あかいいと漫画のネタバレ7巻&感想!比名瀬に南條の事を話せない千紘は…?!

2019年2月17日

スポンサーリンク

今回の記事は漫画「あかいいと」第7巻のネタバレと感想をお届けいたします!

南條にキスされてしまったことを比名瀬に打ち明けられず思い悩む千紘だったが、エレナが比名瀬に会いに行ったことに気づかず…。

南條のいる加座間高校と練習試合をすることになり、剣道部での打合せを口実に比名瀬を避け一人で帰宅した千紘を待っていたのは?!

では、早速見ていきましょう!

※「あかいいと」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「あかいいと」第7巻のネタバレ

※合わせて読みたい!
第6巻:比名瀬の元カノ登場に千紘は…?!

比名瀬はエレナが彼氏とうまくいっていないと言いかけるのを遮り「他の男に頼るな」と突き放すが、「千紘ちゃんはいいの?」と思わず口走り慌てて訂正するエレナの言葉を聞き咎め、何のことかと問い詰める。

翌日千紘は南條のいる加座間高校との練習試合が決まったことを知り、打ち合せのため居残ることを主将に命じられる。

南條と顔を合わせる前に比名瀬に話をしなければと思う千紘だったが、いざ比名瀬の顔を見るとどう切り出せばいいのかわからなくなり一緒に帰ろうと言う比名瀬を避けてしまう。

ため息をつきながら家に帰った千紘は、自分の部屋で寛ぐ比名瀬を見て目を丸くする。

一緒に食べようと夕飯を買ってきた比名瀬だったが、千紘は比名瀬が何もかも知っていてエレナとよりを戻すため自分に話をしに来たのではと青ざめる。

しかし比名瀬は最近元気がない千紘が気になっただけと語り、千紘がエレナからだと言って渡したお菓子にも手をつけなかった。

「おまえにもらったもの以外食べない」と断言する比名瀬に胸がいっぱいになる千紘は、もう隠し事は出来ないと翌日比名瀬を道場に呼び出す。

道場で土下座をしたまま南條にキスされたことを告白し別れてくださいと言う千紘に、比名瀬は全部エレナに聞いていたと告げる。

千紘を悩ませたことを謝る比名瀬はエレナと別れた本当の理由を語り、千紘と同じように自分も自信がなかったことを打ち明ける。

これから二人で一緒にお互いのことを知っていけばいいと言う比名瀬に千紘は抱きつき、自分だけが悩んでいたつもりになっていたことを謝るのだった。

比名瀬は抱きしめた千紘の耳元で「全部片がついたらちゃんとしたい」と小声で囁き、その意味を察した千紘は顔を真っ赤にしながら小さく頷く。

仲直りした千紘を家まで送り届けた比名瀬だったが、千紘に近づく南條に対してこのままじゃすまないと秘かに意を決していた。

練習試合のため紫上学園を訪れた南條に声をかけられた千紘は、南條が無理やりキスをしたのだから殴ったことは謝らないと伝えるが、南條は動揺する気配すらなく自分の気持ちは変わらないと言ってのける。

殴られたことでさらに千紘を気に入ったと笑顔で告白する南條に呆気にとられる千紘。

練習試合が始まり、比名瀬は対戦相手に南條を指名する。

竹刀を交えながら南條は比名瀬を挑発するかのように千紘に告白したことを告げて突きを繰り出すが、比名瀬にかわされた時に脇を痛める。

それに気づいた比名瀬は審判に南條がケガしたことを告げて、試合を無効にする。

稽古を終え道場に残った南條に湿布を差し出す千紘は、警戒しつつも手当てをしようとして自分が殴った部分がアザになっているのを見つける。

南條が「橘がつけた痕だからわざと手当てしなかった」と告げると、そこへ現れた比名瀬が南條の痛めた脇腹に思いきり湿布を貼り付けて悶絶させる。

比名瀬は南條に竹刀を突きつけ、千紘を動揺させて面白がるのは許さないと真剣な表情で告げるが、南條は自分にこんなことをした奴は初めてだと言い、次に会うのを楽しみにしていると比名瀬に告げて去って行く。

予想外の反応に固まる二人だったが、千紘が珍しく自分の腕にしがみついているのをからかう比名瀬に千紘は、自分のために怒ってくれたことが嬉しかったと打ち明ける。

エレナに対しても自分がはっきり釘を刺すから気にするなと言う比名瀬に、千紘は自分を大切にしてくれる比名瀬のためにも逃げずにエレナと向き合わなければと思う。

比名瀬に相談した上でエレナを呼び出した千紘は、よりを戻したいわけではないならもう自分達に関わらないでほしいと告げる。

エレナは千紘の反応を探るように、復縁したいならちょっかいを出してもいいのかと尋ねるが、千紘はそれでも自分が比名瀬を好きな気持ちは変わらないとはっきり答える。

うつむくエレナの顔色が悪いことに気づいた千紘は体調を気遣うが、そこへエレナの彼氏である湊がやって来て嫌がるエレナを強引に連れて行こうとする。

思わず間に入りエレナを庇う千紘は咄嗟に口からでまかせで自分とエレナが付き合っていると告げ、エレナも調子を合わせて湊を追い払う。

そこへ偶然を装って比名瀬が現れると、エレナが空腹で倒れてしまう。

エレナのアパートに行きお粥を食べさせた千紘は、エレナが洋服を買うために食費を節約していたことを聞いて、大人の女性だと思っていたエレナの憎めない一面を知り、散らかり放題の部屋を見回してエレナを叱りつけ、お母さんみたいと無邪気に笑い出すエレナを尻目に比名瀬と二人で掃除を始める。

片付けを終えて帰ろうとする二人に、本当は湊と別れるため比名瀬を貸してほしいと千紘に頼むつもりだったと打ち明けるエレナ。

それを聞いた千紘は「一度は好きになった人を物みたいに言ってはダメだ」と言って、絶対にそんなことはさせないときっぱり告げる。

エレナに対してのコンプレックスが消えたわけではないが、何があっても自分が比名瀬を好きな気持ちは変わらないと気づいた千紘。

もう少し比名瀬と一緒にいたいと思う千紘は比名瀬の自宅で一緒に食事をとることに。

エレナのことに片がつき道場での約束を思い出した千紘だが、自分も比名瀬とキス以上の関係になりたいと思うものの、心の準備が出来ていないことを訴える。

千紘の反応を予想していた比名瀬は、旅行のパンフレットを渡して冬休みまで待つからそれまでに気持ちを固めてほしいと告げる。

予想もしていなかった展開に焦る千紘は…?

・・・

第7巻は以上となります。

※「あかいいと」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

「あかいいと」第7巻の感想

元カノであるエレナや、自分を振り回す南條のことで悩み続けていた千紘が比名瀬への強い想いに気づき、自分なりの答えを見つける第7巻です。

南條にキスされたことを比名瀬に切り出せずに思い悩む千紘。

しかし自分を大切にしてくれる比名瀬に隠し事は出来ないと覚悟を決めて全てを打ち明け、自分と別れてほしいと頭を下げます。

南條にキスされたのは千紘にとって事故のようなもので比名瀬と別れる必要はないと思うのですが、不可抗力とはいえ自分が油断していたせいでそんな事態を招いたと千紘は考えていたのですね。

真面目な千紘の性格が伝わりますが、当然比名瀬は別れを受け入れる気は微塵もなく、むしろ自分が軽く考えていたために千紘を苦しめていたことを謝ります。

そしてエレナに対してだけでなく、自分と付き合うことにも自信を失っていた千紘にエレナと別れた本当の理由を語り、自分も千紘と同じで自信などなかったと打ち明けて、二人で一緒にお互いのことを知っていこうと千紘を抱きしめます。

千紘は自分だけが悩んでいると思い込んでいたことに気づき、比名瀬への想いを一層募らせました。

そして比名瀬は南條に、千紘はエレナに対してそれぞれ自分の意を告げて、問題に決着をつけました。

お互いを想う気持ちを確かめ合い強い絆で結ばれた千紘と比名瀬。

比名瀬とならキス以上の関係に進みたいと思うものの心の準備が出来ない千紘に、比名瀬は冬休みの旅行を提案する…という展開になりました。

ようやく過去ではなく今の自分達を見つめることが出来た千紘。

何があっても自分が比名瀬を好きな気持ちは変わらないことに気づいてエレナの存在を乗り越えることが出来ました。

一貫して千紘を守り続けた比名瀬の強い想いに支えられて、より一層絆を深めましたね。

身も心も結ばれたいと願う二人ですが、比名瀬に冬休みの旅行に誘われた千紘は心を決めることが出来るのでしょうか?

ドキドキの展開に期待しながら、第8巻に続きます!

※次の第8巻はコチラ!
第8巻:比名瀬に旅行に誘われた千紘は…?!

・・・

感想は以上となります。

無料で読める!

以上で「あかいいと」第7巻のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「あかいいと」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「あかいいと」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>最新刊を無料で読む!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「あかいいと」をもっと読みたい!
コチラをクリック >>>「あかいいとの全巻ネタバレ!」

※「あかいいと」に登場する桜木莉乃と桐谷蓮が主人公のスピンオフ作品「10万分の1」が気になる方はコチラ!

スポンサーリンク