半沢直樹2 9話 ネタバレ&感想!箕部幹事長と伊勢志摩ステートの秘密とは?

2020年9月21日

スポンサーリンク

この記事では、ドラマ「半沢直樹2」(2020年)の第9話(9月20日放送)のネタバレ&あらすじと感想についてお届けしたいと思います。

前回の第8話では、政界のドン・箕部幹事長(柄本明)と東京中央銀行との癒着に関する闇を暴こうとしていた半沢直樹(堺雅人)が、箕部幹事長に呼び出され、脅されて圧力をかけられました。

箕部幹事長と前副頭取との間にいったい何が!?

半沢は箕部幹事長の圧力にも屈することなく徹底的に闇を暴こうとしていますが、第9話ではどのような展開になるのでしょうか?

では早速、第9話を見ていくことにしましょう。

どうぞ!

※関連の人気記事はコチラ!
>>「半沢直樹2 最終回ネタバレ!笠松(白井秘書)が箕部を裏切る!?出向は?

>>「半沢直樹 生放送 内容のネタバレ!反響や感想は?キャスト&出演者は?

>>「菅野美穂 内助の功!良妻賢母で旦那の堺雅人をサポート 半沢直樹無敵

半沢直樹2(2020年)第9話のネタバレ&あらすじ!箕部幹事長と伊勢志摩ステートの秘密とは?

※前回はコチラ!
第8話のネタバレ:箕部幹事長が中野渡頭取にまで接触し..

半沢直樹(堺雅人)は、政界のドン・箕部幹事長(柄本明)と東京中央銀行との間に何等かの闇のつながりがあるのでは?と疑い、徹底的に過去の箕部幹事長に関する取引情報を調査していました。

そんな中、東京中央銀行の前身である合併前の旧東京第一銀行時代に、箕部幹事長に融資していた20億円もの案件について発覚し、その実態を探ろうとします。

しかし、この半沢の動きが箕部幹事長の耳にまで入ることになり、なんと半沢と大和田(香川照之)が箕部幹事長に呼び出されたのです!

そこで、半沢たちは10年前に亡くなった牧野元副頭取(山本亨)がなんと当時、不正な金を取引先から受け取っていたという証拠を突きつけられて、止む無く半沢たちは手を引くことを告げたのです。

しかし半沢の腹の中ではまだこの調査は終わっていなかったのです。

・・・

そんな中、箕部の実態を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)の動きも箕部の耳に入ることになり、なんと黒崎は国税庁に異動させられてしまったのです。

このことを知った半沢は早速、黒崎の元に向かったのですが、黒崎はそんな半沢に自身の思いを託して半沢に「伊勢志摩ステートを調べなさい」というヒントを与えたのです。

・・・

黒崎からのヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩に早速向かいます。

そして伊勢志摩の空港で半沢をある人物が待っていたのです。。

それはセントラル証券の半沢の元部下・森山雅弘(賀来賢人)でした。

森山は今回の件を半沢から聞いて居てもたってもいられなくなったのです。

元上長の半沢への感謝と恩返しの念が森山をここまで連れてきたのです。

ぜひ協力したいと。

半沢は、伊勢志摩支店にいた同期に協力してもらって、伊勢志摩ステートに関する15年前の財務資料を調査しました。

さらに、半沢は思わぬの人物の姿を見たのです。

なんと白井大臣の秘書で現在は主に箕部のために働いている笠松(児嶋一哉)でした。

この調査から半沢は箕部に対する疑惑が確信に変わっていったのです。

そんな中、笠松は半沢たちがここに来ていることを嗅ぎ付け、半沢たちを追ったのですが、半沢たちはそんな笠松の動きをすぐに察知してその場から立ち去ったのです。

・・・

半沢たちの執念深い調査でついに箕部の悪事が明るみになります。

それは「伊勢志摩ステート」を隠れ蓑にした箕部の錬金術だったのです。

箕部は、東京中央銀行が合併する前の旧銀行の1つ東京第一銀行〈T派〉が持っていたいくつかの不良債権の案件を立てに、でっちあげた当時の牧野副頭取(山本亨)の不正資金の証拠を元に牧野副頭取に圧力をかけていました。

すべての東京第一銀行のずさんな融資状況を公表する代わりに箕部への不正融資を承諾させたのです。

しかし、牧野副頭取はこの箕部への不正融資に反対していたのですが、箕部の圧力は牧野副頭取を取り囲む東京第一銀行の幹部たち、とくに審査部長だった紀本(段田安則)にも及んでいて、牧野副頭取は自分の意思を断念せざるを得ませんでした。

その結果、牧野副頭取は自らの命を絶ったのです。

・・・

半沢は、一緒に箕部の不正を調査している仲間の内、検査部の部長代理である富岡義則( 浅野和之)に疑惑を感じていました。

というのも、いつも行く居酒屋の女将(智美(井川遥))の店に半沢が仲間たちと行って飲んでいた時に、智美は富岡とあまり接点がないにも関わらず、富岡が熱いお茶が苦手だということを知っていたので半沢は富岡と智美の間柄について気になっていたのです。

そして半沢が探りを入れると、、、

10年の牧野元副頭取の葬儀の際、智美が中野渡から牧野の死の真相を探る人物を指名してほしいと頼まれ、智美は富岡を挙げて、富岡は中野渡の特命を受けて牧野の死の真相を探っていたのです。

そして半沢たちが探していた箕部の不正の証拠が入っているであろうダンボールも、富岡は密かに銀行の地下倉庫に運んでいたことが分かりました。

半沢はそんな富岡を追及して、富岡は自分が特命を受けていたことを伝えたのです。

・・・

そんな話を半沢と富岡がその地下倉庫で話していたところ、なんとそこに半沢を追っていた紀本が現れます!

紀本はここぞとばかりに半沢と富岡を非難したのですが、半沢はそんな紀本に対して、紀本が不正融資に関わっていることを言い返したのです。

すると、、なんとそこに元担当検査官の黒崎駿一(片岡愛之助)が登場します!

黒崎は半沢に頼まれて、この不正を暴くことに協力していたのです。

法人部の部長代理で紀本と同じ東京第一銀行〈T派〉出身の灰谷英介(みのすけ)は、紀本と共に不正融資に関わっていて、この灰谷を渡真利たちは探っていたのですが、黒崎は渡真利たちをフォローして灰谷から紀本の指示で自分は動いていたと暴露させたのです。

ここで観念した紀本は、元副頭取の牧野が箕部への不正融資に反対していたのに、箕部が牧野に圧力をかけて最終的に箕部に不正融資をさせたことを白状したのです。

半沢は紀本に箕部が不正融資をした決定的な証拠がある場所を問い詰めます。

すると紀本は地下5階の隠し金庫にあると白状したので、みんなで急いでその場所に向かいました。

しかし、既に何者かにその書類は持っていかれていたのです。

福山啓次郎(タブレット福山:山田純大)は大和田の指示で動いていたので、福山はその書類のあるいかをすぐに大和田に伝えていたのですが、半沢は「大和田だ!」とすぐに感づいて、大和田の居場所を業務用携帯の電波から位置情報を探って、あるレストランに乗り込んだのです。

・・・

半沢が乗り込んだレストランには大和田の他に中野渡頭取となんと箕部幹事長の3人が会食していたのです!!

やはり大和田が例の箕部の不正融資に関する証拠書類を持ち出していて、箕部に渡していたのです。

大和田は、中野渡からの命令で箕部にこの書類を渡していたのです。

半沢はそんな中野渡に真のバンカーとして今、すべき行動を熱弁しました。

すぐにその書類を公表して、国民に知らしめ真実を伝えるべきだと。

そして東京中央銀行の不正をこれをきっかけに正し、われわれ銀行員が一丸となって今後は二度とこのようなことがないように真摯に新のバンカーとして国民に尽くしていくべきだと。

しかしその半沢の真意、熱意もむなしく、中野渡は半沢に対して帝国航空の担当から外れるように命じたのです。

その後、箕部は半沢に土下座を要求しました。

今、土下座をすればすべて許してやると。

そして大和田は力づくで、なんと半沢の上に馬乗りにのっかって半沢を土下座させようとしました。

しかし半沢は土下座をしようとはせずに、その場にいる大和田と中野渡頭取、そして箕部幹事長の3人に対して、

「この借りは必ず返します..やられたら、やり返す!倍…」

「いや…3人まとめて1000倍返しだー!!」と叫んだのです。

以上が第9話のあらすじ&ネタバレとなります。

※次の最終回(第10話)のネタバレはコチラ!
>>「半沢直樹2 最終回ネタバレ!笠松(白井秘書)が箕部を裏切る!?出向は?

半沢直樹2(2020年)第9話 箕部幹事長と伊勢志摩ステートの秘密とは?の感想

第9話はほんとうに今までの回以上に感動しました。。

最後の最後のシーンが圧巻でした。

大和田が半沢の上にのっかって無理やり箕部幹事長と、中野渡頭取に土下座させようとしましたが、半沢はこれを拒否してバンカー、そして国民代表として頭取と箕部幹事長に熱弁するシーンはほんとうにこころが震えました。

日本国民、特に政治家にぜひ見てほしいと思いましたね。

でもまさか半沢が前回の予告編で「3人まとめて1000倍返しだぁぁ!」と叫んでいた相手が箕部幹事長と、中野渡頭取、そして大和田だったなんて。。

ダイドンデン返しの連続で息つく暇もなくあっというまに終わってしまいました。

最終回のクライマックスを今から大いに楽しみにしたいと思います。

では、第9話についての世間の反応をご紹介したいと思います。

「まさか、3人まとめてが、頭取や大和田も入っていたなんて、予想できませんでした。
半沢が怒って言う言葉は、我々ビジネスマンの心にグサッと刺さります。
やっぱり、半沢直樹の配役は、堺雅人さんしかできないと確信しました。
本当にスゴイドラマです。
このドラマのスタッフの皆さん、ありがとうございます!」

「黒崎さんの再登場。
千倍返しの対象が誰なのかも判明したし。
濃すぎる約1時間だった。
原作と異なる展開だから、原作を読んでても十分楽しめるし、最終回が待ちきれない。」

「バンカーとしての筋を通す半沢直樹。
手を組んだ仲間さえ、信じられない展開の連続。
ましてや黒崎さんの協力など、裏切と協力が錯綜していました。
しかし、土下座させようとする時の大和田さんの一筋の涙にバンカーとしての悔しさと、半沢直樹をかばってやりたいという愛情も感じました。
面白かったです。」

「桃太郎の替え歌をしながら登場した時黒崎さんにも驚きましたが、淡々と土下座する幹事長と意地でもやらない半沢直樹の対比が凄かったですね
来週が待ち遠しいですけど半澤ロスが凄そうですね…」

「は〜っ。腹が痛い。
黒崎の登場は笑いが止まらない。
桃太郎さんの歌に始まり、まさか灰谷が被害者になるとは。
でも本来なら主役級の活躍をした黒崎が霞むほどの怒涛の展開。
ここまで視聴者を飲み込む半沢直樹。
このドラマを超える作品を作るのは大変だ。」

「今回も本当に面白かった。黒崎さんの登場には拍手喝采!そして半沢のバンカーとしてのセリフ、政治家としての矜持をとうとうと語る場面に胸が震えました。現在の政治家のみならず、社会で働くすべての人に観てほしい、自分の心で感じてほしいシーンでした。
まだ感動してます。
来週が本当に楽しみです。」

「こんなにすごいドラマ、観ないのはもったいない!!
ぜひ一人でも多くの人たちに観てもらって視聴率で恩返ししたいm(_ _)m
今日のが一番最高に面白かった」

「自分も含めて殆どの人がこんな大きな疑惑の中にいるわけではないし、政府に立ち向かう機会なんかないだろう。そんな機会があっても対峙する勇気もない。
地味でもっともっと小さいトラブルと日々闘いながら生きていると思う。
でも、この1時間余りのドラマを通して、少しの勇気と、明日から頑張る力を貰ってるよ。
先週の黒崎の最後の言葉、あなたに託したわよ、は視聴者の思いを代弁してくれたような気がした。しかし、ふと思った。。
このドラマは誰に対してのメッセージを含んでいるのか。視聴者と、もう一つ、別のところへ
来週は最終回。
半沢劇場いかに結するか。
1週間長いなぁ、、」

「いやぁ、半沢の涙堪えてた姿にこっちもついつい引き込まれて熱い気持ちが沸き上がってきた。来週が最終回なんて、寂し過ぎる。」

「いや、私は頭取を信じる。
箕部についたと見せかけて、半沢に膿みの膿みまで出させ切る作戦だと。
北大路欣也さん、ほぼセリフなし、表情だけでのあの演技、素晴らしすぎます。
榎本さんより難しい役柄だと思います!」

「今週も怒濤の展開であっという間の第9話でした!
今までもそうだったが、とにかく今回は物語の一連の流れが物凄かった!箕部幹事長というとてつもない巨悪に立ち向かうために、社内と社外の力を団結して立ち向かう姿とそれぞれの正義感が凄かった。そして最後の箕部幹事長と中野渡頭取、大和田と半沢直樹の攻防は本当に熱いものがありました。来週の最終回が本当に楽しみですし、最終回はただの勝ちではなく、皆が納得する言葉通りの倍返し、それ以上での半沢直樹の勝ちを期待しています。」

「江口のりこが味方になりそう。
端々に何か言いたげな表情を残している。
もともとは国民的人気のキャスター。最後まで黙ってお人形さんに甘んじる訳がない気がする。」

「大和田といい、女将の智美といい、原作にないキャラをよく脚本にぶちこんだね、その結果としてはストーリーに違和感もなく、むしろかえって面白さが増していると思うので、脚本の秀逸さと役者の演技に感服する。」

「半沢は箕部と紀元に倍返しして
黒崎は金融庁復帰をなして遂げてほしい。」

(ヤフーコメントより引用)

・・・

以上となります。

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※次の最終回(第10話)のネタバレはコチラ!
>>「半沢直樹2 最終回ネタバレ!笠松(白井秘書)が箕部を裏切る!?出向は?

※人気の関連記事はコチラ!
>>「半沢直樹2 おねしゃす!誰の案?大和田の名セリフ・アドリブ炸裂!

>>「半沢直樹 生放送 内容のネタバレ!反響や感想は?キャスト&出演者は?

>>「菅野美穂 内助の功!良妻賢母で旦那の堺雅人をサポート 半沢直樹無敵

※人気ドラマが盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気ドラマ一覧」

スポンサーリンク