約束のネバーランドのネタバレ135話最新&感想!ノーマンからの頼みごととは!?

2019年6月4日

スポンサーリンク

ノーマンに呼び出されたドンとギルダ。

二人がノーマンに頼まれたこととは!?

・・・

この記事では『約束のネバーランド』135話(5月27日発売の週刊少年ジャンプ2019年26号)のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

では、早速見ていくことにしましょう!

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

約束のネバーランド第135話のネタバレ

※前回の134話はコチラ
134話:彷徨い歩くレイ…

レイとエマがななつのかべ探しに苦戦している頃、ノーマンはドンとギルダを部屋に呼び出し「ソンジュとムジカを探してほしい」と二人に切り出します。

ラートリー家や王達に先を越される前に見つけ出して保護してほしいとノーマンは戸惑う二人に話を続けます。

エマの計画には邪血が必要、でもしエマの戻りが間に合わず僕が王・貴族を殺し尽くしてしまったらソンジュとムジカに頼るほかない。

エマの計画をのむかはわからないが王達やラートリー家に捕まればムジカ達は殺される。

不安要素は抑えておきたい。

話し合いで引き入れられるなら引き入れたいと彼らと旧知の二人に頼みます。

ドンは二年も前だしどうやって?と聞くとノーマンは地図を出し彼らが通りそうな場所をリストアップしていてその中にはドン達がムジカ達に会った場所も上がっていました。

護衛はつけると言われ二人はわかったと了承します。

良く捉えれば考え直してくれた…

でなけりゃソンジュとムジカを見つけ出し誘き出し殺すための釣餌…

追求してもはぐらかされ殺される。

だったら話にのって俺達でムジカ達を守らないととドンとギルダは決心します。

護衛にはハヤトと犬を三匹連れた銃と探索の名手でアイシェが同行することになりました。

ドンとギルダはアイシェに挨拶をしますが彼女は昔禁制区域の森で鬼に飼われていたため話が通じないのでした。

ドンとギルダは自分達のためにもエマとレイのためにもノーマンのためにもムジカ達を殺させないと誓い出発します。

そのころレイはボロボロになりながら赤ん坊姿のエマを抱き抱えさ迷っていました…。

・・・

第135話は以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

次は感想をお届けいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

約束のネバーランド第135話の感想

ソンジュとムジカを本当に保護することはなさそうな雰囲気ですよね…

ドンとギルダまで使うなんてノーマンを嫌いになりそうですが、いつの間にかエマとレイくらい頼もしい存在に成長した二人ならムジカ達を殺させずに何とかしてくれることを祈ります!

新しく登場した護衛のアイシェは鬼に飼われ鬼の言葉を解し鬼を憎んでいるようですが、彼女が今後どういう動きをするのかにも注目したいところです。

最後の場面ではレイとエマの姿が出てきますがエマは赤ん坊だしレイは大人になっていてボロボロだしまだ手掛かりもつかめていないようで大分苦戦していそうですがみんなの所に戻って来れるのか不安しかないです。

色々と動き出して複雑になってきましたが次回もどうなるのか楽しみです!

・・・

感想は以上となります。

※次の第136話はコチラ!
136話:迷路を抜ける方法は!?

無料で見れる!

以上で「約束のネバーランド」第135話のネタバレと感想について終わらせていただきます。

さてこの「約束のネバーランド」を文章だけではなくてアニメや漫画でも楽しみたくありませんか?

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

※第135話のあらすじについて予測・考察させていただいた前バージョンです。ご参考までに!

~レイの姿に衝撃を受ける!~

前回の134話にて、○○にあそぼと言われたレイとエマ。

今回のレイの衝撃的な姿とは!?

エマは一体どこへ行ったのか!?

あそぼの意味とは一体!?

暗闇の始まりとは一体なんなのか!?

エマとレイは謎をとき、ここから抜け出し"七つの壁"にたどり着くことはできるのか!?

○○(読めない文字)との戦いが始まる!!

・・・

第135話の予測の前に少しだけ第134話を少し振り返ってみましょう。

134話では、エマとレイが○○(読めない文字)に「ななつのかべはこのなかにある。」といわれ、探していました。

今回は年を取ったレイがさまよっている場面から始まります。

「もう、わけがわかんねぇ…。」

「ここはどこだ。今は何年(いつ)だ。」

「エマ…。おいエマ…!」

「そうか…もういないのか。」

「俺は誰だ。」

と独り、置き去りになってしまったようです。

場面はかわり、現在のエマとレイは○○(読めない文字)に言われ地下へとおり、シェルターにつきます。

しかし、ドアの数が違うので、ここもまた遊びかよとレイは言います。

エマは

[クヴィティダラの竜の目で

昼と夜を探すべし

まずは北へ10里

つぎに東へ10里

つぎに南へ10里

つぎに西へ10里

天へ10里地へ10里

砂の間で矢が止まり

日が東へ沈むとき

地が哭き壁(それ)は現れる]

この謎を解いて条件を満たせば壁が現れ、ここを抜け出して○○(読めない文字)に会いに行けると考えます。

エマとレイはとりあえず北へ10里行くために、北の方角にある扉を開けてみます。

しかし入った部屋はモニター室で、上下逆さまになっているので廊下に戻り全部の部屋を見ることにします。

戻ってみると廊下だったところが、食堂になっていました。

その後も扉の開け閉めごとに違う部屋に繋がっているようで、まるで迷路だとエマは思います。

先ほどとは向きが違うモニター室に戻ったエマはさっきは無かった矢印を発見します。

エマは

「行こう!謎を解くためにもまずこの場所を知らなくちゃ。」

と言います。

レイは

『その時俺は解けると思っていた。

あの謎を、この迷路を。

勝てると思っていた。

あの天井絵の暗闇に。』

と回想しおわります。

・・・

では第135話ではいったいどのような展開になるのでしょうか。

今回は、前回の続きである"七つの壁"にたどり着くために○○(読めない文字)が言っていた何かを探し、結果的にレイが独りさまよってしまっているという回だったと思います。

最初の場面でレイが独りになってしまっているところを見ると、エマはおそらく謎をとき、あの世界から抜け出す事ができたのだと思います。

ということはこれから先、エマとレイは何らかの理由で離ればなれになってしまい、別々の行動をとることになっていくのだと思います。

または、レイの見ているものは○○(読めない文字)に見せられている現実とは異なる夢のなかのようなもので、そこまで時間はたっておらず、レイ自身を混乱させ、冷静さをなくすための罠だという可能性もあると思います。

それに、現実の世界と○○(読めない文字)の見せている世界との時間軸が同じとは限らないので、実際はまた短い時間ということも考えられると思います。

次回以降、エマとレイは一緒に行動していたのに何故はぐれてしまうことになったのか、エマは無事なのか、抜け出すことができたのであればどのようにして抜け出したのか、そして、"暗闇"の本当の意味とは一体なんなのか、○○(読めない文字)とは一体何者なのか、レイは無事に抜け出すことができるのかなど明らかになっていくと思います。

それともしかすると、前に"七つの壁"に行った人間はほとんど帰ってこないといっていたので、1人は新しく誰かがあの世界に入ってくるまでは残らなければならないのかもしれません。

だからこそ、最後の天井絵は"暗闇"。

何もない、または絶望という意味なのかもしれません。

そして、今回は描かれませんでしたが、ノーマンの方の計画も進んでいると思うので、次回は描かれるのではないかなと思います。

ノーマンが、ドンとギルダを呼び出した理由や、"邪血の少女"である『ムジカ』のことなども明かされていくと思います。

・・・

以上となります。

※「約束のネバーランド」のアニメやコミックが無料で見れます!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

↓↓合わせて読みたい↓↓

スポンサーリンク