テラフォーマーズのネタバレ216話&感想!イワンと「祈る者」との対決!

2019年3月23日

スポンサーリンク

この記事では「テラフォーマーズ」の第216話のネタバレ&感想をお届けいたします。

今回の登場シーンとしまして、シーン1「イワンと祈る者(インヴォーカー)の対決」、シーン2「米軍司令官の苦慮」、シーン3「テラフォーマーの建築群」に大別されます。

・・・

早速、第216話についてみていくことにしましょう!

※「テラフォーマーズ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「テラフォーマーズ」の第216話のネタバレ

<シーン1> イワンと祈る者(インヴォーカー)の対決
イワンがおもむろに「祈る者」に向かって言い放ちます。

『帰れると思ってンのか?』、『映ってねーぞ?そのカメラ』。

「祈る者」は背中を急激に隆起させ、身体中を拘束していたイワンの蔓をブチっと切り捨てます。

しかしイワンは『蔓を切られても痛みが無い』、『俺は〝植物型〟』と思考します。

イワンは「M.O.手術」の中でも一際特異なベースであり、ダメージはありません。

「祈る者」がイワンへ襲い掛かりますが、巧みに再び蔓で拘束したイワンは言い放ちます。

『俺が持って来たあの素材な。実はカメラじゃねェんだわ』

〝ズドォン〟

次の瞬間、「祈る者」の胸には大きな風穴が開いてしまっています。

『「祈る者」など・・・「いなかった」ってな』、『ターゲット・・・排除』。

イワンは、カメラと見紛う秘密兵器で「祈る者」を打ち倒したのです。

<シーン2> 米軍司令官の苦悩

米軍司令官へ部下が告げに来ます。

『今のところ目立った動きはありません』

米軍司令官は語句を荒げて告げます。

『そんな呑気な報告は必要ねぇ』、『いいか・・・ッ!!わかっていると思うが、ヤツらを甘く見るな』。

そして人類に言い聞かせるように言い放ちます。

テラフォーマーの『その「生存能力」と「戦闘力」を!』、『決して甘く見るなッ!!!』。

現在、南鳥島、種子島、鹿児島の3つの島がテラフォーマーに占領されている状況です。

南鳥島は自衛官、種子島には民間人の研究者、鹿児島には一般市民が多く人質として捉えられています。

米軍司令官は部下に告げます。

『この際非難は米軍がいくらでも浴びよう』、『南鳥島だけ条件を下げろ』。

米軍はテラフォーマーが南極か南鳥島から出る動きが少しでもあれば、即座に質量兵器で対処することを決定した瞬間です。

<シーン3> テラフォーマーの建築群
突然、それは現れました。

鹿児島、種子島、そして南鳥島において、今まさに造られている巨大建築物。

スパイ衛星で監視していた軍人は、決して油断していた訳ではありません。

逆に、テラフォーマーの戦闘力は十二分に警戒していたはずです。

それでもほんの一瞬目を離した隙に、巨大建築物は造られてしまっていたのです。

テラフォーマーは10mを2秒台で走り、片手で飛行機を持ち上げ、軍用の糸を指から生産する者もいます。

そして全員、その巨体で飛び回ることができるのです。

米軍司令官はポツリと呟きます。

『それを「戦力」ではなく「労働力」として使えば、こうなる訳だ・・・』

そして、『なるほど甘く見ていた。火星で人型に進化したゴキブリ・・・「テラフォーマー」か・・・恐ろしい生物だ』と痛感したのでした。

・・・

第216話は以上となります。

※「テラフォーマーズ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「テラフォーマーズ」の第216話の感想

この「テラフォーマーズ」216話は、イワンと「祈る者」との対決が注目ポイントでした。

イワンの蔓による拘束攻撃に対して「祈る者」が反撃を試みますが、イワンがその上手を取って反撃する様はカッコ良過ぎです。

非常に緊迫感が漂っていた対決は、意外な武器をもって「祈る者」を倒してしまいます。

この傲慢で狡猾な〝秘密兵器〟にはさすがに驚かされました。

しかし、「祈る者」がそう簡単にはやられてしまうとは思えませんがどうでしょうか。

米軍司令官が「南鳥島だけ条件を下げろ」、つまり南鳥島の自衛官(人質)は見捨てろとの結論に至りますが、軍人としてはとてもシンプルな判断基準に思えます。

まさに戦時中の「転進」の極意です。

それにしても、ほんの一瞬目を離した隙にテラフォーマーに巨大建造物を造られてしまいましたが、彼らのスペックを考えれば当然の結果と言えます。

それよりも、常に米軍隊員らがスパイ衛星で監視していたはずですので、建造を見逃していたとなれば明らかに職務怠慢と言えましょう。

鹿児島の巨大な塔、種子島の人面岩、そして南鳥島のピラミッドには、どれも度肝を抜かれるシーンです。

軍人らは、火星で人型に進化したゴキブリ(テラフォーマー)に対し、明らかに甘く見過ぎていたようですので、今後気を付けてもらいたいものです。
「テラフォーマーズ」216話の感想は以上となります。

・・・

感想は以上となります。

無料で読める!

以上で「テラフォーマーズ」の第216話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「テラフォーマーズ」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「テラフォーマーズ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「テラフォーマーズ」の他の巻のあらすじも読みたい!
コチラをクリック >>>「テラフォーマーズのあらすじ!」

スポンサーリンク