火ノ丸相撲の第234話ネタバレ&感想「鬼丸国綱と大包平」大包平の覚醒

2019年4月2日

スポンサーリンク

この記事では「火ノ丸相撲」234話(ジャンプ最新刊17号3月25日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

今回の「火ノ丸相撲」234話の見どころは鬼丸と大包平との対戦です。

闘いの火蓋が切って落とされました。

では、早速「火ノ丸相撲」234話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」234話のネタバレ

前回はコチラ!
第233話:「無道」鬼丸の無道

大包平 (負けられない・・・!『一番』になる為に・・・!)

大包平 (殺るしかない・・・)

鬼丸 (勝つぞ!!優勝する為に!!)

鬼丸 (殺らなきゃ殺られる・・・)

東、大包平(10勝0敗)

西、鬼丸(8勝2敗)

2人が互いの勝利の為にぶつかり合います。

観客 「閂!!」

大包平は鬼丸の右腕をがっちり捉えます。

バト (壊す事も辞さない大包平の攻めに反応するには鬼丸も・・・か)

躊躇えば死・・・死にたくなければ踏み込むしかない

ぶつかり合う2人は致命の間合いで切り結びます。

三日月 (・・・最近の君は俺的にはちょっと物足りなかったよ・・・)

鬼丸は激しい形相で大包平に張り手を決めます。

三日月 (そう・・・そのマジの『殺気』こそが君の本性・・・!!)

鬼丸はこのギリギリの緊張を楽しんでいること自分の無道も自分の一面であることを認めます。

そして、みんなを悲しませないためその凶暴性を飼い慣らします。

鬼丸 (包平関の強さに敬意を表しワシも自分を惜しまない)

鬼丸 (捨て身で生きる!!)

鬼丸が優勢を保ちます。

――不知火型――

大包平 (まずい・・・受けが間に合わない!)

鬼丸 (鬼炎轟進)

さらに鬼丸がダメ押しをします。

この危機的状況を大包平が肘うちで回避します。

大包平 (わかった・・・俺が何に苛立っているのか・・・)

大包平 (鬼丸も・・・獅童も刃皇も・・・みんな)

大包平 (楽しそうなんだ・・・)

大包平自身は辛く苦しい状況が続くばかりで楽しむ余裕など全くありませんでした。

それが他人と自分との違いであることに気づきます。

大包平 「えっ・・・」

大包平 (何だろう・・・土俵がよく見える)

大包平はまるで空中から自分を見ているように周りが見えるようになります。

大包平 「ひでぇ顔・・・」

相撲を取っている自分の顔の酷さに自分で呆れます。

そして、人とは違うけれども相撲が『好き』であることを認めます。

刃皇 「迷い・・・揺れ・・・漸く『心』が据わったか・・・」

・・・

第234話は以上となります。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」234話の感想

鬼丸対大包平戦とても白熱していますね。

途中鬼丸が流れを手にした時はそのまま押し切るかと思われましたが、何とか大包平は耐えましたね。

鬼丸としてはそこで決めたかったのではないかと思います。

さらにはついに大包平の『心』まで備わってしまいました。

かなりの強敵となった大包平に鬼丸は勝てるのでしょうか。

勝負の行方が気になる来週以降の展開にも期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

次の第235話はコチラ!
第235話:「道の果て」死闘の末

無料で読める!

以上で「火ノ丸相撲」234話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「火ノ丸相撲」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「火ノ丸相撲」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「「火ノ丸相撲」最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク