僕のヒーローアカデミア最新226話ネタバレ&感想!渡我の本心が語られる

2019年5月15日

スポンサーリンク

この記事では『僕のヒーローアカデミア』226話(ジャンプ最新刊2019年22&23合併号 4月27日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

渡我被身子の過去について、彼女自身について、詳細を知るため気月が仕掛ける。

異常と言われる渡我の本心が語られる…

・・

では早速226話を見ていくことにしましょう!

※「僕のヒーローアカデミア」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

『僕のヒーローアカデミア』第226話のネタバレ

※前回の225話はコチラ
225話:市1番のタワーを目指し..

中学生の頃、事件が起きた。

ある女子生徒が同級生を切りつけ、そのまま逃走した。

被害にあった男子生徒は人望があり、恨まれるような人ではなかった。

また、加害者の女子生徒は優しく、人当たりもよく、こんなことを起こすような人では無かったと言う。

生まれ持った個性。

彼女、渡我被身子は血を飲み変身する力、人一倍、血に興味や憧れが強かった。

まだ彼女が小さい頃、両親が彼女の個性を知り、異常から普通になるよう言い聞かせられて育てられた。

それは個性の抑圧。

自分を押し殺して生き続けた。

気月の攻撃によって、多大なダメージを受けた渡我は、そんな言葉で諭される。

分かったような口ぶりで語る気月に反撃をしようも、ボロボロの体ではまともに立ち向かうこともままならない。

渡我は、気月達の側から距離をとり、前に1度、麗日お茶子の血をストックしていた分で個性を発動させた。

だが、渡我の個性は見た目のみの変身。

その場しのぎの逃げ隠れの一手と思われた。

気月がトドメの一撃を繰り出そうとしたほんの触れた一瞬で、気月の体は空高く浮き上がっていく。

見た目だけでなく、個性が使える、そんな新たな自分の力。

今まで警察やヒーローから追われる日常の中で培った周囲への敏感さ、それが麗日の個性発動の使い方を知っていた。

空高く持ち上がった気月の体は、地面に強く叩き潰され、渡我は一目散に姿を隠した。

・・・

第226話は以上となります。

※「僕のヒーローアカデミア」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』第226話の感想

同情してしまうような渡我ちゃんの過去…

社会にとって受け入れ難い個性。

はじめは言いつけを守るように必死に自分を隠していたなんて..

そんな姿を想像すると胸が痛くなります。

そしてお茶子ちゃんの個性が発動するというなんとも震える展開!

これは…使う個性によっては、かなり戦力になるのでは…?

凄いすごい!と胸熱くなるシーンでした…!

ただ体は瀕死の状態に近いので、解放軍の力、侮れないですね。

他のメンバーはどう太刀打ちするのか、次回が楽しみです!

・・・

第226話の感想は以上となります。

次の第227話はこちら!
227話:次のターゲットは..

無料で読める!

以上で「僕のヒーローアカデミア」第226話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「僕のヒーローアカデミア」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「僕のヒーローアカデミア」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「僕のヒーローアカデミア」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「僕のヒーローアカデミア最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク