約束のネバーランドのネタバレ150話最新&感想!兵の自爆で女王が!?

2019年11月9日

スポンサーリンク

ギーラン兵の決死の自爆に巻き込まれた女王はどうなったのか!?

・・・

この記事では『約束のネバーランド』150話(9月13日発売の週刊少年ジャンプ2019年42号)についてお届けしたいと思います。

では、早速見ていくことにしましょう!

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

約束のネバーランド第150話のネタバレ

※前回の149話はコチラ
149話:二匹は殺されてしまうのか!?

「ギーラン王に栄光あれ!!」と捨て身の自爆に巻き込まれた女王ですが、その体には傷の一つもつけられてはいませんでした。

ギーラン兵は五摂家と家族は殺せても王の血は別格なため兵が束になっても敵わないことは想定済みで、爆薬に粘着を仕込んでいました。

まんまと女王はその罠にかかり動けば動くほど絡まってきます。

兵はこの日のためにあらゆる物を食らい、最後はギーランに食べてもらう約束をしていました。

その想いを汲み自爆でバラバラになった兵の屍をギーランは食べます。

そして粘着に絡まっている女王の頭を武器で殴ります。

普通の鬼とは違い硬く面にヒビさえ入ることはありませんでした。

ギーランは今までの憎しみを込めて面が割れるまで何度も女王の頭を打ち砕こうとします。

ようやく女王の面が割れ「地獄で詫びよ」と言い剣で顔にとどめを刺そうとしますが、女王は爪を伸ばし背後からギーランを一撃で仕留めます。

頭だけになったギーランはあまりの一瞬の出来事で何が起こったのかわかりませんでした。

女王はギーランの頭を持ち「義が勝つとは限らぬのよ」と祭場に散らばった死体を見せつけます。

罪なき幼子にまで手をかけたギーランに女王は「700年でよう濁ったのう」と言い、あと少しでギーランが再生できるギーランのあたまを足で踏みつけ殺します。

それを見たイヴェルクは同じ様にギーランの動かなくなった体を踏みつけ高笑いします。

女王は腹が減ったとギーランの頭を食べようとしたその時、銃が打たれ祭場にザジが入ってきました。

・・・

第150話は以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束のネバーランド第150話の感想

女王が圧倒的強さでしたね!

鬼のトップなだけあり一番質の良い物を食べて生きてきたのだから当たり前ですが意外と本質を見抜く目を持っていたことに驚きです。

ギーランの復讐心を上手く使いここまで鬼側を潰したノーマンは本当にある意味恐ろしいです。

最後にザジが登場しましたが、人間が女王にどこまで太刀打ちできるのかが心配なところです。

いろいろ食らって強くなったはずのギーランでさえ拘束して面を剥がすのが精一杯だったのにラムダの実験で超人になっているとはいえ人間が女王に勝てる気がしません。

また何かノーマンの秘策でもあるのでしょうか?

誰も犠牲にならなければいいのですが、エマもまだノーマン説得まで至ってないし次回も波乱の予感です!

・・・

感想は以上となります。

※次の第151話はコチラ!
151話:勝つのは!?鬼か!?人間か!?

無料で見れる!

以上で「約束のネバーランド」第150話について終わらせていただきます。

さてこの「約束のネバーランド」を文章だけではなくてアニメや漫画でも楽しみたくありませんか?

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

※第150話のあらすじについて予測・考察させていただいた前バージョンです。ご参考までに!

~バージョン1:ついに鬼達の戦いは佳境へ!!

エマとレイはどうやって城の内部に入り込むのか!?

一方、鬼の戦いはどんどん過激になる!!

ギーランの部下達はなぜギーランに従うのか!?

女王レグラヴァリマがついに戦う!

果たしてどれほど強いのか!?

そして、ギーランの部下達がとった思いもよらない行動とは一体!?

第150話の予測の前に少しだけ第149話を少し振り返ってみましょう。

149話では、すでに始まってしまったノーマンの計画を止めるためにエマとレイは2人で城へと向かいましたが、どの道もノーマン達によって塞がれていました。

しかし、エマが上にある道に気がつき、レイはそこに自分を台にしてエマを飛ばします。

一方、城の中で戦っている鬼達ですが、
イヴェルクはギーラン達の様子を見て、農園を襲っている賊徒がギーラン達ではなく、別に黒幕がいることに気がつきます。

戦いを見ていた女王のレグラヴァリマはイヴェルクを下がらせ、襲ってきたギーランの部下達を一瞬で殺してしまいます。

女王の攻撃を見た部下達は一瞬怯みますが、昔ギーランが野良落ちした時のことを思い出します。

部下達はイヴェルクに謀叛なんてあり得ないと進言しますが、それによって同罪と見なされ部下達も野良落ちの刑に処されてしまいます。

牢屋であったギーランに撤回するように言われますが、部下達は

「ギーラン様は無実。我ら主君のあらりもせぬ罪を認めるわけにはいきませぬ。」

と言ってギーランと共に野良落ちします。

ギーランの家族は野良落ちの過程で亡くなってしまいましたが、慕ってくれる元領民達が自分達を犠牲にしてくれたおかげでなんとか生き繋いできたため必ず復讐すると誓ってボロボロになりながらも戦います。

別の部下が後ろから近づき殺そうとしますが、女王にはバレていて倒されてしまいますが、部下達は身体にダイナマイトを仕掛けており、

「ギーラン王に栄光あれ!!」

と言いながら自爆します。

・・・

では第150話ではいったいどのような展開になるのでしょうか。

今回はギーランの部下達がなぜギーランを慕っているのか、その部下達の思いが分かり、そして鬼の社会での女王であるレグラヴァリマの強さというものが描かれた回だったと思います。

今回、ギーランの部下達が強さではレグラヴァリマにはかなわないと思っていたのかダイナマイトを使用して自爆しましたが、その攻撃はちゃんと成功しまのか、それとも失敗してしまったのかどうかということが次回以降明かされていくと思います。

しかし、今回の自爆によって今後の状況も変わっていくと思いますし、同じ城の中にエマもレイもいるのだとしても、もしかすると2人は危険な状況になるという可能性もあると思います。

それに、自爆という選択肢はノーマンの頭の中にはなかったかもしれないので、今回ダイナマイトを使用されたということが今後、ノーマンの計画をどれぐらい変えていってしまうのか、それともそれすらもノーマンの計画で予定通りなのかということも描かれていくと思います。

それに今回、鬼の貴族であるイヴェルクが今まで農園を襲ったり、物を盗んでいた賊徒がギーラン達ではなく、別に黒幕がいるということに気が付いてしまったので、もしかすると、ノーマン達の計画のことがバレてしまい、逆にノーマン達が危ない状況に追い込まれてしまうということも十分あり得ると思います。

それに、今回は登場しなかったドンやギルダ、そしてソンジュやムジカが城下で一体何をしているのか、そしてソンジュの狙いも分かっていくと思います。

次回は、エマとレイが今何をしているのか、無事なのかどうかということが描かれていくと思いますが、前回ギルダがエマを呼び止めて何かを話していましたが、一体何を伝えたのか、何か今回のノーマンの計画と関係があるのかどうかというのも描かれると思います。

そして、エマ達が間に合ったとしたら、鬼達に殺されずに話せるのか、その場合、エマが○○(読めない文字)と交わした"約束"の話になると思います。

そしたら、エマが○○(読めない文字)に払わなくてはならない代償(ごほうび)も明かされると思いますし、約束がどこまで有効なのか、そして本当に果たされるのかということも徐々に明かされていくと思います

・・・

以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

スポンサーリンク