火ノ丸相撲の第229話ネタバレ&感想「縦のつながり」兄弟子として

2019年2月25日

スポンサーリンク

この記事では「火ノ丸相撲」229話(ジャンプ最新刊12号2月18日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

今回の「火ノ丸相撲」229話の見どころは何と言っても冴ノ山の決意です。

鬼丸と出会ってからの心境の変化に冴ノ山の兄弟子としての決意が感じられました。

では、早速「火ノ丸相撲」229話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」229話のネタバレ

前回はコチラ!
第228話:「冴ノ山という男」欲しいもの

時は遡り柴木山部屋にて

後輩 「冴関ですか?いい先輩ですよ」

後輩 「相撲に対する姿勢は勉強になります」

親方 「気持ちだけじゃない」

親方 「火ノ丸と毎日稽古することで地力も上がったよ」

親方 「稽古でも火ノ丸には負けたくないんだよね」

親方 「自分は火ノ丸より常に上でありたい」

親方 「自分にとって火ノ丸は・・・―――」

冴ノ山 「・・・いやその先はまだ言えない」

冴ノ山 「強い兄になるまでは・・」

柴木山部屋の後輩たち親方、そして冴ノ山本人が冴ノ山について記者に語ります。

そして、時は戻り現在

実況 「全勝の横綱に土を付けたのは関脇冴ノ山!!」

実況 「25回目の挑戦にして初の刃皇越え―――!!」

冴ノ山が刃皇を押し切り勝利します。

そして、観客席から土俵に座布団が舞います。

関脇である冴ノ山は正確には金星ではないが、それでも刃皇に勝つとはそれほどの事でありました。

そして、土俵を降りて戻る途中、柴木山部屋のメンバーが冴ノ山を迎えます。

鬼丸 「・・今夜は焼き肉ですね!冴さん!」

鬼丸 「冴さんのデータのおかげで勝てました!」

鬼丸 「ワシも他の連中に土付けて冴さんを援護しますから!」

と鬼丸が冴ノ山に話しているかと、冴ノ山が鬼丸の両肩を掴みます。

冴ノ山 「違うだろ鬼関」

冴ノ山 「私の為に相撲を取るんじゃないだろ・・・」

冴ノ山は刃皇に勝ったことで今まで飲み込んできていた言葉を鬼丸に掛けます。

冴ノ山 「私は2敗を守った君も2敗を守った」

冴ノ山 「君もまだ優勝圏内なんだ・・・!」

冴ノ山 「優勝を懸けて私と勝負だ!鬼関!」

冴ノ山は鬼丸に対して自分もいるのだと存在を示すと共に同じ高みを目指すライバルであることをこの言葉に乗せます。

そんな鬼丸の八日目の相手は童子切。

童子切は険しい表情を浮かべます。

・・・

第229話は以上となります。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」229話の感想

冴ノ山が刃皇に勝ったことで自信を取り戻したように見えました。

諦めかけていた横綱も鬼丸の刺激を受け、再び目指し、そして手の届く位置まで来たのではないでしょうか。

鬼丸としての良き兄であり、良きライバルとしてこれからも切磋琢磨していってもらいたいです。

そして、次は鬼丸対童子切!

童子切は険しい表情を浮かべていましたが怪我の影響があるのでしょうか。

童子切の怪我の様子も気になる来週以降の展開に期待が高まります。

・・・

「火ノ丸相撲」229話のネタバレと感想は以上になります。

次の第230話はコチラ!
第230話:「成長の糧」決戦!童子切

無料で読める!

以上で「火ノ丸相撲」229話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「火ノ丸相撲」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「火ノ丸相撲」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「「火ノ丸相撲」最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク