スーパームーンはいつ起こる?明るさや大きさは?動画あり!

2014年11月28日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

スーパームーンってご存知でしょうか?

スーパームーンとは、月が普段よりも大きくしかも明るく見える現象です。

月は楕円形の軌道を描いて地球の周りを回っていますが、地球に最も近づく時期と満月の時期が重なるタイミングがスーパームーンで、普段よりも116%大きくなり、130%の明るさになります。

想像しただけでその大きさや明るさがイメージできるような気がしませんか。。。

2014年はこのスーパームーンが実は3回もあるんです。
7月13日、8月11日、9月9日です。
1年で3回もあるのはめずらしいそうですね(*゚▽゚*)

そして「エクストラスーパームーン」と言って、大きさが最大になるのが8月11日の午前3時頃だとか!

この記事を書いているのが8月11日で既にスーパームーンは過ぎていますが、見ることができた地域もあるそうで早速動画もアップされていました!
後ほど、この動画をシェアさせていただきますね(*゚▽゚*)

ƒuƒ‰ƒWƒ‹‚Ì–žŒŽ

このスーパームーンはほぼ毎年あるそうで次回は2015年の9月28日です。

しかし、今回のような「エクストラスーパームーン」は2034年までお預けだそうで・・・
まあエクストラではなくても普段よりも大きく見えるスーパームーンは9月9日にも見れるので機会があればぜひ見てみましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は月が小さくなることもあり、月が地球から最も離れるともちろん小さく見えます。
2014年の1月16日には月が最小になったそうで、この最小の月と最大の月を比較しためずらしい画像があります。
国立天文台のサイトにあるものでおもしろいので見てみましょう。
こちらの画像です。

最大と最小の月
「最大と最小の月の比較 国立天文台「ほしぞら情報2014年8月」より」

めちゃくちゃ分かりやすいですね。
同じ月がこうも違って見えるんですね・・・

月ってときどき赤く見えたり少し大きめに見えたり、普段と違った様子は時折見かけますが、動いている天体ですから当たり前ですね。
また地表の状態なども影響するでしょうし、その瞬間、瞬間の月の姿はその時しか見ることのできない貴重な瞬間なんですね。

では最後に8月11日に撮影されたスーパームーンが早速アップされていましたのでご覧ください。

たしかに通常の月よりは大きくて明るく見えますね。
次回は9月9日なのでこの9月のスーパームーンはぜひぜひ見てみたいですね(*゚▽゚*)

皆様も機会がありましたらぜひ普段よりも大きめの月を見て宇宙の神秘を垣間見てはいかがでしょうか?

最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございましたm(_)m

・関連記事はこちらまで♪「スーパームーンが2014年9月にも!時間はいつ?
・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク