キングダムのネタバレ最新589話&感想!朱海平原の戦いはいよいよ最終局面へ

2019年2月22日

スポンサーリンク

宿敵「趙」との存亡をかけた大戦、そして激戦地の朱海平原。

趙の重要地「鄴」をかけて、両国は激しく争う。

秦軍の目的となる鄴の内部で、局面をゆるがす大きな出来事が起こる!

そして迎えた十四日目。

決着まで残すところ2日となった・・

・・・

この記事では「キングダム」の589話(週刊ヤングジャンプ2019年第11号2月14日発売)のネタバレと感想をお届けさせていただきます。

では早速、見ていくことにしましょう!

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「キングダム」の589話のネタバレ

※前回はコチラ!
588話:ついに、信が大将となる!

王翦の策がついに動き出す。

負傷者に紛れて鄴内に潜伏していた秦の兵士たちはほうぼうに動き、敵に悟られぬように鄴内の食糧のありかの情報や変装用の物資を集めていた。

そしてついに十三日目の夜に策が実行されるのであった。

それは、忍び込み策を実行する者たちにとっては決死の覚悟を持ってなされた。

鄴城主は安眠から叩き起こされるのと同時に大食糧庫がすべて燃やされていることを知らされた。

朱海平原での秦との闘いにおいて、圧倒的有利な状況を作っていたのはこの食料、
つまり兵糧の差であった。

しかし、それが王翦軍の策により逃れて来た多くの難民によって数を減らされ、加えて食糧庫を全て焼かれてしまったのだ!

このことは、戦局に大きく影響を及ばす一大事!!

趙軍大将の李牧に伝えるため、鄴城主は民に悟られぬよう残りの食料を正確に計算するよう指示を出したのであった。

鄴の周りで一向に動く気配を見せなかった桓騎軍にもこの異変が見て取れた。

遅い、と一言つぶやく桓騎の表情には不敵な笑みが浮かんでいた。

一夜明け、迎えた十四日目の戦い。

決着まであと二日。
秦軍右翼の戦いでは、ついに飛信隊が本軍となり配置についていた。

それを見た趙臥龍は、秦軍右翼を昨日の王賁の離脱に大きく影響され、追い詰められていると判断する。

目にした陣は想定した通り、背水の陣であるようだった。

その陣の中で、陣頭に立つ河了貂は今までかつてないほどの重圧と戦っていた。

策を授ける軍は大きく、加えて兵糧も尽き、軍の力は確実にそげ落とされている。

それでも、この戦いに勝利するために策を練る。

どんなに味方がやられようともその重圧が河了貂の表情を曇らせていた。

しかし、信と羌瘣にいじられふと我に戻る。

いつもと変わらず常に意志強く前を進む信に背中を押され、河了貂も覚悟を決める。

ついに秦軍右翼と趙軍左翼の決着の日が始まろうとしている・・

・・・

第589話は以上となります。

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「キングダム」の589話の感想

ようやく鄴を落とす道筋が見え、ここからは桓騎軍の見せ場といったところに差し掛かる。

策がはまり、内部から混乱する鄴をどう桓騎が落とすかが見ものである。

朱海平原の戦い自体はあと二日で決着するわけなのだから、電光石火の早業で
落とすのか先が楽しみである。

しかしその前に、いよいよ最終局面を迎える秦軍右翼の戦いが楽しみでしょうがない。

本話の趙軍の捉え方であれば、十四日目に秦軍右翼は敗れ去る算段なのだろうが、
ここでの将軍としての信と本軍としての飛信隊の活躍を大いに期待したい。

戦力差は明らかであるが、隊が覚醒することで右翼は持ち直し、次は信本人の覚醒が待っているのではないか。

趙軍左翼の将をすべて討ち取るなんて、流れになればそれこそ、胸アツな展開である。

・・・

感想は以上となります。

※次の第590話はコチラ!
590話:信と飛信隊の修羅場の十四日目!

無料で読める!

以上で「キングダム」第589話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「キングダム」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「キングダム」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「キングダム」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「キングダム最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク