不滅のあなたへのネタバレ9巻&感想!ウラリス王国の王子を救え!!

2019年3月23日

スポンサーリンク

この記事では「不滅のあなたへ」9巻のネタバレ・感想をお届けします。

前回の「不滅のあなたへ」8巻では100年の時を経てフシはカハクと共にウラリス王国へたどり着きます。

ウラリス王国の王子、ボンシェンによってフシはベネット教にボンシェンと共に捕らえられてしまいます。

しかし、フシは能力で鉄の檻を破壊して脱出し、ボンシェンを助けに行くことになります。

2人は無事にベネット教の魔の手から逃れることはできるのでしょうか。

早速ネタバレと感想を見ていきましょう。

※「不滅のあなたへ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「不滅のあなたへ」9巻のネタバレ

自らの能力でボンシェンをフシは助けますが、ボンシェンは残ることを伝えます。

ベネット教のサイリーラはボンシェンがフシのことを悪魔の使いであることを民衆に知らしめることを目的にしてボンシェンを捕まえたので、檻にいないとウラリス王国の民が危険に晒されるため残ることを決めました。

ボンシェンの覚悟を聞いたフシはボンシェンの他に囚われていたトドを救い、後にします。

フシは脱出した檻にトドそっくりの人形を置いていたので、トドが死んだと錯覚していたサイリーラにボンシェンはフシがやったことと告白します。

しかし、最後にフシを庇ってしまい、処刑されてしまうことになります。

処刑を覚悟していたボンシェンを前にボンシェンにしか見えないフェンとニクソンがボンシェンを励まし、最後まで傍にいることを誓います。

そして迎える処刑の時、ギロチンがボンシェンに振り落とされた瞬間、サイリーラを含むベネット教の教徒全員が気を失ってしまいます。

それでも処刑は執行されていたので、ボンシェンは処刑されてしまいました。しかし、フシの計らいによってボンシェンは生きていました。

フシはボンシェンが処刑される寸前にトナリが持っていた日記から最強の眠り薬を作成しました。

その眠り薬を鳥であるリガードになってばら撒き、教徒たちが眠った瞬間にボンシェンを救い出すことができました。

そして、処刑の場にはボンシェンを模した人形を置きカムフラージュしていました。

命を救われたボンシェンでしたが、ウラリス王国では死んだとされていたのでボンシェンの友人、ハルマキ男爵として姿を変えました。

そして、ボンシェンはトドがボンシェンが恋をしていた相手であるアイリスということを理解してしまいます。

それでも2人は結ばれます。

その後、フシはボンシェンとの別れを惜しんでいる中、カハクが自分の左腕にあるノッカーを倒そうとして、怪我を負っていました。

そしてカハクにいるノッカーは自力で文字を書き始めました。

フシはノッカーの目的を明らかにしました。

ノッカーは人の体から魂を分離させることを目的としていました。

また、ノッカーが次に狙うのはベネット教本山とわかり、フシは多く人の姿を変えながら戦います。

なんとかノッカーを退けますが、ウーロイ、グーグー、シン、パロナ、リガードの記憶と姿を失ってしまいました。

失った記憶を取り戻すためにフシはノッカーが逃げた先の沼で戦いますが、苦戦してしまいます。

その時にフシを救ったのは観察者が作った不死身の馬でした。

ノッカーに勝つために感覚を広げる必要があると観察者にアドバイスを受けたフシは感覚を研ぎ澄ましてノッカーを倒します。

後を追いかけてきたボンシェンに3ヵ月で船を生成できるようになれるようフシを船の上に預けます。

一方、ボンシェンは次に狙われる王都レンリルへ出向き、王女と共にノッカーと戦うことを約束していました。

中々、上手くいかないフシは息抜きに街へ出かけます。

そこで見つけた真っ黒の男の子と女の子を匿います。男の子は死んでしまいますが、女の子をエコと名付けます。

エコによって自分に足りないものに気が付いたフシは様子を見に来たカハクとボンシェンが驚くような状態になっていました。

それは自分で作った蔓で船を覆い、森を作っていたのです。

・・・

第9巻は以上となります。

※「不滅のあなたへ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「不滅のあなたへ」9巻の感想

フシやカハク、ボンシェンが一回り成長していた9巻でした。

この巻でボンシェンは身も心も大きく変わります。ベネット教によって処刑され、亡くなっていることになっているボンシェンは容姿を大きく変えます。

それは以前のようなきらびやかな恰好ではなく、紳士といえるような格好になっていました。

ハルマキ男爵となったボンシェンは少し動きにくそうと思ってしまいました。

王子ではないので自由なことはできず、気になっていたアイリスに会うのも一苦労を強いられていました。

そして、ボンシェンの人望を窺える一面も見られました。

それはボンシェンの葬式でした。ウラリス王国ではボンシェンが生きていることは秘密となっており、民衆はボンシェンが死んだばかりに思っています。

そのために葬式を行うのですが、多くの民衆がボンシェンのために泣いていたのでボンシェンの人望の厚さがわかりました。

また、カハクは自分が背負っていたノッカーを倒すために自分に刃を向けますが、失敗に終わります。

しかし、ノッカーはカハクやフシのために力になるべく行動していきます。

敵であるノッカーがフシに味方するとは思っていなかったので正直驚きでした。

そして、ノッカーを使い戦うカハクはその代償として体の半分がノッカーに侵食されていると見間違う状態になります。

ここまでして戦うのはフシに対する謝罪の現れなのかと思いました。

最後にフシは多くの人の記憶を失いながらもノッカーと戦い続けます。

自分のために死んだ人たちの想いを背負って戦うフシは失うものが多すぎて負担がかかっているように見えました。

それでもノッカーを倒すために戦うフシは凄いと思ってしまいました。

そして、フシが助けたエコは助けることを拒絶していた街の人々に人を助けることに人を支配することではないと物語っていました。

新たな成長のために船を生成するべく動き出したフシは果たして目標としている3ヵ月までに船を生成することはできるのでしょうか。

この続きが非常に楽しみで仕方ないです。

※次の10巻はコチラ!
10巻:~更新中~

・・・

感想は以上となります。

無料で読める!

以上で「不滅のあなたへ」第9巻のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「不滅のあなたへ」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「不滅のあなたへ」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「不滅のあなたへ」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「不滅のあなたへ」のネタバレ!

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク