星稜が高校野球で奇跡の大逆転(9対8)!石川大会で。9回裏で!

2017年8月20日

スポンサーリンク

どうも、こんにちはヽ(^0^)ノ、ねこまりもです。
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m

高校野球で奇跡の大逆転劇がありました!

2014年甲子園への切符をかけた石川大会の決勝戦で、星稜が小松大谷に勝ち2年連続で17度目の甲子園出場を果たしました!

しかし・・・
この試合が高校野球の歴史に残る奇跡の大逆転劇を果たした試合なんです!

9回裏までなんと星稜は0点。
そして小松大谷は順調に点数を稼ぎこの時点で8点をマーク。

9回裏でこんな感じ。
—————————————
小松大谷 150110000 8点
星稜   00000000  0点
—————————————

誰が見ても小松大谷の勝利を確信するような状況でした・・・

そして、9回裏になり星稜の攻撃がスタート。

星稜は0‐8の崖っぷちの状況でしたが、打者13人が一世一代の猛攻撃を開始。
一気に9点を奪い、最終的には小松大谷を9‐8で下しました!
奇跡の逆転サヨナラ勝ちが起こったわけです(*゚▽゚*)
—————————————
小松大谷 150110000 8点
星稜   000000009 9点
—————————————

スコア

こんなスコアって見たことありますか?
まるでドラマや漫画の世界の出来事だと思いますが、現実に2014年7月27日に起こった出来事です。
星稜は、ゴジラこと松井秀喜の母校でもありますので、海外のアメリカのメディアでも大々的に奇跡の大逆転ということで取り上げられ話題となっています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほんとうにこんなことが起こるんですね・・・
今回のこの奇跡の大逆転は「最後まであきらめない。必ず奇跡は起こる」ということを分かりやすく示してくれています。

一方の小松大谷ナインは相当のショックを受けているでしょうが、「禍福は糾える縄の如し」でこの出来事を肥やしにして、ぜひ今後の人生の場面で奇跡の大逆転を果たしてもらうことを祈ります。

多くの人に勇気と感動を与えてくれた星稜と小松大谷ナインのみなさん、ほんとうにありがとう!
そして星稜ナインの皆様は甲子園での活躍を・・・
小松大谷ナインの皆様は今後の人生での活躍を・・・
こころから期待しつつ、応援しています!

最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございましたm(_)m

・関連記事です。

・2017年甲子園!「夏の甲子園 東北勢が悲願の初優勝へ!2017年に東北で優勝旗を掲げろ!

・史上初!長すぎる試合「高校野球 最大の延長戦は50回でしかも世界最長!

・2014年の甲子園で物議を醸し出した東海大四の西嶋選手「超スローボールで相手を翻弄!

・気になる・・・はこちらまで♪

・気になる・・・はこちらまで♪

スポンサーリンク