約束のネバーランドの120話ネタバレ&感想!食人鬼の正体とは⁈

2019年2月4日

スポンサーリンク

ノーマンと再会したエマ達。

ノーマンは鬼とは何なのかエマ達に鬼の正体について語ります。

この記事では『約束のネバーランド』120話(1月28日発売の週刊少年ジャンプ2019年9号)についてネタバレと感想をお届けしたいと思います。

では、早速見ていくことにしましょう!

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れるってご存知ですか?

約束のネバーランド第120話のネタバレ

※前回の119話はコチラ
119話:W・ミネルヴァの正体とは!?

ノーマンは奴らはヒトを食べなければあの姿も形も保てないと語ります。

鬼の最初の姿は「細菌」に似た何かで、それが突然変異し、食べることで他の生物の遺伝子を取り込み、その形質を受け継ぎ進化していったそうです。

虫や魚を食べる鬼は食べたもののような何かになりそれを繰り返す中で様々な形質を手に入れ、様々な形へと進化していき“彼ら”はやがてヒトを食べた。

そうしてヒトに似た姿と高度な知能を得た鬼は人間を最大の好物としていた。

しかし“彼ら”の速すぎる進化の代償として食べ続けなければ形質を保っていられない。

それが鬼の正体だよとノーマンは言いました。

だから農園を作ってまで食用児を養殖していたのかとみんなが驚愕する中でノーマンは農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶと話を続けます。

量産肉を食べ続けた下級の鬼達の形質保持能力は弱まり早い個体なら半年もヒトを食べなければ知恵を失い野に返るため下級鬼の不満は鬼達の社会問題になっている。

農園を潰し鬼を絶滅させれば全食用児の楽園が築ける。

でも人間にそんなことができるの?と不安気なギルダに「できるよ」とノーマンは言います。

ザジの能力はラムダの実験の副産物であること、その力は鍛えれば鬼にも勝る戦力になること、アジトにいる仲間達の何割かはラムダと系列農園から解放した未来のザジであることを話しました。

ノーマンはラムダの檻でエマの「ないならつくろう、変えようよ世界」という言葉を想い、エマならきっと全食用児を救う未来を望むと信じ最善の方法を考えていました。

策は既にある。武器戦力その他手配準備はできている。

「これが僕の答えだ」とノーマンは言います。

鬼は滅ぼすネバーランドはもう終わり。鬼世界に食用児の楽園を築こう。

夢を現実にすることはできるのでしょうか?

・・・

第120話は以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れるってご存知ですか?

約束のネバーランド第120話の感想

鬼とは何なのかなんて考えもしませんでした。

ただ鬼の世界から人間の世界に逃げる方法しか考えてこなかった人からしたら鬼を全滅させるなんて思いつかないですよね!

それはノーマンがラムダで見たものとノーマンの頭脳とエマへの想いがあったからこそ、その答えにたどり着いたんだと思います。

少し気になるのはノーマンはラムダで何も実験されてないの?ということです。

ザジみたいな驚異的な力をどう鍛えていくのかも気になります。

色々と気になるところですが次回もどうなっていくのか楽しみです!

感想は以上となります。

次の第121話はコチラ!
121話:もう逃げなくていい?!楽しい夜

無料で見れる!

以上で「約束のネバーランド」第120話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

さてこの「約束のネバーランド」を文章だけではなくてアニメや漫画でも楽しみたくありませんか?

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

スポンサーリンク