ドメスティックな彼女第243話ネタバレ&感想!柊からの呼び出し…!?

スポンサーリンク

今回の記事では「ドメスティックな彼女」第243話(9月2日発売の週刊少年マガジン2019年40号掲載)のネタバレと感想をお届けいたします。

前回の242話 では、陽菜は自分の気持ちに嘘をつけなくなってしまい、夏生との同棲をやめることにしました。

夏生は陽菜の元カレ、柊に喫茶へ呼び出されましたが、その内容とは…!?

・・・

では、早速、243話を見ていくことにしましょう。

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ドメスティックな彼女」第243話のネタバレ

前回はコチラ!
242話:止められない想い…

柊に喫茶へ呼び出された夏生。

陽菜のことで話があると告げられます。

柊は、マスターにルール違反だと言われながらも、もう見ていられないと話しを続けました。

柊が夏生に話したかったのは、陽菜がずっと、夏生と別れてからも夏生のことを愛していたという事実です。

ヨリを戻す気はないと言われ、別れを告げられた時のことを思い出しながら聞く夏生。

夏生に罪悪感を抱かせないように、自分自身も夏生に対して、彼女はもう君を忘れたといったのだと言い出します。

夏生は、全ては自分を想っての嘘だと知り、動揺します。

「君じゃなきゃダメなんだ」

そう言われ、陽菜と別れてから付き合った瑠衣のことも思い出す夏生。

「彼女の想いを汲んで決めてあげてほしい」

柊の気持ち、陽菜の想いを知り、帰りの電車で今までの陽菜との思い出を思い返す夏生。

「そりゃないよ…」

そうポツリと呟くのでした。

一方陽菜は実家に帰り、母と話す陽菜。

夏生の生活は、自分がいなくてもしっかりできていそうだから帰ってきたと伝えます。

気分転換に温泉でも行って羽伸ばしてきたら?という母に、思い詰めたような表情で話し始める陽菜。

「母さん私さぁ…」

その頃瑠衣は、仕事でパスタ担当を任せられることになり、ダニエラと喜びあいます。

チーフに挨拶へ行くと、とても気さくな雰囲気で歓迎してくれました。

瑠衣が春先に作ったまかないのパスタをとても高く評価してくれていたチーフ。

パスタ場に入ると先輩の下について仕事を覚えること、わからないことは直属の先輩に聞けばいいということを伝えられます。

紹介された先輩、それは以前瑠衣、時哉と揉めたあの白人でした。

場面は代わり、空港へ。

渡米してきたのは陽菜でした。

・・・

第243話は以上となります。

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ドメスティックな彼女」第243話の感想

「感想」

夏生もついに陽菜の想いを知ってしまいましたね。

薄々気づいているのでは!?

と思っていましたが、知らなかったという表情でしたね。

柊から陽菜の想いを汲んでほしいと言われ、夏生はどうするのでしょうか。

一方、瑠衣はパスタ場を任されることになり喜んだのも束の間、直属の先輩があの白人で先が不安ですね。

頑張り屋の瑠衣の姿を見て、嫌味な先輩も更正すればいいのですが…。

それにしても波乱の幕開けな気がしてしょうがないですね。

さて、陽菜が渡米し、いよいよ夏生への想いを2人で話し合うのかな、とドキドキな展開になってきましたね。

色んな想いが交差する中、夏生は、陽菜は、瑠衣は、どんな選択をするのでしょうか。

次回もとても楽しみですね

・・・

感想は以上となります。

※次回の第244話はコチラ!
244話:~更新中~

無料で読める!

以上で「ドメスティックな彼女」第243話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「ドメスティックな彼女」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ドメスティックな彼女」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ドメスティックな彼女の最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク