同期のサクラ1話のネタバレ&動画(見逃し)今どきではない新人が登場!

2019年10月10日

スポンサーリンク

この記事ではドラマ「同期のサクラ」の第1話のネタバレについてお届けさせていただきます。

また「同期のサクラ」の全話の動画(見逃し配信)が無料で視聴できる方法についてもお伝え致します。

さて、この「同期のサクラ」は2019年10月より放送される高畑充希さん主演のドラマです。

大手ゼネコン女性社員の入社から10年間の軌跡について描かれた物語です。

では早速、みていくことにしましょう。

どうぞ!

※「同期のサクラ」の全話放送分が無料で見れます!

興味がある方はコチラ↓

>>「同期のサクラ」を無料で見る!

「同期のサクラ」第1話のネタバレ

ある病院のベッドで人工呼吸器につながれ意識不明の女性がいた。

この女性の名前は北野桜(高畑充希)。

この桜の状況を聞いて、会社の同期の百合(橋本愛)と菊夫(竜星涼)、葵(新田真剣佑)、、そして蓮太郎(岡山天音)が駆け付けました。

なぜこの4人だけだったかと言うと、桜の携帯にはこの4人の名前しか登録されていなかったからです。

この4人の思いは一緒でした。

サクラがいない世界で生きていても仕方がない…と。

物語はここから10年前にさかのぼります。

・・・

2009年の春。

サクラ(北野桜)は、入社式への参加のために急いでいました。

サクラが入社した会社は大手ゼネコンの花村建設。

なんとか入社式には間に合いました。

さて、サクラは超マイペースな性格で入社式から早速、周りを驚かせます。

なんと会社の社長(西岡德馬)の入社式のスピーチに対して「話が長い..」というびっくりするようなKYな発言をしたのです。

人事部長の黒川(椎名桔平)はそんなサクラをなんとかフォローして場をとりつくろいます。

・・・

入社式の後、3週間の新人研修がありました。

この研修の最終課題として出されたのが日本の未来に残す建造物の模型づくりでした。

そして、サクラは班のリーダーに選抜されます。

この課題の出来栄えによって、新入社員たちの今後の配属先の決定に影響するものでした。

サクラと同じ班になったのは次の4人でした。

クールでありながらもしっかりと場の空気を読む性格の百合、社長を目指している超野心家の葵、応援部の出身という熱い魂の持ち主の菊夫、そして残りの3人とは違いマイナス思考の持ち主の蓮太郎。

サクラは、この同じ班の4人のメンバーを親睦会に誘いました。

この親睦会でサクラは、みんなから志望の部署を尋ねられます。

するとサクラは、どうしても土木部に入りたいといいました。

その理由としては、サクラの故郷である離島に、本土との橋を架けたいからでした。

そして、サクラを含む5人のメンバーで記念写真を撮影後、サクラはすぐにその場を後にして帰ってしまいました。

クールなのか熱いのか、まったくとらえどころがない周りに合わせない超マイペースなサクラの言動に4人のメンバーは戸惑いを隠せませんでした。

・・・

親睦会があったその夜、サクラは故郷の美咲島にいる祖父の柊作(津嘉山正種)に手紙を書いて、FAXをしました。

サクラの気持ちは、自分の大きな夢である故郷と本土をつなぐ橋の建設に向いていました。

これから会社で出会った仲間とこの夢を実現させるんだ!と胸の高鳴りを感じていたのです。。

・・・

翌日より、サクラと他のメンバーたちは、厳しい新人研修に臨むことになりました。

人事課の火野すみれ(相武紗季)がビジネスマナーや現場研修などを指導しました。

この厳しい指導の中、メンバーたちは慣れないこともあり疲労困憊します。

しかし、その中でサクラはまったくそんな空気を読まずに最終課題である建築の模型作りの打ち合わせをしようと話しました。

そんな中、この課題に対するメンバーたち意見はまとまらずにバラバラでした。

サクラはそのような中でも、あるアイデアを出したのです。

それはサクラの夢である自分の島に架ける橋の建設はどうかと。。

サクラは早速、スケッチした絵をみんなに見せますが、まるで子供が落書きしたようなものだったのです。

アイデアはサクラのものを採用し、デザインは設計志望の蓮太郎がまかされることになりました。

蓮太郎のデッサンはサクラに何度か差し戻されますが、最終的にサクラの理想のものになります。

そして早速そのデザインを元にみんなで模型をつくり、完成させることができたのです!

・・・

サクラがなぜ故郷と本土をつなぐ橋をかけたがっているのかというと、サクラが幼いころ、母親が島では治らない病気にかかり、台風の日で船が欠航しているにもかかわらず、サクラの父親は船を出しました。

そして船が沈んでしまってサクラの両親は亡くなってしまったのです。

そんなこともあり、サクラは島のためにも本土とつなぐ橋をどうしても架けたかったのです。

・・・

さて、ようやくみんなで完成させた模型ですが、サクラはその模型に欠陥を見つけてしまいます。

故郷の積雪に耐えうる耐荷重がない!と。

でも発表は明日のため、今から作り直したら間に合いません。

それでもサクラはみんなで力を合わせれば成せる!とやり直そうとしました。

すると、百合はとうとうブチ切れてしまいます。

「いいかげんにしてよ!今までみんな気を使ってあんたにつきあってあげていたのに!」

「いつまでも自分の信念だけで仕事できるとは思わないで!大人になるということは上司やクライアントのわがままにもつきあわなきゃいけないの!」

「私たちはあんたのこと、仲間だとは思っていないし。たまたま同期でたまたま同じ班になっただけだから」と

きつく言い放ったのです。

百合に言われたサクラはそのまま帰ってしまいました。。

・・・

翌日、それぞれの班が発表していましたが、サクラが時間になっても来ませんでした。

昨日、百合がきつい一言を浴びせてショックで来ていないんだ。。とみんなは思っていました。

そんな中、社長(西岡德馬)と人事部長の黒川森雄(椎名桔平)がサクラの班が作った模型を見に来ました。

社長と黒川は「すばらしい出来だ。でも、、ちゃんと耐荷重は考えているのかな?」とつっこんできたのです。

そして黒川がその模型の耐荷重をチェックしたのですが、やはり弱かったのです。

するとそのタイミングでサクラがやってきました。

なんと新しく作った橋の模型を持って。

サクラは一晩中かけて1人で新たに耐荷重を考えた模型を作り上げていたのです!

そしてサクラはその新しい模型と取り換えて、黒川にチェックしてもらったのですが、しっかりと耐荷重は設計されていたのです。

・・・

研修が無事に終わり、後日、新人たちの配属先が発表されました。

蓮太郎は設計部。

葵は都市開発部。

菊夫は営業部。

百合は広報部。

・・・ということで、サクラ以外のみんなは希望の部署に配属になりました。

最後に、サクラの配属先が発表されました。

サクラは…いったん人事部で預かることになったのです。。

入社式から数々の問題を起こしてきたサクラは、人事部に目をつけられていて、保留になってしまいました。

故郷の島と本土に橋をかけるために土木部に希望していたサクラ。。

でも、サクラはまだまだその夢をあきらめていなかったのです。

・・・

時は10年後の2019年。

入院中のサクラを同期の百合たちが囲んでいました。

サクラは脳挫傷のために意識の回復が難しい状況でした。

そんなサクラを同期の4人は見ながら10年前の回想にふけっていたのです。。。

・・・

第1話は以上となります。

※キャスト情報についてはコチラ!
キャスト情報について

※「同期のサクラ」の全話放送分が無料で見れます!

興味がある方はコチラ↓

>>「同期のサクラ」を無料で見る!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「同期のサクラ」第1話の感想

第1話ではサクラの周りを顧みずにひたすら突っ走る元気な姿が大胆に描かれましたね。

あまりにも無表情すぎて少しこわかったですが。。(笑)

でも笑うとかわいかったので許せますね。

出る杭は打たれる。。ではないですが、、、

できる限りまわりに合わせて会社の意向に沿った動きが尊ばれることが多いのが日本の社会、会社だと思います。

そんな日々に少し疲れた視聴者が、サクラのようなひたすら自分の想い、行動を信じて突っ走っていく女性の姿を見ることで元気になれる。。

そんな第1話になったような気がします。

いったん人事部で預かることになったサクラですが、果たして希望の土木部には配属されるのでしょうか。。

今から第2話が楽しみですね。

・・・

感想は以上となります。

※次の第2話はコチラ!
第2話:営業部長との思わぬ騒動に..

「同期のサクラ」を無料で見る!

以上で「同期のサクラ」の第1話のネタバレと感想の考察を終わらせていただきます。

ドラマ「同期のサクラ」の放送分すべてが無料で視聴できるってご存知ですか?

※「同期のサクラ」の全話放送分が無料で見れます!

興味がある方はコチラ↓

>>「同期のサクラ」を無料で見る!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※最終回・結末についてはコチラ!
最終回のネタバレ!

※視聴率が気になる方はコチラ!
視聴率速報!

※キャスト情報についてはコチラ!
キャスト情報について

※こちらもぜひご覧ください!
コチラをクリック >>>「同期のサクラ」の全話ネタバレ!

※人気ドラマが盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気ドラマ一覧」

※第1話について放送前に予測・考察していた前バージョンです。ご参考までに!

~第1話予測バージョン~

この物語は、大手ゼネコン会社のある女性社員の入社から10年間の軌跡を描いたストーリーとなります。

では第1話のあらすじについて、予測・考察を交えながらお届けしていきたいと思います。

・・・

物語は2009年の春からスタートします。

大手ゼネコン会社「花村建設」。

この花村建設で毎年恒例の入社式が開催されました。

緊張した顔が初々しい新入社員たちの中で1人だけ田舎者丸出しの女性がいました。

この一風変わった女性の名前はサクラ(高畑充希)。

サクラは胸に熱い想いを秘めてこの入社式に出席していました。

そしてサクラは自分の夢をこの時に堂々と宣言したのです。

サクラの故郷は本土から離れた離島だったので、その離島と本土をつなぐ橋を建設することが夢でした。

この夢を入社式でみんなの目の前で堂々と発表したのです。

今どきの新入社員としては実にめずらしい人材ですが、一方の周りの同期たちはそんなサクラの行動に対して冷めた冷たい目で見つめていたのです。

・・・

入社式の初日からトップギア全開で駆け出しているサクラ。

そんなサクラの夢にかける熱い想いや行動はなえることなくずっと突っ走っていきます。

しかし、早速、いろんな障害や邪魔、大きな壁などにぶち当たります。

社内の同僚や上司、そしてお客さんとの人間関係や、会社のルール・規律、慣習、などなど旧態依然とした体制や冷めた同期たちの視線など、サクラが置かれた環境は1人の社員が熱い想いだけで突っ走れる状況ではありませんでした。

どうして分かってくれないんだ?

何のためにみんなはこの会社に入ったの?

自分の理想と現実のギャップにショックを受け、早速、挫折のトラップにはまってしまう。。

・・・

第1話はこのような感じで展開するのではないでしょうか?

熱い想いを持つサクラの猪突猛進な姿を描きつつ、現実の冷めた環境も対比させて、サクラの一度めの挫折の経験..くらいまで描かれるかな?と予測してみました。

以上がこの「同期のサクラ」の物語の概要となります。

※最終回・結末についてはコチラ!
最終回のネタバレ!

※視聴率が気になる方はコチラ!
視聴率速報!

※キャスト情報についてはコチラ!
キャスト情報について

※こちらもぜひご覧ください!
コチラをクリック >>>「同期のサクラ」の全話ネタバレ!

※人気ドラマが盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気ドラマ一覧」

スポンサーリンク