ハイキューのネタバレ最新366話&感想! 日向がいったん退場し..

スポンサーリンク

この記事では「ハイキュー!!」の第366話 (9月21日発売の週刊少年ジャンプ2019年43号)のネタバレについてお届けいたします。

前回の第365話では、風邪による発熱から倒れてしまった日向。

平気だと言い張る日向を武田先生が諭し、なんとか日向は納得します。

・・・

では、早速ハイキュー第366話について見ていく事にしましょう。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ハイキュー!!」の366話のネタバレ

※前回はコチラ!
第365話:コートに倒れこむ日向

倒れた日向の元へ応援席から嶋田が降りていきます。

「翔陽をまかせたよ」

田中姉はコートを見据えながら言い

「烏野を頼むぞ」

嶋田は応援をみんなに託します。

「波乱の無え“春”があるかい」

病院のベッドの上で烏養元・監督が呟きます。

会場は日向の退場に悲観的な意見が出ますが、影山は違います。

「「うちのスパイカーはちゃんと皆強い」ですよね?」

以前菅原に言われた言葉を影山は全員の前で言います。

烏養コーチは選手時代にセッターは詐欺師みたいに思っていたようで、片方のエースに「託す」と伝え、もう片方の裏エースにも同じことを伝えていたからのようです。

それでも、誰よりもストイックな影山の言葉に、烏野メンバーは奮い立つと信じています。

烏野は円陣を組み、澤村が気合を入れ、控えも、清水も、客席も応えます。

その後の表情は全員が落ち着き、その烏野を見て鴎台も「…“流れ”なんか無い」と呟きます。

退場した日向に谷地さんが着替えるように伝えて別の準備に走ります。

そこには観客席から離れた研磨が「ともだちを励ましにきた」と降りてきます。

涙が溢れそうになる日向は研磨に「試合見れるようにできる?」と聞き、研磨も「ウン 貸しに来た」とタブレットを差し出します。

成田のスパイクは鴎台のブロックに叩き落されてしまいますが、誰が止めたのかは解説は気づいておらず、「鴎台のだれかがまた止めた」言われるのが強さの証と誇らしげです。

嶋田がタクシーを捕まえようとする中、泣くのを我慢している谷地の顔が怖いと日向は言います。

再度影山は成田にボールを上げ、今度は見事にスパイクを決めて見せます。

その後は星海がジャンプサーブを決め、お返しとばかりに東峰がジャンプサーブを決め、一進一退の攻防が続きます。

鴎台は選手を2人交替して、攻撃力と防御力を上げるシフトに変えてきます。

その分析を行う日向に、谷地は「…コートに居る…」と思います。

試合は進み、田中が超インナークロスで鴎台から点をもぎ取ります。

木兎は烏野が鴎台からなんとか点を獲っていたが、一度ブロックを分断して見えた景色から、ブロックをブチ抜くイメージを与えたと分析します。

22対22の同点で、烏野は影山のサーブ。

鴎台は「1本で切る…!」と気合を入れ、試合を見ながら鷲匠監督は「自分が居ないコートから目を逸らすな」と日向へ心の中でメッセージを送り、日向もタブレットから目を逸らさずに焼きつける場面で今週は終了です。

・・・

第366話は以上となります。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ハイキュー!!」の366話の感想

自ら退場し、病院に向かう日向ですが、以前選抜に勝手に参加した時の様に試合を見ながら学習するのは、まだまだ強くなるのかとわくわくします。

そして今までは日向が切り開いて試合に勝ってきたのですが、今回は日向が示した道で烏野メンバーが切り開いていっている様に感じます。

まだまだ同点で予断を許しませんが、日向がいなくても鴎台に勝ってくれることを期待して今週の感想を終了します。

・・・

感想は以上となります。

次の第367話はコチラ!
第367話:烏野の春が終わってしまい..

無料で読める!

以上で「ハイキュー!!」の366話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ハイキュー!!」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ハイキュー」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ハイキュー最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク