ハイキューのネタバレ最新335話&感想「夢中」でみんな夢の中。

2019年3月3日

スポンサーリンク

この記事では「ハイキュー!!」の335話「ネガティブ限界突破」 (ジャンプ最新刊9号1月28日発売)のネタバレについてお届けいたします。

先週は赤葦の復活と木兎が会場を味方に付けたことによる盛り上がり、桐生のネガティブ思考の突破によりブロックを弾き飛ばすスパイクで終わりました。

今週のタイトルは「夢中」

センターカラーで、表紙は谷地仁花ちゃんが買い出しリストを持って寒空の中微笑んでいるイラストです。

そんな仁花ちゃんに癒されつつ、早速ハイキュー第335話のネタバレについて見ていく事にしましょう。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ハイキュー!!」の335話のネタバレ

※前回はコチラ!
第334話: ネガティブ限界は誰が突破!?

今週のスタートは木兎の中学校時代の回想からスタートします。

小学校時代に所属していたチームで言われた「“楽”じゃなく“楽しい”を考えて」

そして中学校時代のランニング中には張り切る木兎の後に続いていたチームメイト達が近道をして、その姿を消し、そんなチームメイトを探しながらも木兎は坂道を走ります。

場面は試合中に戻り、サーブを失敗してしまいます。

これで得点は12対12となります。

研磨も絶好調だったのにねーと呟きますが、木兎が考えていたことは別の事でした。

疲れた…!バレーって疲れる…!!

会場の全員が思ったのは「でしょうね!!!」

そんな木兎の一言に試合中に表情を変えない桐生もつい吹き出してしまいます。

そして上がったトスを、先週と同じようにブロックを吹き飛ばすスパイクで得点をもぎ取ります。

ただ先週と違うのは。猿杙が飛び込んでなんとかレシーブを上げた事です。

木兎がスパイクを打とうとしますが、後ろからの打ち辛い2段トスとブロック3枚に黒尾も心配です。

しかし木兎も上手くリバウンドを決めて仕切り直します。

そこで赤葦の回想。

赤葦が練習中にリバウンドを行い失敗したのを見逃さなかった木兎。

リバウンドの内容を聞いて「何ソレ教えて!!!」と後輩である赤葦にお願いをします。

そんな木兎の発言に赤葦は驚き、木兎に対して疑問をぶつけます。

地味なリバウンドを木兎が行おうとすることに疑問を持ったのです。

そして冒頭の小学校時代のクラブチームのコーチが言っていた「“楽”じゃなく“楽しい”を考える」の言葉を赤葦に伝えます。

ブロックされんのも レシーブミスんのも サーブミスのも バテんのも 楽しくない。

全部決めたい 全部拾いたい 全部勝ちたい。

そんな木兎の言葉に赤葦は「…全部は無理じゃないでしょうか…?」と律義に考えます。

木兎さんの言う「楽しい」というワードは その響きと裏腹にすごく困難な事に聞こえた。

赤葦がそう思った後に時間は試合に戻ります。

良いトス寄越せよ赤葦ィ!!

そんな木兎の言葉に赤葦はネットの端に向かいオープントスを上げます。

「…「決まる」と思った 「決めてほしい」じゃなく「決まる」と。

マネージャーがそう思いながら木兎のスパイクが決めると思いながらページをめくると、3枚付いたブロックの上を超えるプッシュで、コート前に見事にボールを落とします。

ボールを見送る狢坂の選手、コート外から見ている狢坂の選手全員が青筋をたてます。

赤葦や全日本の監督も笑うしかありませんし、会場を先週と同じように沸き立ちます。

疲れていてもまだ遊んでいるようだと感じる桐生。

続いても木兎のサーブに、先ほどの笑顔から緊張に包まれ、真剣な眼差しになる木兎。

強烈な木兎のサーブを何とか上げる狢坂、ボールが乱れます。

そんな乱れたボールの下に素早く助走で入る桐生・

ソレ打つの。

黒尾も研磨も驚きます。

苦しい事、辛い事、怖い事、敗北の恐怖、他人の評価を考えていた桐生の回想。

ただこの試合に限ってはそんな事を考えている余裕もなく、木兎に付いて行き、バレーボールをする事で精一杯だと思いながら腕を振り切り、スパイクを打つ桐生。

ここで今週のハイキューは終了です。

・・・

第335話は以上となります。

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ハイキュー!!」の335話の感想

今週のタイトル「夢中」は、木兎と桐生の二人の為のタイトルだったように思います。

最初の回想シーンで、チームメイト達が近道したのに何も言わず坂道を上ったのも、バテんのが嫌なので走り続けたのでしょう。

そして木兎に引っ張られるようにして振り切った桐生は、試合中でも笑う事や、今までとは違い、ただバレーボールをする事に夢中になっています。

ついに3本の指と5本の指の打ち合いになった試合ですが、良い所で次週に続いてしまいました。

桐生のボールが打ち下ろされたのが木兎の方向なのかも気になりつつ、ハイキュー第335話の感想とネタバレを終了したいと思います。

第335話の感想は以上となります。

次の第336話はコチラ!
第336話:バケモノたちの行くところ

無料で読める!

以上で「ハイキュー!!」の335話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ハイキュー!!」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ハイキュー」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ハイキュー」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ハイキュー最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク