約束のネバーランドのネタバレ最新124話&感想!ボス不在?動き出した計画!!

2019年3月2日

スポンサーリンク

ノーマンの部屋を訪ねたエマとレイだが2人に興味があると引き留められました。

ボスはどこに行ったのでしょうか?

・・・

この記事では『約束のネバーランド』124話(2月25日発売の週刊少年ジャンプ2019年13号)についてネタバレと感想をお届けしたいと思います。

では、早速見ていくことにしましょう!

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

約束のネバーランド第124話のネタバレ

※前回の123話はコチラ
123話:鬼の絶滅は嫌!ほかの道はないの?

エマとレイはソファーに座らされお茶を出されてアジトの仲間達に囲まれていました。

緊張しているとジロジロとエマ達とレイを見ながらシスロ、バーバラ、ヴィンセントは自己紹介を済ませました。

シスロは俺達も脱走者だと威張りだしますがレイは察してさすがっす!と下っ端感を出します。

そんな中でもレイの観察力は凄く、胸元のラムダのマークをチェックしハヤトやジンのような一兵卒じゃないと推測します。

エマはクリス達を治療してくれたヴィンセントにありがとうございますと礼を言うとボスからも聞いたと答えるヴィンセントの言葉を聞き、バーバラとシスロはボスの話を聞きたかったようで2人に擦り寄りました。

何を隠そう3人はボスのことが大好きなのでした。

ノーマンは優しくて頭が良くていつもフワッとニコニコほほえんでいたというエマとは逆に聞3人は真顔で「キリッ、冬、帝王」と言いお互い笑いがこぼれました。

他にも色々と昔話を聞いた3人は満足し今のノーマンも仲間想いでいい奴で食用児全員を救うために寝る間も惜しんで尽くしているとエマ達に話してくれました。

3人もラムダで出会った同志でザジも含めて四人でボスの立てた策を実行し農園を潰してきたのだそうです。

シスロは鬼を一匹消すたびに胸の内がスカッとすると言うとバーバラもブッ殺して奴らの肉を食うとムカムカが消えると言います。

バーバラはまさかあんた鬼に同情してる?とエマは表情から心情を読まれてしまいます。

ヴィンセントは「どの道もう遅い。万事支障はないよ」と言います。

ボスは計画を早めて今朝作戦を開始した。

駒の一つに会いに行っていると。

そのころノーマンは鬼を前に「正式にあなた方と同盟を結びに来た。共にこの世界を破壊しましょう。」というところで終わりです。

・・・

第124話は以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

約束のネバーランド第124話の感想

ノーマンが同盟を結ぼうとしている鬼達は一体何者なんでしょう?

共に世界を破壊しましょうって?

鬼にもこの世界に満足していない者がいるみたいですが、鬼を絶滅させると言っていたし駒の一つというヴィンセントの言葉からいずれはこの鬼達も殺すのでしょうか?

これからエマとレイはどう動くのか?

ノーマン達と対立しそうな雲行きですが、なるべく平和な解決を望みます。

・・・感想は以上となります。

※次の第125話はコチラ!
125話:同盟成立⁈互いの肚の底とは?

無料で見れる!

以上で「約束のネバーランド」第124話のネタバレと感想について終わらせていただきます。

さてこの「約束のネバーランド」を文章だけではなくてアニメや漫画でも楽しみたくありませんか?

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

※第124話のあらすじについて予測・考察させていただいた前バージョンです。ご参考までに!

~エマの選ぶ道とは!?~

エマの本心、そして望む未来を聞いたレイの反応は?

それを聞いたレイの考える解決策とは!?

レイに話したエマの答えとは!?

そして、2人が気がついたある"例外"とは一体なんのことなのか!?

鬼と人間は共存することができる道はあるのか!?

エマの決断とは?

ノーマンにエマの迷い、考えを話すことに!!

ノーマンの部屋で2人が出会った人たちとは!?

・・・

第124話の予測・考察の前に少し、第123話について振り返ってみましょう。

エマの本心である『鬼を殺したくない』ということと、『どうすればいいかわからない』ということを告げられたレイは

「俺にもわからん。」

と答えます。

レイは全食用児を救うためにはノーマンの方法しかなく、エマの本心に対する解決策も批判もないと言います。

でも、諦めきれないんだったらとことん向き合った方がいいと言います。

そして何がしたいか聞きます。

エマは

「争わない選択肢(みち)を探したい。」

と言います。

でも、どうするのがいいのかわからないとも言います。

するとレイはノーマンに話そうと言います。

ノーマンに話すことで見えてくるものがあると。

それに2人は『ソンジュ』と『ムジカ』のことが気になっていました。

ムジカたちは人を食べてませんが、人型で知能も高く、何を食べても形状に変化がなかったことからムジカたちは"例外"なのではないかと考えます。

エマはみんながそうだったら鬼と人間で共存できる道があるのに…と思います。

しかしレイは、逆に"例外"がたくさんいて人間を食べたい場合は農園を潰しても退化せず、人間の脅威のままだと言います。

この場合ノーマンの作戦が土台から崩れてしまうことになります。

ノーマンが"例外"のことを知っていれば何故いるのか聞ける。

そして、もしかしたら鬼と人間が共存できる道が見つかるかもしれないし、ノーマンにエマの本心と、ムジカたちの事を話そうと。

レイは後悔しない未来をつくろうと言います。

エマは悔いのないように全部話して、心のからの選択肢(みち)をきめようと決めます。

そしてノーマンの部屋を訪ねにいくとそこにノーマンの姿はなく、ヴィンセントと男女が1人ずついました。

ノーマンは緊急の用で出掛けていると聞いた2人は出直そうとしますが、捕まってしまいます。

・・・

さて、今回の第124話ではいったいどのような展開になるのか・・

今回、『ソンジュ』と『ムジカ』のことが出てきましたが、レイの言うとおりムジカたちは"例外"なんだと思いますが、そしてノーマンはおそらくムジカたちの存在は知らないと思います。

だからこそ、全滅させようとしているのだと思います。

もしくは、ノーマンの今までの様子を見ている限り鬼を憎んでいる節があるので、知っていたとしても、鬼は鬼だからと考えているのかもしれません。

ノーマンは、鬼が一体なんなのかということを詳しく知っていたのでいろいろなことを調べているんだと思うので、その可能性もあると思います。

知らなかった場合はもしかしたら、レイとエマがノーマンとムジカたちを会わせようとするかもしれません。

これからムジカたちの生態のようなことがだんだんわかってくるとは思いますが、ノーマンが言っていたように鬼は細菌のようなものから食べることで性質を変えつつ、成長してきたためムジカたちは鬼と人間との間にできた子どもということもあり得ると思います。

または、鬼の方にもノーマンが前にいた∧(ラムダ)のような実験施設があり、人工的に作り出されたもの。

もしくは、投薬実験などで作り出されたもの、つまり人間側でいうザジのような"例外"という可能性も高いと思います。

エマたちが話そうとノーマンの部屋にいきましたが、ノーマンはいなかったのは前回言っていた"会議"ではないかなと思いました。

その場合、話す前にノーマンの考えた計画が前倒しになってしまい、エマの考えていることをきちんと話すことができるのか、そしてノーマンはちゃんと耳を貸してくれるのか不安です。

その緊急の用というのがなんだったのか、次回以降描かれていくと思うので楽しみです。

今回、また新たに出てきた男女にエマたち自身のこと、GF(グレイスフィールド)での生活やそのときのノーマンの様子など聞かれると思いますが、次回、まずヴィンセントや今回登場した二人のことも明らかになっていくというか、きっと自己紹介してくれると思います。

もしかしたら、あの二人もザジのような能力を持っているのかもしれませんし、∧(ラムダ)にいて人体実験などをされたのかもしれません。

三人がノーマンの仲間になった経緯などもわかるかもしれません。

今後、人間VS鬼というのが、本格的に始まってしまうと思いますが、ノーマンの望む未来とエマの望む未来が話し合えて同じ方向を見ることができると嬉しいです。

・・・

以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

スポンサーリンク