ハイキューのネタバレ最新343話&感想!小さな巨人達。

2019年4月9日

スポンサーリンク

この記事では「ハイキュー!!」の第343話 (ジャンプ最新刊17号3月25日発売)のネタバレについてお届けいたします。

前回の第342話では、月島によって星海の「びっくりタイム」も早期に終了しました。

元小さな巨人の宇内の「1本止められてから…」発言で締められたのですが、果たして今週の星海は活躍できるのでしょうか?

・・・

では、早速ハイキュー第343話について見ていく事にしましょう。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ハイキュー!!」の343話のネタバレ

※前回はコチラ!
第342話:烏野の理性。互いが天敵!

最初のコマは1枚の家族写真で、星海の家族が写っています。

背の高い父と兄、そして背の低い星海です。

ネット越しに睨みあう星海と月島。

そこに監督が「浮かれ鳥~」と星海に向かって野次を飛ばしますが、星海にも心当たりがあるのか、ギクリとします。

意味は落ち着けとの事です。

月島兄は星海が高校の時の宇内に似ていると発言し、宇内は自分はそんなに凄かったのか、ユースにイケるかと問います。

しかし宇内は「俺も自分が強いと思ってました」と意味深な発言をします。

東峰のサーブを白馬オーバーでなんとか上げ、野沢がトスを上げますが、ネットから離れた位置に飛んでしまいます。

今度も月島がブロックのタイミングを合わせて飛びますが、星海は月島のブロックの指先に当て、ブロックアウトを成功させます。

宇内は星海がブロックアウトが上手いと思っていたようですが、その事で冴子に怒られてしまいます。

日向は自分も何度か狙ったことがあったので、悔しそうにします。

チームメイトも星海の技術を見て、熟練感があると言いますが、中学時代は強豪校の控えだったようです。

星海がバレーを始めたのは小学校2年生の時で、兄の呪縛から逃れたかったようです。

リビングで兄とバレーを見ていますが、兄も星海もボールの行方を見失います。

母親と一緒にバレーを見に来た星海は、親子でその迫力に息をのみます。

兄が星海にネットから手が出るのかと聞き、星海は助走すればと答え、星海はリビングで実際に助走をして照明に触れて見せますが、母親に怒られてしまいます。

再びバレーの試合を兄弟で見ますが、兄は前回と同じようにボールを追うことが出来ず、星海はボールの行方を追うことが出来るようになっていました。

体育館で兄とその友達を見つけた星海の友達は、デカい、かっこいいと褒めます。

星海の兄もアタックを打たしてくれと言いますが、星海はアタックには助走のステップやタイミングが難しいと拒絶しますが、身長が高いので簡単に決めます。

星海は母親とアイスを食べながら、自分が小さい事を嘆きますが、母親は「遺伝?」と答えます。

小さいと大きい奴に勝てないと言う星海に母親は、大きくなる確かな方法は無いけど、強くなる方法はたくさんあると伝えます。

影山のサーブを星海が上げ、その瞬間前に走り出します。

そして諏訪はその星海ではなく白馬に上げ、白馬もキチンとスパイクを決めます。

白馬はレギュラーですが、バレーは高校から始めたようです。

影山のサーブを上げただけではなく、そのまま攻撃に加わったことに澤村と宇内も微妙な表情を浮かべます。

星海の放ったサーブは強烈で、東峰はレシーブしますが、そのまま鴎台コートに返ってしまいます。

上林がなんとか上げ、星海がフォローに入りながら、白馬に上げると指さします。

そしてそのトスは、ユースの合宿の時と同様に、影山もかんぺきと言ってしまうほどにキレイなサーブです。

烏野もブロックを3枚付けますが、白馬はブロックの上からスパイクを決めて見せます。

白馬はスパイクが打ち易いトスに悔しさを滲ませます。

白馬は「ナイストス」と渋々伝え、星海は「だろ?」と物理的には見上げながら、精神的には見下ろします。

宇内は月島兄に独白します。

中学、高校でも県内で通用していて、エースの自覚があった事。

しかし、全国で上に行くと、相手はより大きく、より早く、より賢くなり、小さい代わりに技術で勝負すると思っていた事。

世界は平等で平等じゃない事。

昼神は星海のプレーが全部上手いと褒め、星海は全部練習しているからと言います。

自分より大きい、強いものに出会って初めて、自分は小さく弱いと自覚するのですが、星海は昔から自分が弱い事を知っていると呟いたところで今週は終了です。

・・・

第343話は以上となります。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ハイキュー!!」の343話の感想

今週はタイトルが「小さな巨人」でした。

それは星海と、宇内の二人を指していたと思うのですが、月島兄にした宇内の独白が宇内が大学生になった時にバレーを辞めた理由かもしれません。

そして、星海もユースに呼ばれるだけの実力がようやく発揮されつつあるように思われます。

まだまだ他のチームメイトの実力も不明な状況ですので、これから烏野が追い込まれる展開になりそうなのですが、次号は休載のようですので、再来週を楽しみに待ちたいと思います。

・・・

感想は以上となります。

次の第344話はコチラ!
第344話:一歩づつ目標へ。

無料で読める!

以上で「ハイキュー!!」の343話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ハイキュー!!」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ハイキュー」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ハイキュー最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク