私たちはどうかしているドラマ 1 話のネタバレ&感想!動画(Hulu)も!

2020年8月20日

スポンサーリンク

この記事では、ドラマ「私たちはどうかしている」の第1話(8月12日放送)のあらすじのネタバレと感想をお届けしたいと思います。

またこのドラマの全話放送分を無料で視聴できる方法(Hulu)や、原作の漫画が気になる方向けの案内も合わせてご紹介させていただきます。

さて、ドラマ「私たちはどうかしている」の第1話では、和菓子作りに情熱を注いでいる花岡七桜(浜辺美波)が、幼少の頃に運命を狂わされた相手・高月椿(横浜流星)と15年ぶりの再会をします。

そしてこの再会によって、再び七桜の運命の歯車は狂わされていくのです。。

では早速、ドラマ「私達はどうかしている」の第1話のあらすじのネタバレを見ていくことにしましょう。

※ドラマ「私たちはどうかしている」の全話放送分が無料で見れます!(Hulu)

>>無料で視聴してみる!

※原作の漫画「私たちはどうかしている」が期間限定で超お得に読めます!

>>原作漫画を超お得に読む!

※ドラマの無料視聴や、原作漫画が気になる方はぜひ上記を確認してみてください。

ドラマ「私たちはどうかしている」第1話のあらすじのネタバレ

和菓子作りに情熱を注いでいる和菓子職人の花岡七桜(浜辺美波)は、茶道の宗家の娘の真由(小島藤子)から茶会のために、お菓子づくりを頼まれていました。

その時に七桜は、真由から新たな依頼を受けます。

それは、真由の結婚式の引き出物として、ぜひ七桜にお菓子をつくってほしいというものでした。

しかし、茶道の宗家ということで、七桜とは別にひいきにしているお菓子屋もあります。

そのために、そのひいきにしている和菓子屋と七桜で和菓子対決をして、結婚式の引き出物のお菓子をどちらに頼むか決めたいと真由から頼まれたのです。

七桜は、この依頼はチャンスだと感じます。

しかし、その対決相手を聞いた七桜は絶句したのです..

対決相手とは、創業400年もの伝統を誇る金沢の老舗和菓子屋「光月庵」(こうげつあん)でした。

実は、この「光月庵」は、七桜が幼少の頃の15年前に、七桜の人生からすべてを奪った店だったのです..

・・・

今から15年前。

幼い七桜は、和菓子職人だった母の百合子(中村ゆり)と共に、光月庵に住み込むことになりました。

そこの光月庵には七桜と同い年の高月椿がいました。

椿は、光月庵店主の一人息子で、店の跡継ぎだったのです。

喘息もちで気持ちが暗かった七桜と比べて、椿は明るくて人懐っこい性格だったので、七桜はそんな椿に惹かれていきました。

そして椿は七桜にお菓子づくりを教えて、七桜はお菓子作りのおもしろさを実感していたのです。

光月庵でのこのような1年間の日々は、七桜にとってとても幸せなものでした。

そんなある日の明け方。

雷の音で目を覚ました七桜は、そのまま母屋に行きました。

その庭先で見た光景に七桜は絶句したのです。

そこには血まみれになった椿が立ち尽くしていて、その足元では椿の父親の樹(いつき:鈴木伸之)がナイフで刺されて息絶えていたのです。

騒然とした現場に店の従業員たちが駆けつけて、警察もやってきました。

すると、椿は七桜の母親の百合子を指さして、なんと自分の父親を殺したのは、百合子だと証言したのです。。

百合子は「わたしはやっていません!わたしはお菓子を作っていただけです!」と否定したのですが、警察はそんな百合子を逮捕して警察署に連れていったのです。

ショックのあまり呆然と立ち尽くす七桜..

この椿の一言で、七桜は「殺人犯の娘」となってしまい、その後はすべてを失うことになったのです。

この時に見た光景が脳裏に焼き付いた七桜は、血の「赤色」に恐怖を覚えるというトラウマを負うことになります。

しかし、このようなハンデを抱えながらも、大好きだった和菓子作りだけはずっと続けて、心の支えとしてきたのです。

・・・

さて、そんな光月庵が和菓子対決の相手と知った七桜は、この対決を辞退したのです。

七桜は、ある和菓子屋で住み込みで働いていましたが、なんと突然、店から解雇されてしまいました。

その理由としては、その店に毎日あるメールが届いていたからでした。

その内容は、「花岡七桜の母親は人殺しです」という強烈なものだったのです。

いったい誰が、何の目的でこのようなメールを出したのでしょうか?

訳が分からないまま、住み込みの店を追い出されて、行き場を失った七桜は、道半ばでうずくまってしまいます。

そんな中、突然、見知らぬ男の多喜川(山崎育三郎)が七桜の目の前に現れました。

多喜川は、七桜の母親・百合子から預かっていたという手紙を七桜に渡しました。

この多喜川という男は、百合子のお菓子のファンだったらしく、百合子からこの手紙を託されていたと言いました。

百合子は、拘置所で亡くなってしまっていたのですが、その手紙を娘の七桜にどうしても読んでほしかったのです。

早速、七桜はその手紙を読みます。。

その手紙には「七桜へ 私はやっていない」と書かれていたのです。

母親の想いを知った七桜は、すぐに長い黒髪を切り落として、一度は断った光月庵との和菓子対決に臨むことにしたのです。

・・・

いよいよ運命の和菓子対決の日がやってきました。

そして、七桜は15年ぶりに椿(横浜流星)と顔を合わせることになったのです。

椿の様子は幼少の頃とはすっかり変わっていて、冷たい感じで自信に満ち溢れた姿をしていました。

どうやら椿は、七桜のことを覚えていないようです。

七桜は椿を目の前にして、思わず体をこわばらせてしまいますが、気分を切り替えて、和菓子対決に挑んだのです。

この和菓子対決のテーマは「桜」。

そして、七桜と椿はそれぞれの想いとそれぞれのワザ・技術をふんだんに盛り込んだお菓子を披露したのです。

評価としては、七桜に軍配が上がった感じでしたが、「ひいき」により光月庵が選ばれることになったのです。

・・・

「ひいき」によって選ばれなかったことを知った七桜は落ち込んでいましたが、対決の後、なんと椿が七桜を待っていたのです。

そして、椿は七桜になんと突然プロポーズをしたのです!

あまりにも唐突なプロポーズに唖然とする七桜。

しかしその後、椿は「冗談だよ」と軽く言って、その場を後にしました。

なんとも言えない複雑な気持ちになった七桜は、そんな椿に「しましょう、結婚」と言って、なんと椿のプロポーズを受け付けたのです!

その後、椿は「本気なら..3日後に光月庵に手土産を持って来てくれ」と七桜に言ったのです。

・・・

対決の翌日。

七桜は、現在、光月庵で売られている和菓子の味を確かめました。

しかし、その味は15年前に母親の百合子が作っていた頃のものからは激変していて、おいしさが劣っていたのです。

そんな七桜は、手紙に込められた母親・百合子の無念を晴らし、15年前の事件の真相を暴くために椿と約束した日に光月庵に乗り込んだのです。

光月庵に七桜が手土産を持っていくと、見習い職人の城島(高杉真宙)が案内してくれました。

しかし、城島から言われたことにショックを受けます。

それは、今、椿と老舗旅館の娘の長谷栞(はせしおり:岸井ゆきの)が神前式を挙げているというのです!

自分にプロポーズをしてこの日に店に呼んでおいて..いったいどういうこと!と七桜は怒り心頭に達して、神前式を挙げている椿の元に向かいました。

突然、現れた七桜に驚く参列者一同。

場がざわつく中、椿はなんと七桜と結婚することを宣言して、七桜にその場でキスをしたのです!

さらに現場が混乱する中、光月庵の女将であり椿の母の今日子(観月ありさ)は、いったん場を収めて、椿と七桜を別室に連れていきました。

実は今回の椿と老舗旅館の娘の長谷栞との結婚は、今日子が策略した政略結婚で、経営が傾いている店をこの結婚によって回復させようとしていたのです。

そんな今日子は、椿を説得してすぐに結婚式に戻るように言いますが、七桜は15年前の事件の話を出して、今日子を引き留めようとしたのです。

すると、そこに光月庵の大旦那の宗寿郎(そうじゅろう:佐野史郎)が現れました。

病気がちでほぼ寝たきりだった宗寿郎ですが、この日は調子がよくて部屋から出ていたのです。

そして宗寿郎はそのまま式が行われていた大広間に出向いて、参列者の前で式の中止について土下座で謝罪しました。

その後、雨が降っていた大広間の前の庭に椿が出て、今回の件を詫び、光月庵の立て直しを誓ったのです。

しかし、そんな決意をした椿に対して大旦那は「生意気な口をたたくようになりおって!」と激怒して、「3か月で店を立て直せ!もしできなければその娘とともに光月庵を去れ!」と言ったのです。。

この日から、椿と七桜の想像以上に過酷な日々が幕を開けることになったのです。

・・・

ドラマ「私達はどうかしている」第1話のあらすじのネタバレは以上となります。

※ドラマ「私達はどうかしている」の全話放送分が無料で見れます!(Hulu)

>>無料で視聴してみる!

※原作の漫画「私達はどうかしている」が期間限定で超お得に読めます!

>>原作漫画を超お得に読む!

※ドラマの無料視聴や、原作漫画が気になる方はぜひ上記を確認してみてください。

※次回はコチラ!
第2話のネタバレ:椿と共に住み始めた七桜だが..

ドラマ「私たちはどうかしている」第1話の感想

ドラマ「私たちはどうかしている」の第1話が放送されましたね!

花岡七桜を演じる浜辺美波さんと、高月椿を演じる横浜流星さんがまさに美男美女で映えまくっていますし、物語もミステリアスで次回の続きがものすごく気になる演出なので、非常に見ごたえがありました。

また椿の母親役・今日子を演じている観月ありささんは、おそらく今回が初めての悪女役ではないでしょうか?

なかなかはまり役だと思います。

回を重ねるごとにより狡猾な悪女ぶりがにじみ出てくるような気がします。

さらに画面に出てくるお菓子がむちゃくちゃおいしそう(笑)

お菓子の説明もちゃんと分かりやすくしてくれるので、より味わい深くお菓子を見ることができるようになりました。

このドラマをきっかけに和菓子ファンになるかも(笑)

次回の第2話も楽しみですね。

では次に世間の感想の声をすこしご紹介したいと思います。

「期待せずに見たら、先が気になって漫画に手を出してしまいました…
観月ありさじゃ若すぎるやろ〜と思っていたけど、意地悪と言うかキツい役似合うw」

「脇役に至るまで、漫画原作にそっくりなキャスティング。台詞も見事に原作どおり。
主役二人も勿論ですが、観月ありさと佐野史郎がやはりズバ抜けてる!」

「ほんと美しい2人でこういうのが見たかったというほど眼福。
若いのに色気のある2人で見ていて楽しい。
横浜流星君は、やっぱり空手を長年やっていただけあって、動きが早いというか、こういう役やらせるとちょっと凄味がありますね。体幹の強さも見え隠れする」

「ミステリー的なドラマでハラハラさせられましたが。犯人も気になるし今後どの様な展開になるのか気になりました。観月さんの和服姿綺麗だったな!
和菓子作りも大変そうですが見ていて美味しそうに見えた!」

「佐野史郎さんは孫の味方なのでしょうか?
姑がキレてる時に出てきたから助け舟かな?って思っていたら最後は怒ってるし、予告では嫁を虐めてる感じだし次回が気になるっ!!」

「題名があまりそそられないから適当な感じで見てたけど、結構面白いかも。」

「和菓子に興味がなかったけど、作った和菓子の説明が美しく興味深かった。キャストの人気に頼らず重厚で美しいドラマに仕上げてほしい。」

「漫画の大ファンなので、ドラマも楽しみにしていました。和菓子もきちんと登場してきて満足! キャスティングも佐野史郎さんと育三郎さんは少し違和感残るけど、今後が楽しみです。個人的には城島君役の高杉さん。原作そのもの! びっくりしました。」

「漫画見てからドラマ見たけど、観月ありさハマってる!キャスト良いー!横浜流星も着物似合うし、これから楽しみ。
和菓子も綺麗だし、映像も漫画の世界観を大事にしてる。」

「佐野史郎さんも出演されているからか、ドラマを見ていて、まだ早いか分かりませんが、観月ありささんも、歳を重ねて徐々に野際陽子さん化していくような気がした。
あ~さくら~!……センパ~イが、懐かしい。」

「他の主役番組も少しだけど見てきた
どちらも謙虚で好感持てる俳優さん
演技力もあると思う
なんか みていて 品があるし 内容も面白そう
マンガも読んでみようと思う
やっぱりドラマは 美男美女でないと!!」

(ヤフーコメントより引用)

・・・

感想は以上となります。

※ドラマ「私たちはどうかしている」の全話放送分が無料で見れます!(Hulu)

>>無料で視聴してみる!

※原作の漫画「私たちはどうかしている」が期間限定で超お得に読めます!

>>原作漫画を超お得に読む!

※ドラマの無料視聴や、原作漫画が気になる方はぜひ上記を確認してみてください。

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

※人気ドラマが盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気ドラマ一覧」

スポンサーリンク