あかいいと漫画のネタバレ4巻&感想!付き合い始めた千紘と比名瀬だが…?!

2019年2月17日

スポンサーリンク

今回の記事は漫画「あかいいと」第4巻のネタバレと感想をお届けいたします!

お互いの気持ちを確かめ合って付き合い始めた千紘と比名瀬。

剣道部に入部した比名瀬と一緒にいられる時間が増えて秘かに喜びを噛みしめる千紘。

しかし、千紘が相変わらず嫌がらせをされていることに気づいた比名瀬にマネージャーをやめろと言われ…?!

では、早速見ていきましょう!

※「あかいいと」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「あかいいと」第4巻のネタバレ

※合わせて読みたい!
第3巻:剣道部のマネージャーになった千紘だが…

ようやく想いが通じ合って付き合い始めた千紘と比名瀬。

千紘は比名瀬が急に剣道部に入部したことに驚くが、一緒にいられる時間が増えたことを秘かに喜んでいた。

しかし相変わらず部員達の嫌がらせが続いていることを知った比名瀬は千紘を心配して剣道部をやめさせようとする。

マネージャーを続けているのは一緒にいたいからと素直に言えずに比名瀬とケンカをしてしまう千紘だったが、自分が比名瀬を好きなように、比名瀬も自分を想ってくれていることを知って、正直に気持ちを伝えたことで二人は仲直りする。

ある日千紘は剣道部の主将に大会に出場するメンバーのオーダー表の作成を頼まれ、補欠に選ばれた比名瀬が辞退したことを知る。

補欠とはいえ一年生が抜擢されるのは異例であるのに、比名瀬はなぜ辞退したのかと気にかかる千紘。
そんな時比名瀬は千紘を連れて母校の北中剣道部へ向かう。

後輩達に千紘を自分の彼女だと紹介した比名瀬は、自分が起こしたトラブルに皆を巻き込んだことを謝り、改めて頭を下げる。

その上で高校で剣道を続けることを報告すると、後輩達は口々に自分達は大丈夫だと言って比名瀬が剣道部に入ったことを喜ぶ。

今度の大会は欠場してもその次があると語る比名瀬の言葉を聞いた千紘は、比名瀬が前に踏み出そうとしていることを嬉しく思い、ほんの少しだが比名瀬のことを理解出来たような気がした。

北中から帰る途中で雨が降り出し、比名瀬の自宅で雨宿りする千紘。

雨に濡れた服を着替えた二人はアルバムを見ながらいいムードになるが、千紘がうっかり落とした南條の携帯番号のメモを比名瀬が見つけてしまう。

正直に事情を話す千紘に笑顔を見せる比名瀬だったが、嫉妬からなのか千紘の首筋にキスマークをつけて焦る千紘をからかう。

翌日南條から連絡が来たと言う莉乃に南中の応援に誘われた千紘は、内心気が進まないものの皆に会いたいと言う莉乃に付き合い大会を見に行くことに。

順調に勝ち進み盛り上げる南中剣道部だったが、千紘は比名瀬に何も言わずに来たこともあり応援に身が入らないでいた。

すると後ろの席から聞き覚えのある声が聞こえて振り向くと、そこには桐谷と一緒に北中の応援に来ていた比名瀬がいた。

試合が終わり、中学の同級生らしい女の子達に囲まれている比名瀬を見ていた千紘のもとに南條がやって来て、千紘が比名瀬と付き合っていることを尋ねて「残念」と呟く。

意味がわからず戸惑う千紘は、南中の打ち上げに誘われカラオケに行くことに。

皆に気を使って盛り上げ役に徹する千紘だったが、心の中では女の子達に囲まれて笑顔を見せていた比名瀬のことが気になっていた。

比名瀬のことばかり考えて嫉妬している自分に比べて、南條と一緒にいても比名瀬が何の反応もしないことに苛立つ千紘。

南條がいないことに気づいてトイレに行くついでに店内を見て回る千紘は、店のソファーで休んでいた南條を見つけて声をかける。

具合が悪いのかと心配する千紘に「比名瀬が見たら妬くかも」と言う南條の真意を計りかねる千紘だったが、自分を好きだったかのような言葉を投げかける南條に、今は比名瀬のことが一番好きだと言って謝る。

すると南條は笑い出し、千紘の反応が面白いから動揺させただけだと言って店を出て行くが、千紘に背中を向けた南條の表情に笑顔はなかった。

部屋に戻ろうとした千紘は自分を待っていた比名瀬に抱きしめられ「心配させるな」と叱られる。

比名瀬が自分を心配していたことに驚く千紘だったが、再び抱きしめられてドキドキしながらもほっと安心するのだった。

・・・

第4巻は以上となります。

※「あかいいと」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「あかいいと」第4巻の感想

両想いになって付き合い始めた千紘と比名瀬が少しずつ絆を深めていく第4巻です。

比名瀬が剣道部に入部し、前より一緒にいられる時間が増えたことを秘かに幸せに感じる千紘。

しかし相変わらず部員達からの嫌がらせは続いており、自分がそばにいても千紘を守れないことや、千紘が自分との交際を隠したがることに苛立つ比名瀬は千紘にマネージャーをやめさせようとします。

剣道部をやめれば比名瀬と一緒にいられなくなると思う千紘は頑なにマネージャーはやめないと比名瀬の提案を拒み、二人は仲違いしてしまいますが、自分と同じように比名瀬も自分を想ってくれていることを知った千紘は素直に気持ちを伝えて比名瀬と仲直りします。

そんな時、関東大会予選に出場する南中剣道部を応援に行った千紘は、以前片思いしていた南條に意味深な言葉をかけられ戸惑いますが、嫉妬する素振りのない比名瀬に寂しさを感じてしまいます。

自分ばかりが比名瀬のことで嫉妬してしまうことに落ち込む千紘でしたが、打ち上げで訪れたカラオケ店で自分を好きだったかのような態度を見せる南條に自分が好きなのは比名瀬だと告げて謝ります。

南條は千紘をからかっただけだと笑い出してその場を去りますが、千紘に背を向けたその表情に笑顔はありませんでした。

南條が自分を好きなのかもしれないと思った千紘は自分が勘違いしていたと気恥ずかしさを感じますが、そこへ比名瀬が現れ「心配させるな」と千紘を強く抱きしめます。

比名瀬が南條のことで自分を心配していたことに驚くと同時に安堵する千紘は、比名瀬の腕の中でホッと目を閉じるのでした。

ようやく両想いになった千紘と比名瀬ですが、素直になれない千紘は相変わらず比名瀬の言動に一喜一憂し、日に日に想いが募る自分に戸惑っているようです。

そんな千紘を愛しく思う比名瀬は言葉よりも態度で想いを伝え、自分なりに千紘を大切にするのですが、その気持ちがダイレクトに伝わらない部分があり、心ならずも千紘を惑わせてしまっているようです。

それでもお互いを想い合っている二人は少しずつ絆を深めていきますが、気になるのは意味深な南條の態度ですね。

千紘にはからかっただけと告げましたが、その後の表情には冗談では片付けられないような気持ちが潜んでいるような気がしてなりません。

南條がこのまま千紘の前からフェードアウトするとは思えず、まだ一波乱ありそうな予感がしますが、この続きは第5巻で確かめたいと思います!

次の第5巻はコチラ!
第5巻:剣道部の合宿に出発した千紘は…?!

・・・

感想は以上となります。

無料で読める!

以上で「あかいいと」第4巻のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「あかいいと」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「あかいいと」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「あかいいと」をもっと読みたい!
コチラをクリック >>>「あかいいとの全巻ネタバレ!」

※「あかいいと」に登場する桜木莉乃と桐谷蓮が主人公のスピンオフ作品「10万分の1」が気になる方はコチラ!

スポンサーリンク