ブルーロックのネタバレ1巻&感想!新生サッカー漫画、始まる!

スポンサーリンク

この記事では「ブルーロック」1巻のネタバレ・感想をお届けします。

多くの人を魅了してやまないサッカー。

ブルーロックはそのサッカーにおいて真のストライカーとは一体何なのかを突き詰めた漫画となっています。

では、早速ネタバレと感想を見ていきましょう。

※「ブルーロック」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「ブルーロック」1巻のネタバレ

2018年サッカーワールドカップ、日本代表ベスト16敗退。

日本サッカー連合の新入社員帝襟アンリはこの事実と改善案を会長に要求しますが、会長はサッカーで儲けることしか考えておらず、他の者もそうでした。

その様子を見かねたアンリは会長たちに激怒し日本がワールドカップで優勝するために必要な人物を紹介します。

それは絵心甚八でした。

高校サッカー選手権大会、埼玉県大会決勝。

一難高校フォワードの潔世一は鮮やかなボール捌きで松風国王高校のゴール前まで来ます。

ゴール前で潔は確実に点を取るために仲間にパスを出します。

しかし、仲間がシュートを外してしまい、松風国王高校のフォワード、吉良にボールが渡ってしまい0-2で潔のいる一難高校は敗けてしまいました。

潔は優勝できなかったことにより、失意のまま帰宅すると日本フットボール連合から強化指定選手の手紙が来ていました。

日本フットボール連合では前回試合した吉良や高校サッカーで有名な選手など、18歳以下のフォワード300人がいました。

そこに絵心が現れ、ワールドカップを優勝することができる世界一のストライカー養成施設、ブルーロックのことを話します。

ブルーロックに入るためには今までの高校生活を捨て、なおかつ残る299人を蹴散らさなければならない状況に不満を感じる選手もいましたが、全員ブルーロックに入っていきました。
300人はバスでブルーロックまで案内されアルファベット順で部屋に入ります。

潔はZの299だったのでZ部屋に入るとそこには潔、吉良以外の10人がいました。

部屋で準備しているとモニターから絵心が現れます。

絵心から数字はブルーロック内の順位、ブルーロックで上位5人は6ヶ月後のアンダー20ワールドカップでフォワード登録されること、生き残れなかった者は一生日本代表になれないことを告げられます。

そして、入寮テストとして鬼ごっこが始まります。

ボールに当たった人が鬼のルールで鬼は300位の五十嵐からで潔、國神、潔とボールが渡っていきます。

途中五十嵐が怪我をしてしまい、当てるチャンスとなりますが潔は蜂楽とZ部屋最上位の吉良を鬼にし、退場させます。

吉良が退場したことにより11人になったので、チームZとなった潔たちは3日間体力テストに明け暮れていました。

3日目の夜、潔は眠れず蜂楽と自主練を行います。蜂楽は潔に眠れるかいぶつがいることを伝えます。

その後、絵心から体力テストの結果による順位の変更を告げられます。

そして、ブルーロック一次選考のことも告げられます。

また、次世代を担う新世代世界11傑の1人である糸師もたまたま居合わせたホテルでブルーロックプロジェクトのことを聞き、それまで興味のなかった日本サッカーに興味を持つのでした。

・・・

第1巻は以上となります。

※「ブルーロック」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブルーロック」1巻の感想

新たな視点で描かれているサッカー漫画が誕生した1巻でした。

1人の日本を代表するエースストライカーを作るために299人のサッカー人生を犠牲にするブルーロック。

こんな発想でのサッカー漫画は見たことがないので新たな視点で見ることができました。

スポーツでの対決といえば試合形式で功を競う形で描かれるので、ナンバーワンになるために他を蹴落としていくことはあまりないので多くのエゴイストが誕生するのかなと思いました。

またブルーロックを考案した絵心もエゴという苗字をきちんと体現した人物で300人を見下したような発言をするので、見ていてハラハラしてしまいました。

そして、絵心は300人の闘争本能を掻き立てるのが非常にうまく300人は高校生とおうこともあり、絵心の指示に従うようになります。

また、ブルーロックでの練習はきちんとサッカーを基礎にして作らており、絵心が本当に世界を代表する世界一のストライカーを作ることを考えていると思いました。

絵心が思うストライカーはエゴイストの塊であることを証明するように世界のストライカーはエゴイズムに偏っていることを言っている場面では説得力があり、絵心もサッカーを勉強していることがわかりました。

また、ブルーロックは一瞬の油断が命取りでもある場所なので情や情けはいらないものともわかりました。

それを裏付けるように吉良の脱落は何とも言えない気持ちになりました。

日本サッカーの宝と呼ばれていた吉良が油断したことがきっかけで今後のサッカー人生を失ってしまったことは勝って兜の緒を締めよと言われているように勝利を確信した時こそ気を付けなければならないと教えてくれた気がします。

吉良が必死に言い訳していることに同情しましたが、これが実践だったらと思うと自分が諦めたことにより負けに繋がったと思うと言葉にできなくなりました。

ブルーロックも第一選考に進んでいくのですが、潔たちZチームはこの先生き残ることができるのでしょうか。

今後の展開が非常に気になりますね。

・・・

感想は以上となります。

※次の第2巻はコチラ!
第2巻:チーム対抗マッチ開幕!!

無料で読める!

以上で「ブルーロック」1巻のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「ブルーロック」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「ブルーロック」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

スポンサーリンク