ビートルズ 名曲のインマイライフ(In my life)♪ジョンレノン作曲!

2020年4月12日

スポンサーリンク

今回のテーマは、ズバリ、ビートルズについてです。

私はビートルズが好きなんですよ♪(^O^)

大ファンです。

そして、このビートルズの数々の名曲の中でも、特にお気に入りなのが「Im my life」です。

この曲はジョン・レノン作曲の名曲です。

今回の記事では主に、この「Im my life」についてフォーカスさせて頂きますね。

では、まずはビートルズについて、さくっとご紹介いたします♪

◆ビートルズとは

ビートルズは、知らない人がいないと言っても過言ではないくらい有名なミュージシャンです。
伝説のロックバンドですね。

もう既に解散していますが、未だに数多くのファンがいて、未だに曲が売れ続けているそうです。
今までにシングルやアルバムが10億枚以上売れているのだとか・・・
印税ウハウハですね(笑)

ビートルズがデビューしたのが1962年で、1970年には解散していますので、なんと解散してから半世紀近く経っているのですが、未だに曲が売れているということは時代、世代を超えてビートルズの曲は世界中の人々のココロをわし掴みにしているということですね♪

ビートルズのメンバーは次の4人です。
・ジョン・レノン
・ポール・マッカートニー
・ジョージ・ハリスン
・リンゴ・スター

bestles

数々の名曲を出していますが、「Let it be」や学校でも習う「Yesterday」、またロンドンオリンピックでポール・マッカートニーによって披露された「Hey Jude!」などですね。
(「Let it be」について気になる方はこちらまで♪「ビートルズ 名曲 Let it be♪ 歌詞はこちら」)

日本の有名なミュージシャンにも多大な影響を与えていて、RCサクセション、サザンオールスターズ、矢沢永吉など、そうそうたるアーティストがビートルズに刺激されて、活躍しています。

ポール・マッカートニーは今でも精力的に音楽活動をしており、2013年11月には来日公演を果たしました♪

このように未だにビートルズは世界を席巻していますね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆In my lifeについて

では、名曲「In my life」についてお話しますね。
この曲はジョン・レノンが作曲した曲ですが、一部、ポール・マッカートニーも手助けをしたそうです。
いわば、ジョンとポールの合作ですね。

この「In my life」は、ビートルズのアルバム「ラバーソウル」に収録されている曲です。
アルバム「ラバーソウル」は、ビートルズの6作目の作品です。
この作品くらいから、ビートルズの音楽性の方向性が変わりはじめました。
従来のロックバンドのスタイルから、より独自の音楽性を追求するスタイルに変化しはじめた時期です。

そしてこの時期に発表された「In my life」はジョン・レノンが生まれ育ったイギリスのリバプールでの生活の思い出の場所や人々について、書かれた曲です。

この曲は全体的に、歌詞の内容とリンクしてノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
曲の間奏で演奏されているピアノソロの音色が、バロック音楽風で、なんともいえないノスタルジックな雰囲気を強調しています♪

では「In my life」の歌詞をご紹介いたします。

——————-
In my life(ぼくの人生で・・・)

There are places I remember, All my life, though some have changed
Some forever not for better Some have gone and some remain

ぼくの今までの人生で、いろいろな思い出の場所が思い浮かぶよ。
その中の一部は、今ではすっかり変わってしまった所もあるし
変わらず残っているところもある。

All these places had their moments, with lovers and friends
I still can recall
Some are dead and some are living, in my life I’ve loved them all

この思い出の場所には、恋人や友人達とのいろんな思い出があるんだ。
この人たちの中には、もう亡くなってしまった人もいるし、生きている人もいるんだけど、ぼくはみんなを愛しているんだ。

But of all these friends and lovers, there is no one compares with you
And these memories lose their meaning, when I think of love as something new

でも、そのような人たちの中でも、君はぼくにとって特別なひとなんだ。
君との新しい愛を目の前にすると、彼らとのそんな思い出も色あせてしまうんだよ。

Though I know I’ll never lose affection, for people and things that went before I know I’ll often stop and think about them, In my life I love you more

もちろん、思い出の場所や、なつかしい人たちのことは、時々思い出すこともあるし、彼らへの思いは消えることはないよ。
でも、やっぱりぼくの人生の中では、君はかけがえのない一番の存在なんだ。

Though I know I’ll never lose affection for people and things that went before I know I’ll often stop and think about them, In my life I love you more

もちろん、思い出の場所や、なつかしい人たちのことは、時々思い出すこともあるし、彼らへの思いは消えることはないよ。
でも、やっぱりぼくの人生の中では、君はかけがえのない一番の存在なんだ。

——————-

では、お待たせいたしました。
名曲「In my life」をぜひお聴きください。

※音がなります

ノスタルジックで感傷的な雰囲気を醸し出していますし、間奏で奏でられるピアノソロには圧倒されます。
何度聴いても、色あせない曲ですね。

やはり数あるビートルズの曲の中で、この「In my life」は最高ランクの曲です♪

最後までおつきあい頂きましてありがとうございましたm( _ )m

またビートルズ関連のネタをアップさせていただきますね♪

・関連記事はこちらまで♪
Let it be(レットイットビー)♪
ポールマッカートニーの京セラドーム(大阪)の感想です!
ポールマッカートニー 武道館で復活!(ビートルズ以来) 演奏曲は?

・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク