぼと院内を歩く和也の姿。

複雑な表情の和也。

千鶴のこと。

るかちゃんのこと。

思いが巡ります。

そこへ千鶴が。

うつむき加減で表情を伺い知ることはできません。

明るく振る舞おうとする和也。

千鶴「・・・・・・」

和也「?」

アングルは病院の窓の外から見たふたりを映しています。

「悪いって・・・」

「おばあちゃん

 かなり悪いって・・・」

今度は和也の時が止まります。

表情が固まります。

もうそんなに時間は残されていない・・・

和也の体が、

心が震えます。

「平気か?」

「?、だから平気じゃないって」

「水原は・・・

 大丈夫か・・・?」

決意を秘めたような和也の表情。

千鶴は言います。

病名を聞いたときから覚悟はできている。

おばあちゃんのためにできることは全てやってきた。

これまでの千鶴の言葉が、表情が思い出されます。

演技の練習の為のレンカノ。

銀幕に立つ姿をおばあちゃんに見せたい。

それが私の夢・・・

和也の決意が、いま固まりました。

振り返って走り出します。

どこへ行くのかという千鶴の声に、

和也がしっかりとした強い口調で答えます。

小百合おばあちゃんに、

自分たちの関係が偽りであることを伝える。

これ以上、千鶴に迷惑は掛けられない。

嘘をついたままではいけない・・・

少し困惑したような千鶴の表情。

そう、和也に今できる誠意はこれくらいしか・・・

歩き出す和也の袖を千鶴の手が静止します。

「待って・・・ 

 待ってよ・・・」

少し振り返る格好の和也の向こうに

美しい千鶴の姿があります。

真剣な眼差しを湛えて・・・

そして決意に満ちた表情で

「私・・・

 言いたくない」

「・・・・え?」

・・・

第90話は以上となります。

※「彼女、お借りします」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「彼女、お借りします」第90話の感想

慌てて病院に駆けつけてみたら、

本人は至って元気だった・・・

ありがちな展開ではあります。

ふたりのおばあちゃんの屈託のない会話。

とても楽しそうで、心地よくさえ思えます。

でも、千鶴は担当医から、

小百合おばあちゃんの時間がもう長くはないことを

知らされます。

おばあちゃんに、

銀幕に立つ自分の姿を見せることが夢。

そんな千鶴には辛い現実です。

でも千鶴は気丈に振る舞います。

そんなとき和也は・・・

今回の和也は、

表情をあれこれ壊しながら右往左往している、

優柔不断な冴えない青年ではありません。

覚悟を決めた。

決意を込めた。

男気のある行動に出ようとします。

でも、千鶴がそれを止めます。

和也の袖を掴んで止めるところがとても可憐です。

レンカノとしてのS級美少女の姿はそこにはありません。

大好きな祖母を想う、

ひとりの女性が決意を込めた表情で立っています。

「言いたくない」

このセリフに

千鶴の小百合おばあちゃんへの

深い愛情が込められているように感じます。

次回、千鶴は和也に胸の内を話すのでしょうね。

そのとき和也はどうするのでしょう。

そしてふたりの関係はどのように展開していくのでしょう。

次回のお話しだけでなく、

更に先の物語へと続く、

とても大切な場面ではないかと思います。

今回は、おふざけコメントはできないですね。

とても考えさせられるストーリー展開でした。

・・・

感想は以上となります。

※次回の第91話はコチラ!
91話:小百合さんへのそれぞれの想い

無料で読める!

以上で「彼女、お借りします」第90話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「彼女、お借りします」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「彼女、お借りします」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「彼女、お借りします」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「彼女、お借りしますの最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク