東京卍リベンジャーズのネタバレ87話&感想!稀咲がひそかに内通者を!?

2019年3月23日

スポンサーリンク

今回の記事では「東京卍リベンジャーズ」87話のネタバレと感想をお届けいたします。

稀咲は千冬とタケミチに俺と組まないかと持ち掛けます。

そして稀咲は、ブラックドラゴンのボスについて行動を知るために内通者をブラックドラゴンに派遣していることをばらします。

カラオケボックスで内通者から話を聞き出そうとすると、なんとブラックドラゴンの丸井がやってきて内通者を連れていってしまったのです。。

では、早速、11月21日発売の週刊少年マガジン51号掲載の「東京卍リベンジャーズ」87話を見ていくことにしましょう。

※「東京卍リベンジャーズ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「東京卍リベンジャーズ」87話のネタバレ

※合わせて読みたい!
86話:タケミチがとんでもない決意を!

稀咲は千冬とタケミチにオレと組まねえか?と言いだした。

稀咲も八戒を止めたいという。

千冬がそれを聞いて怒ります。

見え透いたこと言うな。俺らがテメェと組むわけねれだろうと言ったのです。

稀咲は【じゃあ千冬とタケミチはどうすんだ?」と聞いてきました。

三ツ谷がブラックドラゴンと交わした和平協定がある限り、他のトーマン幹部は絶対ブラックドラゴンを相手に争わないことになっています。

それに、千冬とタケミチ二人で潰せるほどブラックドラゴンは甘くはありません。

「今マイキーは弱ってる。最近力をつけてるブラックドラゴンをここで潰しておきたい。」

千冬は皿を割って破片を稀咲の喉元につきつけて脅す。

「マイキーじゃねえだろ。マイキー君な。いくら隊長でもテメェは俺らとタメなんだ。調子こいてんじゃねえぞ。」

今度は半間が現れてタケミチの喉元にナイフを突きつけ脅す。これで互角である。

「内輪揉めはご法度だろ?テメェらが破んならオレも暴れちゃうぞ。」

以前から稀咲とはそりが合わなく何かがあればいつ戦いになってもおかしくない状況相手です。

しかし、千冬は稀咲の喉に向けていた手を下ろしました。

そして、テメェらと組むメリットは?言います。

稀咲は、ブラックドラゴンの中に内通者を送り込んであるといってタケミチと千冬に会わせます。

カラオケボックスで内通者と会いました。

稀咲は意外に策士です。

その内通者は大寿の動きを話し出します。

するとそこに怒った顔をした九井が現れました!

九井は「拷問する」といって手下に内通者を連行させたのです。。

そして九井は稀咲に「どうする?」と聞きました。

稀咲が争うつもりはないと言って五万円を見せます。

九井は「10万だ」と言います。

「10万でテメェらの知りてえことを教えてやる。」と。。

稀咲は金を渡しました。

稀咲が「大寿が一人になる時が知りてえ。」と言うと九井は金を数えてから話し出しました。

ボスが一人になる時はない。常に兵隊を5人は連れている。ただし、1日を除いて。

大寿はクリスチャンで12/25はひとりということらしい・・

12月25日の夜は毎年必ず教会に礼拝に行く。

稀咲は、情報としてはそれで十分だと言います。

九井は「たとえ一人でもボスは強ぇぞ。テメェら4人で勝てんのか?クリスマスが楽しみだな。」と言いました。

九井はそういって去ろうとします。

タケミチは、なぜ大寿を裏切るのかと聞きました。

九井は俺は強い奴が好きなだけだと答えます。

もっと知りたければあと10万用意しろと言って帰ったのです。

ブラックドラゴンも1枚岩ではない。。スキがあれば上を狙っている輩がいる。。

稀咲は、大寿を襲うためだけに1人になる時を知りたかったわけじゃないという。

それは、八戒に大寿をころさせないためだと言う。

八戒が大寿を襲うなら一人になるクリスマスの夜しかないと読みます。

これで八戒を止められると安堵しました。

タケミチは少し驚く「稀咲・・・その為に動いたのか?」と聞くと、稀咲は「仲間を助けるために動いて何が悪い?」と返します。

そして稀咲はタケミチ、千冬、半間に向かってここにいる4人で八戒を止めて、大寿を潰す!と自分の本音を説明したのです。

しかしタケミチは稀咲を信用してはいません。

一体何を企んでいるのかと怪しんでいるのです。。

87話はここまでとなります。

88話につづきます。

※「東京卍リベンジャーズ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「東京卍リベンジャーズ」87話の感想

稀咲と言う人間がわからないですね。

あれだけタケミチは稀咲を敵対していて心を開いていない相手です。

稀咲にも、千冬とタケミチは日頃の行動をみれば組めないことが明白にわかるはずです。

しかし、それを飲み込んで千冬とタケミチと組みたいと申し出るんです。

そして、重要な情報である内通者をブラックドラゴンに入れていることまで千冬とタケミチに話してしまいます。

他の信頼おける仲間を使った方がより確実ではないでしょうか?

稀咲にとって千冬とタケミチはやはり特別な存在なのでしょうか。

今回、情報をもらうためとはいえ、カラオケボックスに千冬とタケミチを同行させて内通者に情報を聞き出すだけでもどうかなと思います。

なにか、千冬とタケミチを誘った他の目的があるのではないでしょうか?

千冬とタケミチの目的を知っていて、媚をうって千冬とタケミチをうまく利用しようとしているのかな?と思いましした。

千冬とタケミチは、八戒を助けたい気持ちがありブラックドラゴンをつぶそうと考えますが、つぶすのではなくボスを仕留めようと考える稀咲の考えに乗ろうとしています。

確かにどんなに強くても2名ではブラックドラゴンに勝つことは不可能です。

それより、ブラックドラゴンのボス、大寿を狙うのが確かに確実ですね。

普段、護衛である兵隊と行動しており一人になる時を狙うのです。

そうすれば八戒も止められます。

ここで、12/25に大寿が一人になる時を狙って潰したとしてもそれで八戒はあきらめるのでしょうか?

根本的解決にはなっていないと思います。

もう少し八戒の話を聞いて動いた方がいいような気もします。

また、八戒が大寿を狙う可能性もあり、12/25に行動をするのは少し無理があるかな?とも思いました。

しかしもし稀咲の作戦が上手くいったとしても、大寿を潰すだけで八戒は納得するのでしょうか。。

人の思いは、複雑である程度自分でなしえないと満足できなこともあります。

今回はそのいい例で、周りの者たちが八戒の思いの行動をしますがそれで本当に八戒は満足なのでしょうか?

私の個人的見解ですが、大寿がやられることはいいのですが自分が介入してないところで起こってもそれは実感がわかないような気がします。

また、自分の気持ちも納得しないと思います。

ここは、やはり八戒も絡めて行動すべきだと思いますが、次週以降の展開が気になりますね。

感想は以上となります。

最後に・・

以上で「東京卍リベンジャーズ」87話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「東京卍リベンジャーズ」の最新話を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「東京卍リベンジャーズ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「東京卍リベンジャーズ」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「東京卍リベンジャーズ最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク