僕のヒーローアカデミア最新237話ネタバレ&感想!自分の過去が甦り..

2019年8月6日

スポンサーリンク

この記事では『僕のヒーローアカデミア』237話(ジャンプ最新刊2019年35号7月29日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

死柄木弔としての出生。

それは、オールフォーワンにとってどんな存在なのか。

彼が与えた思念は、1人の青年の人生を変えたとも思える。

今まで内に秘めてた 自分の感情への抑えが消えた時、また大きな変化を見せる。

・・

では早速237話を見ていくことにしましょう!

※「僕のヒーローアカデミア」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

『僕のヒーローアカデミア』第237話のネタバレ

※前回の236話はコチラ
236話:初めて破壊に触れた1日

自分の個性によって無くなった家族という居場所。

様々な感情が入り乱れ逃げるようにその場から去っていった。

行く場所もなく、ただただ街を彷徨うだけだった。

通り過ぎる人々の喧騒の中、流れを逆らうように
異様な雰囲気が蠢く。

その異質と思われる様子に皆、見て見ぬふり。

声をかけてもそそくさとその場を立ち去って行く。

自分の感情が高まるのと同じように体の痒さが広がっていく。

彼はただ、助けを求めていた。

そんな彼に手を差し出したのは警察でも、ヒーローでもなく、死柄木弔の親といえるオール・フォー・ワンであった。

今までの生活で当たり前のように抑えてあった衝動。

本来、社会に出る立場として抑制された感情はオール・フォー・ワンによって塗り替えられていく。

体が求める破壊衝動を抑える必要が無くなった。

その1歩を踏み出す力を与えた家族の手は死柄木弔の思念を消さないように肌身離さず持ち歩くこととなった。

随分と奇怪な格好だが、死柄木にはひどく落ち着く要素となった。

今の自分の生い立ち、それがこの戦いによって全てが思い出された。

気持ちを制御するために与えられたしがらみは..

もう必要としなくなった。

・・・

第237話は以上となります。

※「僕のヒーローアカデミア」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』第237話の感想

当たり前のように手を差し伸ばす人間が少ないのは、ある意味ヒーローが身近な存在だからこその出来事なのだろうか。

たまたま、運悪く彼の前にヒーローが来ることは出来なかった。

それがこんなにも人生に大きく変化が出るだなんて当たり前といえば当たり前なのですが、複雑なものです。

今回の件で過去を思いだし、ここから死柄木がどのように変わっていくのかはまだ想像もつかないですが、きっと彼にとって大きな一歩だとおもいます!

・・・

第237話の感想は以上となります。

次の第238話はこちら!
238話:市柄木の力の解放!

無料で読める!

以上で「僕のヒーローアカデミア」第237話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「僕のヒーローアカデミア」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「僕のヒーローアカデミア」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「僕のヒーローアカデミア」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「僕のヒーローアカデミア最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク