私たちはどうかしているドラマ 2話のネタバレ&感想!動画(Hulu)も!

2020年8月20日

スポンサーリンク

この記事では、ドラマ「私たちはどうかしている」の第2話(8月19日放送)のあらすじのネタバレと感想をお届けしたいと思います。

またこのドラマの全話放送分を無料で視聴できる方法(Hulu)や、原作の漫画が気になる方向けの案内も合わせてご紹介させていただきます。

さて、ドラマ「私たちはどうかしている」の第1話では、花岡七桜(浜辺美波)が、母親の敵でもある高月椿(横浜流星)と15年ぶりの再会をして、なんと結婚をすることになりますが、再び七桜の運命の歯車は狂わされていくのです。

果たして、一緒になった七桜と椿の運命はどのように展開していくのでしょうか。

では早速、ドラマ「私達はどうかしている」の第2話のあらすじのネタバレを見ていくことにしましょう。

※ドラマ「私たちはどうかしている」の全話放送分が無料で見れます!(Hulu)

>>無料で視聴してみる!

※原作の漫画「私たちはどうかしている」が期間限定で超お得に読めます!

>>原作漫画を超お得に読む!

※ドラマの無料視聴や、原作漫画が気になる方はぜひ上記を確認してみてください。

ドラマ「私たちはどうかしている」第2話のあらすじのネタバレ

※前回はコチラ!
第1話のネタバレ:七桜と宿敵の椿との15年ぶりの再会!

椿(横浜流星)と一緒に光月庵で暮らし始めた七桜(浜辺美波)。

新たな運命の火蓋が切って落とされたのです。

七桜は、椿から下っ端職人としてまずは洗い場の仕事をするように言われます。

厨房で洗い場の仕事をしながら、七桜は同僚の職人たちから後ろ指を指されていました。

それは、まさに七桜が椿の結婚をぶち壊したからです。

そのような場所にいながらも、七桜は自分が大好きな和菓子作りの環境に囲まれていることに喜びを感じていたのです。

そんな中、同僚の職人の中でも見習いの城島(高杉真宙)は、七桜の仕事を助けてやったりしていました。

そんな城島から七桜は気になることを聞きます。

それは、15年前、先代の店主の樹(鈴木伸之)が死んでしまった事件の後に、それまでいた光月庵の従業員が総替わりしたというのです!

これを聞いた七桜は、事件が起きた当時のことを知っている店の客から話を聞こうとして、ある方法を思いついたのです。

・・・

その翌日。

光月庵で問題が起こっていました。

それは、神社の祈晴祭に向けての大量注文が入っている多忙な日に、なんと七桜が得意先である呉服店の白藤屋から注文を受けてしまっていたのです。

ところが実はこれは七桜の画策で、店が多忙な日に別注を受ければ自分で御菓子を作れるし、自分で白藤屋に届けに行けると思ったのです。

しかし結果的には椿がお菓子を作ることになり、七桜がこのお菓子を届けることになりました。

・・・

祈晴祭の当日。

七桜は思惑通りに白藤屋に御菓子を届けに行きました。

そして、お客さんがそのお菓子の箱を開けた時に、なんと中身のお菓子が真っ赤になっていて台無しになっていたのです!

予想外のことで気が動転する七桜のところに現れた椿が一言言いました。

「嘘をつくから..こんなことになるんだ」と。

実は、椿は七桜が不審な動きをしていることに気づいて、七桜の後を追ってきていたのです。

しかし、お菓子を台無しにした人間は不明でした。

お菓子を注文してくれた白藤屋は大事な得意先で、今回のことで大切な得意先を失ってしまう危機に瀕してしまうのです。

・・・

七桜が店に戻ってから、七桜は新たな情報を知って驚愕します。

それは、椿が作った御菓子を女将である今日子(観月ありさ)がチェックしていたというのです。

普段はお菓子のチェックなんかしない今日子がなぜこのタイミングで?

七桜は、今日子がその御菓子に細工をしたことに気づいたのです。

自分を追い出そうとして、、

七桜は今日子の元に向かいます。

すると今日子は、七桜に荷物をまとめて光月庵から出て行くように言ったのです。

2人はもみあいになり、七桜の荷物はなんと敷地内の池に落ちてしまいました。

その様子を見た椿が飛んできて、七桜に手を差し伸べます。

椿は、白藤屋から七桜への指名があって注文が入ったのだと言ったのです。

そんな騒動の中、例の白藤屋に多喜川(山崎育三郎)の姿がありました。

多喜川は、七桜の母親の百合子(中村ゆり)からの手紙を七桜に渡した謎の人物です。

白藤屋の店主は、実は多喜川から光月庵にお菓子を発注してほしいと頼まれたのです。

なぜ多喜川はこのように七桜に手を差し伸べようとするのでしょうか?

・・・

その翌日。

椿は、七桜に光月庵の餡を教え始めました。

そんな中、虎視眈々と七桜を追い出す機会をうかがっている今日子は、ベテラン職人の富岡(岡部たかし)が不満に感じていることを察知し、今日子の差し金で、なんと椿と七桜は厨房を使えなくなってしまったのです、、

富岡は光月庵の厨房をまかされています。

そんな富岡は、椿に対してもあまりいい感情は抱いていなくて、椿の命令にもそむいて「わたしは大旦那の指示だけに従う」と言って、七桜を厨房から追い出したのです。

せっかく椿は七桜に餡の作り方を教えて、白藤屋からの注文にこたえようとしていたのに。。

・・・

その夜、富岡は女将の今日子からの「今夜、私の部屋に来て」という手紙を持ちながら、今日子の部屋に現れます。

するとその部屋には着物を着て座っている今日子の後姿がありました。

そんな今日子の後ろから富岡はそっと抱きついたのですが、なんとその今日子と思っていた女性は実は、女装した椿だったのです!!

実は椿が画策してうその手紙を富岡に読ませるように仕向けていたのです。

弱みを握られた富岡は、翌日から七桜と椿に厨房を使わせてやるようにしました。

これで、七桜と椿は餡づくりに集中することができるようになり、七桜は椿の指導の元、一生懸命、餡づくりに集中してついに椿が認める餡をつくりだして、その餡を包んだモナカを作り出すことができたのです。

その餡は、昔からの光月庵なじみの餡の味とは違った新たな餡の味でした。

・・・

できあがったモナカを七桜と椿の2人は白藤屋に持っていきました。

そして、そのモナカを早速、白藤屋の店主は一口、食しました。

すると、その店主は「うん、おいしい!昔から変わらない味、、」と絶賛したのです。

椿は驚愕しました。なぜなら、昔から変わらないモナカの味ではなくて新しい味のモナカだったはずだからです。

店を後にした2人は少し歩いて、椿は七桜に詰め寄ります。

「なぜ、俺に黙って、モナカの餡の味を昔なじみの味に変えたのか?」と。

七桜は、お客さんがほんとうに求めているのは、昔なじみの餡が入ったモナカだと確信していたので、自分を信じて、椿には黙って、餡を変えたのです。

結果的にはお客さんに絶賛されて、信頼が戻ったのでひとまず椿はそれ以上は何もいいませんでした。

そして、なんと椿から「夫婦らしいことをしようか」と言って、七桜と手をつないだのです。

・・・

その夜、大旦那の計らいで、初めて家族の一員として、椿、大旦那、今日子と共に同じ席で七桜は夕食を共にしました。

大旦那は、七桜のがんばりにより見事に白藤屋から信頼を得たので、感謝とめでたい気持ちで、七桜を招いたのです。

喜ぶ七桜でしたが、椿が大旦那に頼まれた酒を取りに席を外した瞬間に本音を爆発させたのです。

椿は菓子職人の資格はないと。

しかし、七桜は、椿の菓子づくりへの思いや情熱、そして光月庵への思いは大旦那以上にあると告げました。

すると、大旦那は激昂して七桜にごはん茶碗を投げつけて、次の衝撃的なことを言ったのです。

・過去に二人の女性が光月庵に悪意を持って入ってきたこと

・その内の一人が今日子であること(今日子は椿の母親だが、実は椿は今日子の不貞の末できた子で、大旦那との血縁関係はない。
ゆえに大旦那は椿は光月庵を継ぐ資格はないとしている)

・また残りの一人が実は七桜の母親で、なんと大旦那の息子を殺した犯人だということ

何も言い返せずにいた七桜に大旦那は「おまえもだろ!わしから何を奪おうとしている?」とせまった盧です。

そこで、椿は七桜をかばい、大旦那に「私の嫁に手を出さないでください!」と言って、七桜と共にその場を去ったのです。

・・・

その夜。

それまで別々の部屋で寝ていた二人は、同じ部屋で寝ることにしました。

椿はなんと幼少の頃の七桜、さくらのことを覚えていてその時の楽しかった思い出をつぶやきます。

すると、子供の頃からお菓子に対する情熱を忘れておらず気持ちは変わっていない椿に感極まった七桜は、なんと椿にそっと抱きつきます。

そして二人は抱き合ったのです。

このとき、ふと七桜は椿に聞きました。

「もしその「さくら」という子が今、目の前に現れたらどうするの?」と。

すると、椿は「さくらを消すね。永遠に..」と冷たい顔でつぶやいたのです。。

・・・

今日子は、ある人物から書類を受けとります。

実は今日子は興信所に七桜のことを調べさせていたのです。

その書類には、幼い頃の七桜が母親の百合子(中村ゆり)と一緒に写っている写真が添えられていて、今日子は七桜の素性を知ることになったのです。

・・・

ドラマ「私達はどうかしている」第2話のあらすじのネタバレは以上となります。

※次回はコチラ!
第3話のネタバレ:七桜の素性がばれそうになり..

※ドラマ「私達はどうかしている」の全話放送分が無料で見れます!(Hulu)

>>無料で視聴してみる!

※原作の漫画「私達はどうかしている」が期間限定で超お得に読めます!

>>原作漫画を超お得に読む!

※ドラマの無料視聴や、原作漫画が気になる方はぜひ上記を確認してみてください。

ドラマ「私たちはどうかしている」第2話の感想

ドラマ「私たちはどうかしている」の第2話では、事件の真相を知ろうとする七桜の動きもさることながら、憎むべき相手の椿に対する心情の変化が印象的でしたね。

これぞまさに愛憎というものかもしれませんが、七桜の心の奥底にはまだ幼少の頃に大好きだった椿への想いが残っているように感じました。

だからよけいになぜあの時に椿が、七桜の母親を犯人扱いしたのか?、、についての真相が知りたくなります。

また女将の今日子の悪女ぶりが半端ない(笑)、、というか怖すぎる( ;∀;)

観月ありささんの新境地という役柄だなと感じました。

さらに大旦那の激高ぶりも怖すぎる。七桜にごはんが入ったお椀を投げつけるシーンは見ていて正直、めちゃくちゃ怖かったです。

あんな人と一緒に住めないな。。(笑)こわくて。

いろんな思いがうずまく光月庵でこれから七桜と椿の2人の想い、そして運命はどう展開していくのか、、

第3話以降も楽しみにしたいと思います。

・・・

では次に世間の感想の声をすこしご紹介したいと思います。

「このドラマ期待以上でした。
半沢直樹以外はぱっとしてませんでしたがこのドラマは低予算でもなんか画面と顔面が綺麗だしドロドロしてて面白い。
今季2位です!
浜辺さんがあの家の血を継いでそうですよね」

「着物で手繋ぎ、街並み効果もあって、映えますね。
和装の流星くんの凛々しさに眼福と思っていたら、ラストの寝間着のはだけ具合が
色気ただ漏れで、目が離せませんでした(笑)」

「コミックがそのまま現実になったみたいで、眼福眼福。
ありえな~い!と思いながらキュンキュンしてる人、多いだろうな。
和菓子も美味しそうだし。
主人公の美男美女に加えて佐野史郎、観月ありさ、山崎育三郎の脇を固める怪演が楽しみです!」

「古き良き昼ドラ感が、逆に新鮮(笑)
1話なんて、ヒーロー経験者揃いすぎ
だったし。」

「浜辺美波はいいけどびっくり水を知らない和菓子職人って有り得ないでしょう。ねちねちとした虐待とか不義の子供とか昼ドラみたいで完走できるかどうか怪しくなってきた。」

「内容は面白いけど、演出なのかな?なーんか、大事なところがちょっと残念な気もする。
心の内をナレーションで語ってばっかりだし、やっぱり演出が下手なんだろうな。」

「ご飯作りながらTVerで色々見ます。
これもたまたま期待せずに見始めましたが、
先が気になって漫画に手を出してしまいました…
浜辺美波は言わずもがな可愛いし、観月ありさの冷たーい目もハマりすぎだし、
佐野史郎はなんかヤラかしてくれそうだし。
1番は横浜流星!所作や立ち振る舞いが綺麗で。カッコイイじゃなくて綺麗。
2話以降も見よ!ってなりました。」

「流星さんと美波ちゃん、この二人の演技が目に焼き付いて、頭から離れない
クールビューティー…
二人の、あの感情を押し殺した冷めた眼差し…
文句なしに惹かれる
こう言う奥の深い、サスペンスタッチのドラマ、好きだなあ
完全にハマってます
今後の展開に目が離せない!」

「2話のラスト2分神シーンでしたね(笑)
いやほんと七桜と椿が浜辺美波と横浜流星で良かったわ」

「美波ちゃん、映画「死人荘の殺人」の時に比べたら大人っぽくなりましたね!
それに何より滑舌がよくなりました!」

(ヤフーコメントより引用)

・・・

感想は以上となります。

※ドラマ「私たちはどうかしている」の全話放送分が無料で見れます!(Hulu)

>>無料で視聴してみる!

※原作の漫画「私たちはどうかしている」が期間限定で超お得に読めます!

>>原作漫画を超お得に読む!

※ドラマの無料視聴や、原作漫画が気になる方はぜひ上記を確認してみてください。

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※人気ドラマが盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気ドラマ一覧」

スポンサーリンク