ドメスティックな彼女第216話ネタバレ&感想!2人はこのまま別れる・・!?

2019年3月3日

スポンサーリンク

今回の記事では「ドメスティックな彼女」第216話(1月23日発売の週刊少年マガジン2019年8号掲載)のネタバレと感想をお届けいたします。

前回の215話 では、瑠衣が夏生に別れを告げるシーンで終わってしまい、どうなるの!?と、とても気になっていました。

このまま2人の関係は終わってしまうのでしょうか?

では、早速、第216話を見ていくことにしましょう。

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ドメスティックな彼女」第216話のネタバレ

前回はコチラ!
215話 喧嘩になってしまった2人。

「今…なんて?」

突然の別れ話に戸惑う夏生。

瑠衣から、精神的な負担にはなりたくないのに、お互い負担になってしまっているという事実をつきつけられます。

それでも別れたくない夏生は、小説がなくなって、心の支えは瑠衣だけなのにと訴えます。

俺は別れない、と。

そんな夏生に瑠衣は優しく、小説を失った穴はあたしでは埋められないと告げます。

「「恋人」っていう関係が安心感よりもイライラや後ろめたさを生んだりお互いプラスに働かないなら家族に戻った方がいい」

それが瑠衣の考えでした。

その意思の強い表情を見て、夏生はしゃがみこんでしまいます。

場面は空港に、家族で瑠衣を見送るシーンへ移ります。

夏生に飲み物を買いに行こうと誘う瑠衣。

もう一緒の時間は過ごせないからと時計を返します。

そして、ネックレスをお守りとして持っていてもいいか聞きました。

頷く夏生の目には涙が流れていました。

最後は笑顔で別れたいと言いつつも、瑠衣の目にも涙が浮かんでいます。

瑠衣は夏生に抱きつくと、「別れたらあたしと過ごした時間は無駄になる?」と聞きました。

夏生は今までのことを思い返しながら首を横に振ります。

「よかった」

そう言って笑顔をつくる瑠衣。

2人は抱き合いながら、「じゃあね」と別れのキスを交わすのでした。

帰りの飛行機では切なそうにネックレスを眺める瑠衣。

電車で帰宅する夏生の頬には涙が見えます。

その様子を隣で陽菜が見ていました。

・・・

第216話は以上となります。

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「ドメスティックな彼女」第216話の感想

やはり別れてしまいましたね。

別れ際の、夏生が今までの想い出を思い返すシーンが、とにかく切なかったです。

きっと、お互いに愛する気持ちが執着へと変わりはじめていたことに、瑠衣は気づいてしまったのだと思います。

筆者は今まで深く考えてこなかっただけに、恋愛って難しいなと改めて思いました。

さて、別れてしまった2人ですが、これからどんな未来が待っているのでしょうか?

夏生は早く小説が書けるようになるといいですね。

瑠衣はアメリカで夢を叶えてほしいです。

それぞれ別々の道へ進んでも、変わらない2人であってほしいです。

そして、このままで終わるドメスティックな彼女ではないと思うので、今後の展開に期待ですね!

次回も目が離せませんね。

・・・

感想は以上となります。

※次の第217話はコチラ!
217話:別れの先には…?

無料で読める!

以上で「ドメスティックな彼女」第216話のネタバレと感想を終わらせていただきます。

この「ドメスティックな彼女」を文章だけではなくて漫画でも楽しみたくありませんか?

※「ドメスティックな彼女」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「ドメスティックな彼女」の最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「ドメスティックな彼女の最新話ネタバレ!」

※人気漫画が盛りだくさん!
コチラをクリック >>>「人気漫画一覧」

スポンサーリンク