火ノ丸相撲の第225話ネタバレ&感想 「童子切と大包平」大包平の想い

2019年3月10日

スポンサーリンク

この記事では「火ノ丸相撲」225話(ジャンプ最新刊8号1月21日発売)のネタバレと感想についてお届けします。

今回の「火ノ丸相撲」225話の見どころは何と言っても大包平の想いがあふれ出る場面です。

感情を表に出さない大包平の本音をこぼす場面が印象的です。

では、早速「火ノ丸相撲」225話のネタバレについて見ていくことにしましょう。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」225話のネタバレ

※前回はコチラ!
第224話:「鬼丸国綱と草薙剣、超越」激闘!

刃皇 「まったく・・・」

刃皇 「鬼丸関のインタビューのせいで私の引退宣言が霞んでしまったぞ」

刃皇は呑気に新聞を眺めます。

その傍らで気迫に満ち溢れて相撲を取る力士が一人。

大包平です。

大包平 「次!!」

刃皇 「場所中の稽古は流すくらいにしておけよ」

刃皇 「そんな調子じゃ15日間持たないぞ」

刃皇 「あんまり下のものをいじめちゃいけないぜ彰平」

大包平 「うるせぇ」

大包平 「だったらあんたが下りてこいよ刃皇・・・!!」

と大包平は刃皇を挑発します。

刃皇 「どれどれ軽く揉んでやるかぁ・・・」

刃皇は大包平の挑発をいなすように返事します。

四方田 (・・・加納の奴負けねーかねぁ)

四方田 (俺嫌いなんだよね)

―――

時は遡り去年三月場所

二人の「国宝」が角界入りを果たします。

国宝「三日月」と国宝「大包平」の二人。

童子切 「よぉアキ」

童子切 「まさかお前が大相撲に来るとはな・・・」

童子切 「横綱刃皇と同部屋か・・・」

童子切 「どこへ行っても2番手なんやなぁ」

童子切 「お前は」

大包平と鉢合わせた童子切が挑発します。

童子切にそう言われたものの大包平には大包平なりの決意がありました。

大包平 「俺は・・・変わるためにここへ来たんだ・・・!」

大包平 「獅童を超えない限り俺の相撲人生は始まらない・・・」

大包平 「失ったものを取り戻すために来た・・・!」

昔、童子切に言われた言葉を胸に大包平はこれまで努力を重ねてきていました。

四方田 「何だ・・・」

四方田 「相撲好きなんだなお前」

四方田に言われた一言に大包平はきょとんとします。

何もかもを失っていたと思っていた大包平は残っていたものを気づかされます。

そして時は戻り現在。

童子切と大包平が向かい合います。

どちらも未だ無敗同士。

大包平 「ぶっ殺してやるよ獅童・・・!!」

己が一番になるために大包平は闘志を滾らせます。

・・・

第225話は以上となります。

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!

「火ノ丸相撲」225話の感想

大包平の今場所の心意気というのが見えた今回の内容だったと思います。

今まで二番手として甘んじてきましたが、一番手になるため、童子切を超えるためにあえて刃皇と同じ部屋を選んだのですね。

そして遂にぶつかり合う二人。

しかも、どちらも全勝と負けを譲れない状況での対戦となりました。

下馬評通り童子切が勝つのか、それとも大包平が大金星をあげるのか来週以降の展開に期待が高まります。

225話の感想は以上となります。

次の第226話はコチラ!
第226話:接戦の童子切と大包平の一番!

無料で読める!

以上で「火ノ丸相撲」225話のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

この「火ノ丸相撲」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?

※「火ノ丸相撲」の最新刊が無料で読めます!

興味がある方はコチラ↓

>>>「最新刊」を無料で読む!


ぜひこの機会に無料でお楽しみください!

ここまでおつきあい頂きましてありがとうございました(*^_^*)

「火ノ丸相撲」最新話を読みたい!
コチラをクリック >>>「「火ノ丸相撲」最新話のネタバレ!」

スポンサーリンク