火ノ丸相撲の第248話ネタバレ&感想「鬼丸国綱と刃皇、対話」鬼神

2019年7月13日

スポンサーリンク

この記事では「火ノ丸相撲」248話(ジャンプ最新刊2019年32号 7月8日月曜日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

今回の「火ノ丸相撲」248話の見どころは優勝決定戦の決勝です。

激戦の中で、鬼丸と刃皇の二人は対話し、鬼丸が想いをぶつけます。

では、早速「火ノ丸相撲」248話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」248話のネタバレ

前回はコチラ!
第247話:「鬼丸国綱と刃皇」神に抗いし者

実況 「鬼丸の逆とったり―!!」

実況 「刃皇の喉輪を強引に振り払った!!」

刃皇 (・・・そうだったあの時も前捌きは上手かったよなぁ・・・君は・・・)

刃皇は鬼丸との以前の取り組みを思い出しつつも対応します。

冴ノ山 (・・・見せてやれ横綱に)

冴ノ山 (あんなもんじゃないだろ君の・・・本当の強さは!!)

柴木山部屋の力士達が鬼丸の勝利を願って懸命に応援をします。

刃皇 (ならこれはどうかな?)

刃皇は細かい突っ張りを繰り出し鬼丸を近づけまいとします。

駿海 (取って付けた様な小兵対策はやめろ刃皇!まだ侮るつもりか!?)

三日月 (認めなよ横綱・・・潮君は刃皇にも廻しを取らせなかった俺から廻しを奪った男っすよ・・・!!)

刃皇の取り組み方に鬼丸を侮ったような戦法に周囲は不満を覚えます。

そして、鬼丸が刃皇の攻撃を掻い潜り刃皇の下手を引きます。

刃皇 (侮ってなどいないよ・・・認めているからこそ知りたいんだ)

刃皇 (さぁ鬼丸・・・君の声を聞かせてくれ・・・)

鬼丸 「・・・横綱まずは感謝を」

鬼丸 「奈落へと転がり続けるワシを救い上げようとしてくれたあの一番」

鬼丸 「今改めて染み入ります誉れ高き横綱と向かい合う喜びを」

鬼丸は場所中に一度刃皇に敗北を喫した一番に対して感謝を述べます。

鬼丸 「まだやめんで下さい!どうしてやめるんです!」

鬼丸 「これから面白くなる所じゃないですか!大相撲!」

刃皇 (聞き飽きた文句だな・・・君とならもっと面白い話が出来ると思ったが・・・)

刃皇は鬼丸の話しをつまらなさそうに聞きます。

鬼丸 「ワシが・・・――ワシが面白くしてみせますよ!一緒に楽しみませんか!」

鬼丸 「ワシが横綱を孤独にさせませんから!」

刃皇 「君が私に並び立つと・・・?出来るのか?その体で」

刃皇は驚いた顔をしつつも冷静に鬼丸に問います。

鬼丸 「もういいでしょうその手の問答は」

鬼丸 「ワシが今ここにいるこれが全ての答えです」

鬼丸は周りに否定され続けてきながらもこの頂にいること、

鬼丸は神に刃向かう異形としてこの地獄を闊歩する鬼神となることを刃皇に言い切ります。

鬼丸 (最高の『今』を作り上げる)

鬼丸 (それがワシの相撲道じゃ!!)

・・・

第248話は以上となります。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「火ノ丸相撲」248話の感想

鬼丸と刃皇の優勝決定戦の決勝も白熱してきましたね。

鬼丸の想いを真っ向からぶつけ、刃皇は少しずつ心が揺らいでいるようにも見えました。

試合の熱が増す子の対決に勝利を手にするのはどちらなのか来週以降の展開にも期待が高まります。

・・・

感想は以上となります。

次の第249話はコチラ!
第249話:「鬼丸国綱と刃皇、感謝」刹那の煌めき

無料で読める!

以上で「火ノ丸相撲」248話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「火ノ丸相撲」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

すぐもらえるポイント

>>「最新刊」を無料で読む!

ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「火ノ丸相撲」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「「火ノ丸相撲」最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク