鬼滅の刃のネタバレ158話&感想!ピンチのカナヲの元に現れたのは?

2019年5月27日

スポンサーリンク

この記事では「鬼滅の刃」158話(ジャンプ最新刊25号5月20日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

上弦の弐 童磨と戦闘中のカナヲは怒りに燃えていました。

ヘラヘラしている童磨を冷静に観察しているカナヲ。

童磨の言葉はすべて嘘ばかりだと言い、何の感情も持っていないんだと挑発します。

カナヲの言葉に少し怒った様子の童磨は攻撃を繰り出しますが、カナヲは攻撃をかわし逆に童磨の腹を斬り裂きました。

童磨の動きに適応し始めているカナヲに、今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない。と童磨は感じるのでした。

では、早速「鬼滅の刃」158話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「鬼滅の刃」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「鬼滅の刃」158話のネタバレ

前回はコチラ!
第157話:カナヲvs童磨開戦!!

童磨と対峙しているカナヲは鳥肌が止まらず、指先まで力を込めていなければ体が震えだしてしまいます。

しかし、湧き上がる激しい怒りのおかげで体が熱く、立っていられるのでした。

カナヲは、生まれて初めての感覚に眩暈がする。怒りを通り越してこれは憎悪だ。憎い。よくも殺したな私の肉親を!!と怒りをむき出しにして攻撃をします。

花ノ呼吸 伍ノ型 徒の芍薬

カナヲの攻撃を童磨は「七・・・八・・・九連撃!いいねぇ綺麗だねぇじゃあ俺も!」と言ってかわし、反撃してきます。

血鬼術 枯園垂り

即座にカナヲは反撃。

弐ノ型 御影梅

カナヲの攻撃をよけながら、童磨は冷静に観察します。

そしてカナヲの目が特殊だと見抜きました。

童磨の連撃を全てギリギリで受け流して凌ぐカナヲ。

童磨は、肩・視線・つま先・肘・膝を注意深く見て、僅かな傾きで次の動作を予測するカナヲを「小賢しいうえに並みの剣士ができることじゃない。」と感じます。

「とりあえず目潰しとこ。」と童磨はカナヲの目を狙い扇を振ります。

ヒュンと童磨の扇がカナヲの目の前をかすめますが、カナヲはギリギリよけました。

よけても体勢を崩さずにカナヲは技を繰り出します。

陸ノ型 渦桃!!

その様子を見て童磨は「すごく鍛えられた体幹だね!バネみたい。」と感心します。そして反撃してきます。

血鬼術 凍て曇

童磨は凍らせる雲のようなものを出してきました。

カナヲは咄嗟に片目をつぶり、口に手を当てます。

「目を閉じていなければ眼球が凍ってた。」とカナヲは空中へ飛び上がり回避したのです。

そんなカナヲを、待て待てーと笑顔で追い詰めるようにさらに攻撃を仕掛ける童磨。

血鬼術 蔓蓮華

蓮華の蔓のようなものを空中のカナヲに繰り出します。

しかしカナヲは、自分に向かってくる蔓を刀で斬り落とします。

カナヲはドボンっと水溜りに着地しますが、童磨は次々と技を出してきます。

寒烈の白姫

童磨は2体の白姫を扇から出しました。

白姫はフウゥっと息を吹き、水を氷に変えてしまいます。

カナヲは迫ってくる氷をよけながら、何という広範囲の技。近づけない・・・と攻めあぐねていました。

カナヲが悩んでいる隙に童磨はまた攻撃をけしかけます。

冬ざれ氷柱

カナヲの頭上から大量の氷柱がドドドドを落ちてきます。

左手にかすり傷を負うも、何とかよけるカナヲ。

童磨は「おーい どんどん離れていってるよ。近づかなきゃ頚斬れないでしょう。」とカナヲを挑発しフッと消えたかと思うと、カナヲの手から刀を一瞬で奪ってしまいました。

手に刀を持っていないことに驚き、青ざめるカナヲ。

童磨は「ほらぁ しっかり持ってないからとられちゃった」とニヤリと笑っています。

はいじゃあこれここに刺しとくよ。早く取りにおいで。とカナヲに言いながら、童磨はまたカナヲを攻撃します。

血鬼術 散り蓮華

蓮華の花びらのようなものを一面に振りまく童磨。

迫り来る花びらを前にカナヲは、大量の刃?それとも凍る血鬼術?よく見て判断して・・・見極めて正確に・・・最小限の所を・・・被害が最小限の所を見極め・・・と頭の中で考えます。

しかし、カナヲが思考するよりも攻撃が早く、カナヲの顔は切り傷だらけになってしまいます。

その時、天井にメッとヒビが入ります。

「どぉありゃああああ!!!天空より出でし伊之助様のお通りじゃあああ!!!」と言いながら、天井を突き破って伊之助が降ってきたのです!

空中で技を繰り出す伊之助。

獣の呼吸 伍ノ牙 狂い裂き!!

伊之助はカナヲに迫り来る蓮華の花びらを斬りまくります!

そして「ドンピシャじゃねぇか鴉の道案内はよぉ!!勝負勝負ゥ!!」と言って参戦してきたのでした。

・・・

第158話は以上となります。

※「鬼滅の刃」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「鬼滅の刃」158話の感想

カナヲは憎くて憎くて仕方がない様子ですね。

目の前でしのぶが殺られたのですから当然ですね。

しのぶはカナエの仇を討とうとしていましたから、カナヲは二人分の仇討ちとなるわけですね。

攻撃の連続で目まぐるしいですが、たぶんそんなに時間は経っていないですよね。

攻撃に攻撃で返して・・・を繰り返していますから。一瞬の出来事なんでしょう。

童磨はいいとして、カナヲは疲れないんでしょうか?

いや、でも刀を奪われてしまいましたね!さすがに疲れるし、気も緩んでしまいますよね!

一瞬の気の緩みで絶体絶命のピンチになってしまいました。

もうだめかと思いましたが、伊之助が参戦してくるとは!これで2対1!

力を合わせて童磨を倒すことはできるのでしょうか?

次回も気になります!!

・・・

感想は以上となります。

次の第159話はコチラ!
第159話:伊之助とカナヲは童磨を倒せるか?

無料で読める!

以上で「鬼滅の刃」158話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「鬼滅の刃」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「鬼滅の刃」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「鬼滅の刃」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「「鬼滅の刃」最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク