DAYSのネタバレ最新286話&感想「カラスの鳴き声」再戦!京王河原

2019年3月23日

スポンサーリンク

今回の記事では「DAYS」第286話のネタバレと感想をお届けいたします。

今回の「DAYS」286話の見どころはやはり京王河原との再戦です。

京王河原と3本の矢が揃った聖蹟が練習試合をします。

・・

では早速「DAYS」286話を見ていくことにしましょう!
(3月6日発売の週刊少年マガジン2019年14号掲載)

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」286話のネタバレ

聖蹟対京王河原の再戦

観客 「都の予選の準決勝以来だな」

観客 「熱いな」

2校の試合様子を見るために観客が集まります。

丸岡 「初めまして丸岡です!!」

水樹 「今日はわざわざ来てくれてありがとう」

甲斐 「試合は全部見てるよ」

甲斐 「まさか準決まで勝ち進むとはね」

大柴 「誰だお前?」

君下 「そいつは本当に覚えてないぞ」

各メンバーが各々に会話を交わします。

観客 「京王って強いんですか?なんかチャライんですけど」

生方 「強いよ」

生方 「特に丸岡と甲斐のツートップ」

生方 「あの2人は全国レベルと言ってもおかしくない」

両校がそれぞれユニフォームに着替え準備をします。

丸岡 「向こうが練習試合のつもりだろうが悪いが潰させてもらうぜ」

しかし、聖蹟も負けじとスターティングメンバ―は全員レギュラーで本気で向かいます。

ピーッ

そして、試合開始のホイッスルが響き渡ります。

ホイッスルと同時に水樹、風間、大柴の3人が一気にプレッシャーを掛けにいきます。

・・・―――

甲斐 「5対0とは参ったね」

君下 「ふん」

試合後に甲斐が話しかけます。

君下 「出来過ぎだな」

君下 「気を引き締め直さねえとならねえ」

聖蹟が圧倒したにも関わらず君下は試合の出来を危惧します。

風間 「つくし!」

風間 「惜しかったな最後のシュート」

柄本 「いやあそこまでチャンスがあったのに決められなかったのは僕の責任だよ」

風間 「いや」

風間 「俺が一番ビビった」

柄本の外したシュートを風間が褒めます。

そして、桜高とのリベンジマッチを果たす事を柄本と誓います。

柄本も風間がいれば大丈夫そう信じます。

その翌日から風間が学校に来なくなりました。

・・・

第286話は以上となります。

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

「DAYS」286話の感想

予選ではかなり苦しめられた京王河原を圧倒しました。

3本の矢の存在の違いも大きかったでしょうが、やはり聖蹟全体のレベルアップが見られた結果でしたね。

このままの勢いで桜高も撃破!と行きたかったところですが大波乱ですね。。。

風間は言わずもがな主力選手。

チームの戦力ダウンも必至ですが、チームの精神状態もかなり不安ですね。

このまま風間抜きで桜高戦を迎えてしまうのかそれとも戻ってくるのか今後の展開に期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

※次の第287話はコチラ!
287話:「君下少年の夢」潰れる、君下スポーツ店

無料で読める!

以上で「DAYS」286話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「DAYS」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「DAYS」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「DAYS」をもっとくわしく知りたい!
コチラをクリック >>>「DAYSネタバレ!」

スポンサーリンク